資料-5
沿線の高校生や関西の大学生を対象に、
粟生線活性化グランプリ「粟生線・未来へと続くレールコンテスト」
を開催します。
神戸電鉄粟生線活性化協議会(会長:三木市副市長
北井信一郎、以下「協議会」)では、沿線
の高校生や関西の大学生を対象に、粟生線の維持・存続に向けての「提案」や「取り組み」を競い
合って頂くコンテストを開催いたします。
粟生線が存続するためには、神戸電鉄の自助努力や行政の支援に加え、地域にお住まいの方が存
続に向けて主体的な行動を起こしていくことが重要です。しかし、残念ながら、一部の市民団体や
高校生、大学生を除けば、粟生線の存廃問題を自らの問題として捉え、主体的な行動へと移して頂ける
方は少なく、地域として存続運動も盛り上がっていないのが実情です。
そこで協議会では、未来の利用者でもある高校生や大学生の意見に耳を傾けるとともに、実際、彼ら
が粟生線の存続に向け、自らにできることを考え、実践している様子を知って頂き、沿線の皆さまにも
主体的な行動を起こすきっかけとして頂きたいとの思いから、以下の通り、コンテストを行うことにし
たものです。
■開催概要等
【名
称】
粟生線・未来へと続くレールコンテスト
【内
容】
次の 2 部門でコンテストを実施します。
『施策提言部門』
粟生線が利用されなくなった理由-人口動態の変化(人口減少、少子高齢
化、生産年齢人口の減少)、車中心の都市構造やライフスタイルへの転換、
他の交通機関との競合、インターネット・SNS等の普及に伴う外出機会の
減少等-について分析(研究)した上で、粟生線ならびに沿線の活性化につ
いて提言をして頂き、その内容を競って頂きます。
『利用促進・啓発活動部門』
粟生線ならびに沿線の活性化について自分たちができることを考え、実際
に行動した内容を競って頂きます。なお、本部門では、直接的な利用促進・
啓発効果を競うだけでなく、学生らしい視点、独創性、周りへの影響力等に
重点を置いた審査を行う予定です。
【募集期間】
平成 26 年 4 月 1 日~平成 26 年度 10 月末日
【賞 品 等】
最優秀賞
【応募資格】
①大学生または沿線高校生が複数人で応募すること
10 万円(各部門とも 1 組)のほか各賞を設定《今後調整》
※ 個人で参加することはできません。
②『施策提言部門』に参加の場合は、協議会が指定する講義・セミナー等を受講
すること
【応募方法】
各部門とも、提案や取り組みの内容を書面(形式は任意)にして、事務局まで
ご提出ください。
【審査方法】
学識経験者、有識者、協議会委員等に審査をお願いします。《今後調整》
【発 表 等】
協議会ホームページや啓発冊子等において公表するほか、粟生線の活性化に関す
るシンポジウムを開催(平成 27 年 1 月頃)する際に、発表や表彰の場を設ける
予定です。
《今後調整》
【応募窓口】
三木市まちづくり部美しいまちづくり課
〒673-0492
兵庫県三木市上の丸町 10 番 30 号
電話:0794-82-2000(代表)
FAX :0794-82-9625
ダウンロード

粟生線・未来へと続くレールコンテスト