参加費
無料!
~激震の経営環境化における生き残りをかけた
抜本的な病院経営改革推進のヒントを得る~
第一部
『医療機関における間接部門のコスト削減の具体的施策』
講師:バーチャレクス・コンサルティング㈱
ゼネラルマネージャー 鹿島 貴幸
第二部
『コスト削減を実現する会計実務』
講師:㈱コーポレートアドバイザーズアカウンティング
執行役員 公認会計士 江角 英樹
第三部
『看護から進める経営改善 ~物流管理の観点から~』
講師:マルマンコンピューターサービス㈱
詳細は裏面です
NEC 販売特約店
主催
共催
日本電気株式会社
関東信越支社 営業本部 医療・公共ソリューション営業グループ
セミナー運営事務局 担当:那須・濱田・上田 (E-mail:[email protected])
TEL050-3000-1634 埼玉県さいたま市大宮区仲町3-13-1(住友生命大宮第2ビル7F)
【ご挨拶】
拝啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
さて、病院経営を取り巻く環境は、診療報酬の引き下げによる収入減の影響、高齢化の急速な進展による医療保険財
政の悪化で今後ますます厳しくなることが予想されます。また昨今、患者側の権利意識の高まりなどが見られ、その対応
のために人件費増加の傾向が進んでいます。このような状況下で、各病院様は生き残りを掛けた真の経営改革を行うた
め、対策を講じることが急務となっています。
この様な状況下、弊社では医療機関様が迎えるIT医療を支援する仕組みとして、
最新医療情報システムの展示 と
コスト削減、経営・業務効率向上のための具体的な施策事例を中心としたセミナー を
開催させて頂く事となりました。是非ご来場賜り、経営課題解決の一助となれば幸いに存じます。ご多忙の折、誠に恐縮
ではございますが、是非ご来場賜りたくご案内申し上げます。
敬具
第一部 13:30~14:30
◇『医療機関における間接部門のコスト削減の具体的施策』
セミナー会場の隣部屋です。
病院情報システムの情報収集の
場です。御自由に御覧ください。
貴院では、どこからコスト削減をしようと考えていますでしょうか。医材・医薬のコスト削減は「病気を治す」とい
うコア業務の毀損を招く可能性があり、人件費の削減は、「人的サービスの低下」を招き、来院数を減らすリス
クがあります。それに対してご提案したいのは、病院のサービスの質を落とすことなく、実施が可能な間接資
材のコスト削減です。本講義では、間接資材のコスト削減方法を分かりやすくご説明致します。
講師:バーチャレクス・コンサルティング㈱
ゼネラルマネージャー 鹿島 貴幸
第二部 15:00~16:00
◇『コスト削減を実現する会計実務』
適切な会計処理及び原価計算の実施により部門別原価を把握し、部門別の採算性を明確にしたうえで不採
算部門に焦点をあてて、コスト削減施策を考えます。
講師:㈱コーポレートアドバイザーズアカウンティング
執行役員 公認会計士 江角 英樹
第三部 16:15~17:00
◇ 『看護から進める経営改善 ~物流管理の観点から~』
物流管理(物品管理)と看護支援システムの連携により、医療材料のバーコードチェックによる運用が看護業
務の延長で実施されるため、看護師の負担も軽減されます。また実施した内容が看護記録に反映されますの
で、患者様への安心感を与え、記録・集計されたデータの2次活用も可能です。
経営の観点からも材料費・処置等の請求漏れの防止、不良在庫の把握と撲滅やトレーサビリティ管理の仕組
をわかりやすく説明します。
講師:マルマンコンピューターサービス㈱
当日は記念品を
ご用意してお待ち
しております。
展示システム一覧①(ご自由に御覧いただけます。)
医事会計システム
日本事務器㈱
電子カルテ/オーダリングシステム
※精神科版、コンパクト版も
同時出展。
日本電気㈱
㈱シーエスアイ
看護業務支援システム
医療過誤防止支援システム
マルマンコンピュータサービス㈱
リハビリ支援システム
●新バージョンの医事会計システムです。
