ダム工事総括管理技術者会
ダムの入札制度
に関する検討
ダム工事総括管理技術者会
第22回総会
平成21年4月10日(金)
ダム工事総括管理技術者会
1.今年度の活動状況
1-1.平成20年度 CMED会地区研修会での意
見聴取とCMED会としての意見のとりまとめ
1-2.平成20年度水資源機構との意見交換会
(平成20年12月2日)
1-3.平成20年度第3回ダム技術センターとの
意見交換(平成20年12月19日)
1-4.平成20年度ダム技術センターとCMED会
との意見交換会(平成21年3月4日)
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
「公共工事における総合評価方式活用検討委員会」では、平成19年度
の国土交通省発注の総合評価方式における入札・契約実務に係わる
問題の認識をまとめている。
委員会による問題認識は、ダム以外の工事を主としていることから、
ダム工事におけるものとは多少視点が違うと考えられる。
そのため、ダム工事についての問題認識については、委員会のまと
めを参考にするとともに、具体的な内容については、総合評価方式(農
政局・地方自治体含む)で公告された16ダム(平成18年7月10日公告
大山ダム~平成20年8月29日公告 第2浜田ダム)の資料をベースに述
べる。
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
(予定価格)
発注ダムと予定価格
35,000,000
高度技術提案
標準型
30,000,000
25,000,000
20,000,000
15,000,000
10,000,000
5,000,000
井
第
二
浜
田
ム
別
ダ
当
の
瀬
ダ
ム
ム
浜
巳
ダ
辰
手
口
川
ダ
ム
ム
間
ダ
儀
ム
ダ
低
部
河
内
本
津
呂
ダ
ム
ム
大
切
原
ダ
ム
山
ダ
外
殿
ダ
ム
ム
首
ダ
億
西
川
ダ
ム
ム
湯
軽
ダ
津
ム
副
ダ
瀬
川
嘉
大
山
ダ
ム
0
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
(落札率)
発注ダムと落札率
高度技術提案型
100.0%
90.0%
80.0%
70.0%
60.0%
50.0%
40.0%
30.0%
20.0%
10.0%
0.0%
標準型
95.8%
90.7%
87.9%
85.5%
76.0%
77.6%
75.9%
本
80.2%
79.5%
田
浜
ム
二
第
別
当
ダ
瀬
の
浜
ダ
ム
ム
巳
辰
ダ
川
口
ダ
ム
ム
ダ
手
ダ
間
儀
井
河
内
大
低
津
部
呂
原
ダ
ム
ム
ム
ダ
ム
切
ダ
山
外
殿
ダ
ム
ム
ダ
首
億
ダ
川
西
83.0%
77.9%
67.0%
ム
ム
ダ
軽
湯
川
瀬
嘉
津
副
山
ダ
ダ
ム
ム
70.8%
大
85.0%
80.0%
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
(入札手続日数)
発注ダムと契約日数
高度技術提案型
300
標準型
250
入札
200
167
技術資料
148
150
140
126
161
100
103
77
50
50
34
50
97
92
37
42
70
66
49
26
32
27
47
37
57
34
36
30
43
31
29
39
26
21
第
二
浜
田
ム
別
ダ
当
の
瀬
ダ
ム
ム
浜
巳
ダ
川
ダ
手
口
井
辰
ム
ム
間
ダ
儀
ム
ダ
低
部
河
内
本
津
呂
ダ
ム
ム
大
切
原
ダ
ム
山
ダ
外
殿
ダ
ム
ム
首
ダ
億
西
川
ダ
ム
ム
湯
軽
ダ
津
副
ダ
瀬
川
嘉
大
山
ダ
ム
ム
0
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
区分
①タイプ
選定
技術評価
②評価項目
の設定
問題認識
(委員会のまとめより)
タイプ選定が適切か
技術 提案(施工 計画 )
の課題設定が適切か
(第一部会提言-1)
問題認識の具体的な内容
第1部会の提言
・高度技術提案Ⅲ型と標準型
使い分けの基準
・ 使 い分 けが 明 確で な く 、 現 状
