モデル地区(掲示・配布試験実施地区)
自治会、管理組合
名
世帯数
ステー 掲示板の数
ちらし(2種類)の 小冊子
ションの
枚数
の部数
数
既設
要新設 掲示用 配布用 回覧用
若葉の杜自治会
460
18
11
7
36
920
23
2-47管理組合
100
4
4
0
8
200
10
検見川マリンタウン
管理組合
450
3
3
0
6
900
2
ほおじろ台自治会
200
9
0
9
18
400
6
黒砂北部自治会
460
12
4
8
24
920
4
稲毛3丁目自治会
112
1
0
1
2
224
1
中央区マンション
421
3
3
0
6
842
2
中央マンション
416
5
5
0
10
832
2
Dグランス
136
1
1
0
2
272
10
2,755
56
31
25
112
5,510
60
合計
戸建地区ステーションでの
ポスター掲示例
マンションのステーションでの
ポスター掲示例
アンケート内容の概要
効果の検証
○アンケート記入者
(男性・女性)(年代)
1) いつもごみ出しする人は決まっているか
2) ごみステーションの新しいポスターに気付いたか
3) 気付いた人へ
○ポスターの内容の理解は
○ごみの出し方が変ったか
○ごみ減量に対する市民の意識への効果
4) 配布されたPR用ちらしを見たか
5) 見た人へ
○ちらしの内容の理解は
○ごみの出し方が変ったか
○ごみ減量に対する市民の意識への効果
6) 雑がみを資源物として分別しているか
7) 焼却ごみを1/3削減するメリットを知っているか
8) あなたの排出ルール等のごみに関する情報源は何か
“ごみ減量新ポスター、ちらし”に関する
アンケート集計結果
世帯数 回収数
2707
1231
割合(%)
45.5
記入者
世
代
男性
女性
20代
30代
40代
50代
60代
70代 80代
224
964
28
199
222
249
316
158
28
78
2
16
20
26
13
2
18
18
記入者、世代は回収数に対する割合
問1
いつも ごみ出し する 人
大体決ま っ
ている
問 2 ご みス テ ーシ ョ ン に新し いポス
タ ーを 掲示し まし たが
曜日によ っ て 特に決ま っ その他
決まっ ている ていない
気がついた
気 が つ か な その他
かっ た
1117
43
69
2
1066
160
6
91
3
6
0
87
13
0
上段 回答数
下段 割合(%)
問 3
問 2 で 「 気がついた 」 を 選んだ 方へ
a) 新しいポスターの
b) ポスターを見て
c) ご み の 減 量 に
内容は
ごみの出し方が変ったか
市 民 の 意 識 は
理解できた 分りに その他 可燃ごみに入れて
すでに分別していた 特に その他 役に立つ 役に立た その他
く かった
いたごみを更に分別 がもっと気を 変らない
と思う ないと思う
するようになった
付けるようになった
988
70
4
367
538
169
4
970
71
25
93
7
0
34
50
16
0
91
7
2
上段 回答数
下段 割合(%)
問4
各戸に新しいポスターと同じPR用ちらしを配布いたしましたが
見ました
回答数
割合(%)
問 5
見ていません その他
1116
85
91
7
8
1
問 4 で「見ました」を選んだ方へ
a)新 し い P R 用 チ ラ シ
の内容は
b)配 布 さ れ た チ ラ シ を 見 て
c)ご み の 減 量 に
ごみの出し方が変りましたか
理解で き
分かり
た
その他
可燃ご みに 入
す で に 分別し
特に変
に く か
れて い た も の
て い た がも っ
ら ない
った
を 更に 分別す
と 気を つ け る
よ う にな っ た
よ う にな っ た
市 民 の 意 識 は
その他
役に 立つ
役に 立
と 思う
た な い
その他
と 思う
1056
49
10
408
549
147
9
965
67
66
95
4
1
37
49
13
1
86
6
6
上段 回答数
下段 割合(%)
問6
あな た は資源物と し て 分別し
雑がみを
分別し ていま すか
問 7 焼却ごみ 1 / 3 削減が達成さ れ
ればど んな メ リ ッ ト がある か知っ て
いま すか
き ち んと
分別し て
いる
あ る 程 度 可 燃 ご み 雑 紙 と は その他 よ く 知 っ
分別し て の中に 入 何か知ら
ている
いる
れている なかっ た
大体知っ
ている
知ら な
い
その他
481
615