MAPSシリーズ+IBARSシリーズは全国1,500を超える医療機関で稼動
実績のある医療事務システムをリードするシステムです。
●レセプトオンライン時代に対応した経営基盤を支えるシステムです。
●診療行為間の関連チェックを実現し、算定漏れ・コメント漏れのチェック機能
による業務改善を支援します。
●診療情報のデータベースを有効利用し医療の質向上・診療の効率化を実現
し患者様サービスの向上を図ると共に診療情報の共有化による医療業務
の標準化を図ります。
●「使いやすさ」に徹底的にこだわった直感的なグラフィカルインターフェイスを
実現しています。
●パッケージ導入実績のシェアNO.1のシステムです。
●精神科向け対応電子カルテシステム、100床以下病院様向けコンパクト版も
同時展示しております。
●打合せや引継ぎ業務・日報・日誌などの事務作業は、忙しい看護師にとって
は大変な負担になります。「ナース物語」オフィスは病棟の様々な情報の整理
・統合・伝達・共有化・一元化を強力にサポートして、本来の看護業務に集中
して頂けるようにシステム開発しています。
●電子カルテ・オーダリングシステムとの連携も強化されており非常に使い易い
システムとなっております。
●医療過誤防止支援システム「ナース物語」セーフティにより、医療過誤防止支
●援として、目視に頼っていた確認作業による認証機能を使用する事で、確認
手手段が増えリスク低減が図れます。
●リハビリの実施情報や単位数管理、実施計画書作成、スケジュール管理等
リハビリに係わる付帯業務をサポートいたします。
●精神科機能としてグループ活動の管理や面談管理機能などのリハビリ機能を
同一画面にて管理できます。
●電子カルテ、医事システムとの連携が可能です。
マルマンコンピュータサービス㈱
医材マネジメントシステム
マルマンコンピュータサービス㈱
●看護士の物流管理業務が解放されます。
●トレーサビリティ管理の実現。
●診療報酬の請求漏れ防止。
●不動在庫の把握と、在庫圧縮による資金有効活用が図れます。
●使用材料の推移・分析を行い、コスト意識を向上できます。
展示システム一覧②(ご自由に御覧いただけます。)
入退室管理システム
●MFS-BOX Lightは、後付・単体設定・工事不要・低価格で導入可能な無線
型オートロック入退室管理システムです。
●オートセンサー(電源を押してすぐ認証開始)、オートロック開錠。
●後付式なので既存の扉に設置可能。引き戸などの特殊ドアにも取付け対応。
●東京都産業労働局が行っている新事業分野開拓者認定(東京トライアル発
注認定制度)の認定製品となりました。
㈱セテラ
防犯ゲート
㈱セテラ
●ナースステーションなど業務の多忙さに追われ無人化することのある場所、
各種医療機器や薬品などが置かれている場所への無断侵入による事故を未
然に防ぐ、簡易的でより確実な侵入警報システムです。
●防犯ゲートと監視カメラを連動させる事で、産婦人科における赤ん坊の入
れ替え、連れ去り等の緊急時通報・モニター・録画管理と共に抑止効果を高
めます。
●微弱電波を利用したシステムなので人体や医療機器に影響を与えません。
●病院スタッフの情報共有と業務効率化、経営支援を実現します。
低価格で導入が容易な病院様専用のグループウェアです。
●<基本機能>Webメール、スケジュール、お知らせ・掲示板、
委員会・ワーキング、設備予約、文書管理、決裁申請、タイムカード
●<業務機能>患者管理、病床管理、インシデントレポート、メドレポート
病院グループウェア
㈱メディシステムソリューション
病院財務システム
医療法人(病院財務)
●ローコスト・短期間での導入を実現。拡張性に優れたシステムが、迅速で的
確な経営を支援します。
●豊富な分析表の出力。
●医療法人における事業報告書等の様式に準拠。
●病院会計準則(平成16年8月改正)対応済み。
●純資産変動計算書の出力。
●医療法人向けの勘定科目を標準装備。
㈱ミロク情報サービス
人事・給与システム
給与大将
㈱ミロク情報サービス
●病院経営の変化に柔軟に対応し、人事・総務部門の業務効率化を支援します。
●医師・職員の情報を一元管理し、人的資源の能力を最大限に活用。