の提案課題であれば、標準型
でも十分である
・「当該ダムの施工上の問
題点」に主眼を置いた項
目となっているか(目的構
造物・環境対策について)
・「当該ダムの施工上の問題
点」は必要
・
「 自 由 提
3ダムで出題
案
」
は
・自由提案は、施工業者から当
該ダムに必要とする技術が書
き込めるため重要
・
「 工 程 短
6ダムで出題
縮
」
は
・工程短縮は、絶対に必要であ
れば項目に入れるべきだが、
点数付け目的だけなら無くす
べき
・ 「 全 体 の 施 工 計 画 」 は
7ダムで出題
・「全体の施工計画」が重要で
あるため、項目として必要
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
②評価項目の
設定
評 価 項 目 ・ 配 点 が
適切か
(第一部会提言-2)
・ 技 術 点 30 ~ 50 点 の 配 点
が12(75%)ダムである
・ 技 術 点 30 ~ 50 点 が 妥 当
ではないか
・地方自治体発注の案件ほ
ど「環境」の項目が多く、
ウェートも高い
・ダムの特性により環境重視
になる場合も考えられる
・1位を必ず満点にする必要は
ない(相対評価、絶対評価)
技術評
価
評価基準が明確になって
いるか
③評価
方法
技術提案(施工計画)の
評価が適切か
・発注機関により採点の基
準が同じでない
・同じような採点基準の要望
・過度な技術提案(オーバース
ペック)をしたほうが高得点と
なっていないか
・オーバースペックの、非採用
項目を入札説明書に具体事
例で記載
ダム工事総括管理技術者会
現在の総合評価方式の
運用に係る問題認識
技術評
価
(第一部会提言-3)
・加算方式が1ダム、他は除
算式である
・標準型では、平成19年11
月以降の案件6ダムのうち
5ダムが施工体制確認型
・施工体制確認型が良いのでは
ないか
④総合評価の
方法
価格と技術のバラ
ンスが適切に設定
されているか
⑤評価結果の
公表
技術評価の内容を
ど こ ま で 公 開 する
か
・項目毎の点数は公開され
ていない
・透明性を確保するために公開
すべき(最近は公開の傾向)
・施工時に発注者が提案内
容の履行状況を確認
・―
⑥効果の検証
総合評価方式の効
果が検証されてい
るか
手続きに要する時
間や負担を軽減で
きないか
・公告~入札の時間は、高
度技術提案で平均約7ヶ
月、標準型で平均約3ヶ月
・高度技術提案の期間が長すぎ
る。2段階選抜を採用し時間、
費用を軽減する・
・高度技術提案では業者の
費用負担が大きすぎる
・2段階選抜を採用し時間、費用
を軽減する
⑦ 手続
その他
技術提案に係わる
費用の負担を軽減
できないか
・配置予定技術者のヒアリング内
容にて加算(技術者により施工
に良否が出る)
ダム工事総括管理技術者会
技術提案型入札方式のリスク分担 まとめ
①
条件変更の原因としては、調査精度の不適切性等が考えられる
②
受注前に明示されなかった条件には、想定外の事態の発生と考えられ、変
更協議されるべき
③
技術提案項目に関する協議はしないという発注者もあるが、事前の適切な
リスク分担の必要性、技術力の適正な評価を強く望む
④
研究会での検討リスク分担表では、任意仮設は基本的に請負者負担となっ
ており、技術提案事項についても当然適用される
⑤
直接工事は基本的に発注者負担、リスクが想定範囲内かどうかがポイント
と なり、一部請負者に負担が発生する。技術提案時も同様で、リスクに伴
う条件変更時は原則発注者負担となるべき
⑥
工程に関する技術提案は、用地問題による着手時期の遅延や関連工事間の
す り合わせ、地質による切り直し等が問題となる場合が多く、提案の履行
確認についても、これを踏まえた変更を明記する必要がある
⑦
施工段階での協議は長期に亘る特徴があり、契約段階での基本的な方針は書
類等で取り交わす必要がある
2.今後の活動について
・総合評価方式入札制度の課題については、検討
部会活動は平成20年度をもって区切りをつける。
(CMED会として意見交換会等で述べてきた意見が最近の入札
案件では取り入れられつつある)
・今後は、当部会で施工中のダム工事での問題点・
課題を抽出、整理し検討していく予定である。
ダウンロード

ダムの入札制度に関する検討281kb