70
36
11
187
825
149
16
39
50
6
3
1
15
67
12
1
上段 回答数
下段 割合(%)
問8 排出ルール等ごみの情報源は何です
か
家庭ごみ
出し方一覧
991
81
市政
だよ り
717
58
家族、友人
知人
109
新聞、
テレビ
85
9
7
町内会、マンショ ン
の回覧、掲示版
653
53
千葉市
ホームページ
56
5
リサイクル
ハンドブック
256
21
千葉市イベント 、 出前講座
キャンペーン
説明会
30
16
2
1
ごみ
公報紙
237
19
廃 棄 物 その他
適正化委員
11
6
1
0
上段 回答数
下段 割合(%)
「ごみ減量について、ご意見、ご希望等」のまとめ
自治会・管理組合より提出されたアンケートのその他項目
「ごみ減量について、ご意見、ご希望」に記載されたもの
より、今後の「ごみ減量施策」に参考となると思われる
意見・希望等を抽出し概要をまとめました。
<使用データ>
アンケート回収枚数
1231
意見・希望記入枚数
236
<分類項目>
<概 要(件数)>
(1) 分別収集品目の増加
○トレー、透明パック
22件
(分別収集の実施・スーパー以外での収集)
○ペットボトルのキャップ
○ビニール、プラスチック類
○発泡スチロール
(2) 分別収集品目の増加
○包装、チラシ削減
9件
5件
9件
(過剰包装 ・ ごみの出ない包装 ・ パック化 ・ PR紙)
○生ゴミ減量
7件
(減量指導 ・ リサイクル指導 ・容器の配布 ・インセンティブ付与)
○市ごみ袋の30、20L用
6件
(少量用の作製希望 ・減量につながる)
○草木の収集・利用
○有料化(レジ袋、収集自体)
3件
2件
(3) PR
①資料等情報
○雑がみ
9件
(範囲、分別イマイチ ・ 解り易いもの
・小学校配布の紙袋は分かりやすい)
○金のかけ過ぎ、むだが多い
・ 詳しいもの
5件
(各種資料、ポスター、ちらしに金をかけ過ぎる ・ 同じ広告が多い)
○古着、布団のリサイクル情報
○市民意識の改革につながるもの
②啓発活動
○繰り返し啓発活動による周知
(自治会・管理組合活用
・イベント利用
6件
・回収後の利用の周知)
○意識高揚、特にアパート住人等
6件
○学校での子供の教育(含む環境問題)
5件
○インセンティブ付与(積極的、模範地区の表彰など)
(4) その他
①分別作業
○分別が苦にならないよう、雑紙分別の簡素化
○老人、障害者に分別仕分けは大変です
5件
3件
②その他
○ステーションに囲いなどの設置(清潔化)
○海外ダストボックスを参照
③キャンペーンに対する評価・効果
○キャンペーンを機に
・分別実施し始めた ・資源化する ・心掛ける
・「雑がみとは」を知った ・可燃ごみが減った
○良い活動、評価できる活動と思う
11件
6件
<10月1日より実施された収集回数・収集日変更
に関わる苦情・意見>
30件
①苦情
○可燃ごみ収集2回では少ない。趣旨説明不足。
(生ごみ臭い ・4日間も保管 ・1回に出すごみが増えるなど)
○収集日が市政だよりの曜日と異なる。曜日が不都合。
9件
②評価する意見
○収集回数が減少したため分別するようになった。
○減量に心がけたい。
○分別徹底の意識づけによい。
③その他
○不用品情報・活用システム
以 上
<まとめと今後の展開・課題>
1.まとめ
「分り易い情報を、市民の末端まで浸透」させる方法として
(1) 「削減の必要性・理由」「まず我々が何をなすべきか」を
簡潔・明瞭に示したちらし、小冊子、およびプレゼン用
パワーポイント資料を作成した。
(2) 試験的に2700世帯の自治会・管理組合を対象に、
・ごみステーションにちらしをポスター掲示した。
・掲示とほぼ同時期にちらしを戸別配布、小冊子を回覧した。
・効果の検証のためアンケートを実施した。
(3)それらの 結果
ごみステーションでの掲示、戸別配布のPR効果は大きく、
特に住民の利用頻度が高いごみステーションでの掲示は
安価で有効な手段と考えられる。
2.今後の展開・課題
(1) 掲示および戸別配布の内容を変えて繰り返し実施し、
ごみステーションの活用を継続することが重要で、このような
活動をさらに広い地域で展開することがのぞまれる。
(2) 自治会・管理組合および適正化推進員を十分に活用した
地域の啓発強化(ステーションの活用、戸別配布、
講座・説明会など)がのぞまれる。
➪行政の地域への強い働きかけ
(信賞必罰による自治会等への現行各種補助金の軽重など)
(3)アンケート中の各種要望事項の斟酌。
以
上
ダウンロード

スライド 1