●あらゆる給与形態に柔軟に対応し、管理コストを低減。
●人事管理業務を最適化し、強靱な人事組織の構築を支援。
●突発的な要求にも応えるさまざまなデータ分析・レポート機能を搭載。
●Web環境で動作するサブシステムと連動。
●他にもシフト表一発作成できるシフト勤務自動スケジューラ“快決!シフト君”
もご用意しています。
勤怠管理システム
●改正労働基準法対応、勤怠管理システムです。タイムレコーダーとの連動が可
能です。
クロノス
㈱ミロク情報サービス
このままFAXでお送り下さい
日本事務器㈱ 関東信越支社 那須・濱田・上田 行き
参加費
FAX:(048)641-7949
■該当項目の□にレ印をご記入下さい。
セミナー御参加
□ 第一部 / □ 第二部
□ 展示会御参加
ご来場予定時間
時頃
□ 資料送付希望 (ご希望資料:
)
/
□ 第三部
貴院名
ご住所
TEL
〒
(
)
FAX
所属・役職
ご氏名
所属・役職
ご氏名
所属・役職
ご氏名
所属・役職
ご氏名
重
(
)
要(以下、御記入ください。)
本アンケートにおける個人情報の収集は、お客様への製品情報提供などの営業案内ならびに展示内容の改良・改善
のために使用する目的で収集するものであり、他の目的に使用すること、ならびに、お客様がアンケート中で追加
説明・情報提供を求められた出展会社以外の第三者に提供・開示することは一切ありません。また、個人情報につ
いて細心の注意と最大限の努力を持って保護・管理を行います。
個人情報の取扱いの詳細に関しては、裏面をご確認の上、個人情報の取扱いに、ご承諾をお願いいたします。
尚、ご承諾いただけない場合は、当社のご提供するサービスを受けられない場合がございますのでご了承下さいま
すようお願い申し上げます。
□ 承諾する
□ 承諾しない
承諾者氏名
展示会場にて見学を希望するシステム
(お手数ですが当日ご都合の悪い方もご関心のあるシステムにレ印をご記入お願い致します)
□医療会計システム
□リハビリ支援システム
□勤怠管理システム
□電子カルテ
□医材マネジメントシステム
□入退室管理システム
□オーダリングシステム
□病院財務システム
□防犯ゲート
□看護業務支援システム
□人事・給与システム
□病院グループウェア
□医療過誤防止支援システム
その他にご関心のあるシステム
□PACSシステム(医用画像)
□薬品在庫管理システム
□診療録管理システム
□調剤支援システム
□栄養管理ソフト
□クライアント統合セキュリティ
□臨床検査システム
□自動再来受付システム
□院内表示システム
□離床センサー
前述のシステム以外にも、セキュリティ・ハード・ネットワーク面等ご相談に応じております。
ご相談・ご要望・ご意見等ございましたらお気軽にご記入下さい。
無料
■個人情報の取り扱いに関するご説明
平成21年 1月28日 改訂
平成14年10月15日 制定
よりよきIT社会をめざして
ITの進歩にともない個人と社会の関係は大きく変化しています。
日本事務器株式会社(以下、「当社」といいます。)は、トータルソリューションサービス/コ
ンサルティング/情報システム開発/情報システムの運用と保守事業を展開しており、平
成15年2月に「JIS Q 15001」にもとづくプライバシーマークの認証を全社で取得いたしまし
た。当社は、高い品質の「安心」を提供し、よりよきIT社会をめざします。
個人情報保護の取り組み
当社は、事業を行うにおいて、個人情報を適切に保護することが、社会とお客様の要請
による重要な責務であり、また、当社が社是として掲げる「正しい商売」にもとづく重要な
理念であると考えております。
当社は、平成14年10月に個人情報保護への取り組みの原則として「個人情報保護方針」
を以下の通り制定し、これを実行・維持する為に個人情報保護マネジメントシステムを構
築し、運用するとともに、その継続的改善に取り組み、また全社への周知徹底を図ります。
NJC個人情報保護方針
当社は、事業を行うにおいて、個人情報の取得・利用・提供を行う場合、その目的を明示
