残留タバコ成分:3次喫煙(サードハンド・ス
モーク)
も問題になります。
「受動喫煙防止対策について」(健発0225第2号、平成22年2月25日)
 「残留タバコ成分」等の新しい概念、健康影響
についての情報提供も重要。
 3次喫煙による一般人への実害は明確ではない
(迷惑であることは明確)
 気管支喘息や化学物質過敏症の患者では発作を
誘発するため退職を余儀なくされた事例あり
 健康弱者が安心して働くことが出来る環境整備が
必要
三次喫煙(残留タバコ成分)=タバコ臭の測定
「受動喫煙防止対策について」(健発0225第2号、平成22年2月25日)
東京駅地下、動輪の広場、喫煙室
微小粒子状物質(PM2.5)濃度と
ガス状物質(TVOC)濃度を測定
三次喫煙(残留タバコ成分)=タバコ臭の測定
「受動喫煙防止対策について」(健発0225第2号、平成22年2月25日)
東京駅_動輪の広場_喫煙室(PM2.5、TVOC)
所見①
喫煙室内のPM2.5は
300〜900μg/m3の
劣悪な環境
PM2.5濃度(μg/m3)
1000
900
800
喫煙室内
喫煙室外
700
600
喫煙室内・外の
PM2.5の併行測定
500
400
100
17:06
17:01
16:56
地下街
→屋外
喫煙室内
喫煙室外
75
50
17:06
17:01
0
16:56
25
16:51
所見②
PM2.5の漏れあり
タオル静置(5、10、15分間)
16:46
街
16:41
地下
PM2.5濃度(μg/m3)
→
16:51
屋外
16:46
0
16:41
300
喫煙室内
TVOC200
(5分間)
100
三次喫煙(残留タバコ成分)=タバコ臭の測定
「受動喫煙防止対策について」(健発0225第2号、平成22年2月25日)
総揮発性有機化合物:TVOC(μg/m3)
1600
1400
1200
喫煙室内・外の
1000
PM2.5の併行測定
800
600
喫煙室内
TVOC
(5分間)
400
200
屋外
0
0
50
街
地下街
100 → 150
250
300
350
400
地下 200
タオル静置(5、10、15分間)
3
微小粒子状物質(PM2.5)濃度(μg/m )
所見③
PM2.5濃度とガス状物質(TVOC)濃度
は相関あり
喫煙室内にタオルを
→屋外
5分、10分、15分間、
静置し、密閉バッグへ
三次喫煙(残留タバコ成分)=タバコ臭
「受動喫煙防止対策について」(健発0225第2号、平成22年2月25日)
東京駅地下、動輪の広場の喫煙室
15分間静置中
のタオル↓
3本のタオルを喫煙室内に静置、
5分、10分、15分後、密閉バッグに密封
⇒バッグ内TVOCを測定
←10分間静置後、
密封したタオル
三次喫煙(残留タバコ成分)=タバコ臭
「受動喫煙防止対策について」(健発0225第2号、平成22年2月25日)
測定前のタオル
密閉バッグ内の
TVOC=108μg/m3
喫煙室に静置したタオルから発生するガス状成分(タバコ臭)
700
喫煙室内に
5分、10分、15分間
静置
密封バッグに保管後
測定
密閉バッグ内TVOC(μg/m3)
600
500
400
300
200
100
0
前
密封バッグ内の
TVOCを4分間測定、
ピーク値を記録
5分
10分
15分
所見③:5分間の静置でタバコ臭が付着、
長く静置するほどTVOCの揮発量も増大
タバコ煙粒子(タール)からガス状物質が揮発⇒シックハウス症候群の原
因に
ダウンロード

他人の煙は迷惑