し個人情報の所有者(以下、「本人」といいます。)の同意の下で行うと同時に、その為の
適切な措置を講じます。また、特定された利用目的以外で個人情報の取扱いは行いませ
ん。
当社は、個人情報の保護に関係する日本の法令及び国が定める指針その他の規範を遵
守します。
当社は、個人情報の不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどに対して合理的
で適切な是正・予防・安全対策を講じます。
当社は、本人の権利を尊重し、本人が開示・訂正・削除、苦情及び相談などを希望される
場合は、合理的な範囲で対応いたします。
当社は、従業者に対する教育啓蒙活動を実施するほか、個人情報を取り扱う部門ごとに
部店責任者を置き、個人情報を適切に管理します。
当社は、個人情報保護の活動について、本方針を含む個人情報保護マネジメントシステ
ムの継続的な見直し、改善を行います。
1.個人情報の取得について
(1)日本事務器株式会社(以下、「当社」といいます。)のウェブサイト
(http://www.njc.co.jp/)上のページを参照しただけでは個人情報が取得されることはあり
ません。お客様が当社のウェブサイトにアクセスされた場合、アクセスされた方のドメイン
名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時等の情報をアクセスログと
いう形で記録しています。これらのアクセスログは、ウェブサイトの保守管理やどのペー
ジが何回参照されたか等の利用状況に関して統計的な傾向を分析する場合に利用され
ますが、それ以外の目的で利用されることはありません。
当社は、本ウェブサイトでイベントやセミナー、教育サービスへの参加者、求人募集や各
種資料のご請求・お問い合わせ、各種アンケートへのご回答などをいただく際に、お客様
の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなどの個人情報を提供していただく場合が
あります。又、あらかじめお客様が個人情報を当社に登録のうえご利用いただいている
サービスやソリューションについては、お客様のご利用に関する履歴情報がお客様を特
定できる情報とあわせて記録されることがございます。それらの場合、当社の「個人情報
保護方針」および「個人情報の取り扱いに関して」(以下、「本文書」といいます)に従って、
適切な管理に努めます。
(2)お客様が、本ウェブサイトを使用して、個人情報を当社に送信される場合は、暗号化
(本ウェブサイトは、ベリサイン社の認証を受けており、暗号化などの措置を実施していま
す。)により盗聴、漏洩などの被害がないよう対策を講じています。但し、お客様の個人情
報送信時およびアクセス過程でのセキュリティは、インターネットの特性上、当社で完全
に保証することができません。個人情報を送信する場合は、ご自身の責任において情報
を送信していただきますようお願い申し上げます。
(3)当社は、当社のウェブサイトにリンクされている他(事業者または個人)のウェブサイト
におけるお客様の個人情報等の保護について責任を負うものではありません。当該リン
ク先へのアクセスに際しては、リンク先のウェブサイトの内容や利用条件などをご確認の
上、ご利用下さい。
(4)当社のウェブサイトは当社の管理下にあります。本ウェブサイトにアクセスされたお
客様および当社は、本ウェブサイトの利用に関し日本国の法律および条例に拘束される
ことに同意するものとします。
(5)当社は、お客様が当社の事業所にご来場いただいた際に、防犯カメラによる撮影を
行う場合があります。その場合、撮影された画像データを個人情報に準じて、当社の「個
人情報保護方針」および本文書に従って、適切な管理に努めます。
(6)当社は、2005年3月31日以前にお客様から取得した個人情報に関しても、当社、「個
人情報保護方針」および本文書に基づき適切に取り扱いいたします。
(7)2005 年3月31日以前にお客様が個人情報を当社に登録のうえご利用いただいてい
る当社の各種サービスなどについては、お客様のご利用に関する履歴情報がお客様を
特定出来る個人情報とあわせて記録されることがありますが、当社はこれらを「個人情報
保護方針」および本文書に基づき個人情報の一部として適切に取り扱いいたします。
(8)お客様が、第三者(同僚など)に関する個人情報を当社に提供された場合は、お客様
がそれを提供することについて、当該第三者本人の承諾を得られているものと見なしま
す。
2.個人情報の利用目的
(1)当社は、お客様からご提供いただきました個人情報は、当社の事業(ITコンサルティ
ング/情報システム開発/情報システムの運用・保守サービス/コンピュータ、ソフト
ウェア、関連機器の販売と運用・保守サービス(以下、「トータルソリューションサービス」と
いいます。))を行うために、以下の利用目的のために合理的に必要な範囲内で利用いた
します(トータルソリューションサービス毎に利用目的が明示されている場合は、当該利
用目的に準拠いたします)。また、個人情報をお客様の同意なく利用することはありませ
ん。
【利用目的】
①当社のトータルソリューションサービスをご提供するため。(資料・サンプル品・商品な
どの送付を含む)。
②当社のトータルソリューションサービスをご利用いただくためのビフォアサービスやアフ
タサービスに関するお知らせを行うため。
(例)
・新商品、サービス、改善提案などのご案内。
・セミナー、カンファレンス、イベント、お客様感謝会など催事のご案内と催事への参加登
録及び登録確認。催事が有料の場合のご請求。
・教育スクール開催のご案内と参加登録及び登録確認。スクール受講に当たってのご請
求。
・メールマガジン配信や広告の表示。
・各種キャンペーンに関するご案内や応募のご回答。
③お客様満足度調査や市場調査やアンケートなどを実施するため。
④当社のトータルソリューションサービスの向上や改善を図るため。
⑤新卒、中途採用など求人募集に際してご提供いただいた情報を、採用説明会の案内
と資料の送付及び採用に関するお問い合わせに対するご回答などを行うため。
⑥お客様の適正な与信判断を行うため、個人信用情報機関に照会するため。また、定
められた範囲においてお客様の情報を個人信用情報機関へ登録するため。
⑦外部侵入者からの防犯および保安上のため。
⑧お客様から同意を得た利用範囲の変更を行う為、利用目的の再承諾資料送付の為。
⑨修理の為お預かりした機器に個人情報が含まれている場合、当社はこの個人情報を
修理以外の目的では使用いたしません。
(例)修理で使用する場合とは
・修理の為お預かりしたパソコンの記録媒体(DISK等)のデータ復旧作業。
・基本OSの再登録作業で使用するお客様登録情報の入力の為。
(2)当社が前項に記載された目的以外の目的でお客様の個人情報を利用する事はあ
りません。
3.お客様へのお知らせについて
当社は、お客様の個人情報をもとに、前記の当社の事業活動に関する情報を、電子
メール、郵送、FAX、電話または訪問などにより、お客様にお知らせする場合があります。
お客様がこのようなお知らせを望まれない場合、当社に連絡することにより送信・送付
を停止させることができます。
4.業務委託について
(1)当社は、正当な利用目的の範囲において当社の業務委託先などにお客様の個人
情報を、開示または提供する場合があります。その際には、当社と委託会社または提
携会社間の委託契約や機密保持契約などにおいて、個人情報保護に関する契約を締
結した上で、個人情報の開示または提供を行います。但し、提供するお客様の個人情
報は、当該業務の遂行に必要となる最低限の個人情報のみとし、また使用範囲もその
範囲に限定いたします。
(2)当社は、前項の場合を除き原則としてお客様の個人情報を第三者に開示すること
は致しません。
5.個人情報の共同利用について
個人情報の共同利用については、事前に本人に対して共同利用先を明示するとともに、
共同利用先での適切な取り扱いの管理と個人情報の取り扱いに関する契約を行ないま
す。
6.その他の第三者に対する個人情報の開示または提供
(1)当社は、お客様からご提供いただいた個人情報を、当社の子会社、業務の委託先
および提携先、ならびに当社または当社の子会社の関連業務の承継先以外の第三者
に対して、お客様の個人情報を提供いたしません。但し、以下のような場合は、お客様
の個人情報を第三者に開示または提供する場合があります。
①国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂
行することに対して、当社が協力する必要があった場合で、お客様本人の同意を得るこ
とにより当該事務の遂行に支障をおよぼすおそれがあるとき。
②前号の他の法令により当社による開示または提供義務が定められているとき。
③人の生命、身体、財産の保護のために必要がある場合であって、お客様本人の同意
を得ることが困難なとき。
④公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合で
あって、お客様本人の同意を得ることが困難なとき。
⑤お客様本人が、第三者が主催するセミナー、カンファレンス、イベント、教育スクール
に当社を通じて申し込みされた場合で、当該第三者から情報の提供を求められたとき。
⑥お客様本人が当社を通じて、当社または第三者の商品やサービスの購入又は請求
をされた場合で、当該第三者から必要な情報提供を求められたとき。
⑦当社が営業の全部または一部を第三者あるいは分社した会社に譲渡するとき。
⑧お客様本人を識別することのできない状態で開示するとき。
(2)前項の場合を除き、お客様からご自身の個人情報の提供について同意を得られた
場合のみ、当社は、第三者に対して提供します。お客様の個人情報を第三者に提供す
る場合は、特段の事情のない限り、契約による義務付けの方法により、その第三者から
の漏洩・再提供の防止などを図ります。但し、当社および第三者の両者は、相互に他方
の個人情報の取り扱いについて責任を負うものではありません。
7.お客様の個人情報のセキュリティ
当社は、お客様の個人情報保護のため、データベースへアクセス可能な者を限定し、パ
スワードのかかったアクセス制御が可能なサーバー上で管理するなど、データ保管にお
ける安全性に細心の注意を払っています。また、個人情報の不正アクセス、紛失、破壊、
改ざんおよび漏えいなどが発生しないよう合理的で適切な予防・安全対策を講じていま
す。
8.個人情報の訂正、追加または削除について
お客様は、下記の「内部統制部コンプライアンスグループ」に所定の方法でご連絡いた
だくことで、お客様本人の個人情報についての開示請求や当該情報の内容が事実でな
い場合には、当該情報を訂正、追加または削除などの請求をしていただくことが可能で
す。この場合、当該請求者に対して、別途定める方法により、請求者が請求対象である
情報にかかるお客様のご本人であることおよび個人情報の提供の状況などの確認をさ
せていただきます。ご請求があった場合は、合理的な範囲内で遅滞なく対応させていた
だきます。
9.個人情報保護方針および本文書の変更および通知について
当社は、「個人情報保護方針」および本文書を、事前の予告なく変更することがあります。
この場合すべての改訂は当社のウェブサイト上で掲示いたします。お客様がご利用の
際には適時最新の当社、「個人情報保護方針」および本文書を参照いただきますようお
願いいたします。
10.個人情報の提供と利用を拒否された場合の本人への不利益について
個人情報の取得にあたり、当社へ提供と利用を望まれない場合、前記 2.個人情報の
利用目的でご説明しているサービスを受けられない場合があります。
11.個人情報に関するお問い合わせ先
ご提供いただきました個人情報の取り扱いに関するご確認、ご要望、お問い合わせなど
につきましては、下記の連絡先までお願いいたします。
日本事務器株式会社 内部統制部コンプライアンスグループ
MailTo:[email protected]
TEL:0120-3292-01、FAX:03-3372-1450
受付時間:月~金曜日 午前9時~午後5時(土日祝祭日、当社休日は除く)
ダウンロード

資料 - 医療 看護 介護のセミナー・研修情報サイト