会社説明会
平成24年6月期第2四半期決算
Ⅰ.経営のほねぐみ
Ⅱ.主な事業展開
Ⅲ.ロードマップ
Ⅳ.業績の動向と見通し
平成24年3月9日
於 ANAクラウンプラザホテル福岡
(株)福山コンサルタント
コード:9608
Ⅰ. 経営のほねぐみ
1) 会社の概要
▼ FCC
本 社
福岡市
資本金
589百万円
業 種
建設コンサルタント
創 業
1949年
拠点:5箇所
事業所
その他事務所等:26箇所
マーケット 約27都府県
上場市場 ジャスダック (1995年登録)
役職員
有資格者
243名 (他契約社員150名)
工学博士:12名
技術士:175名
売上高
業界順位
*
社名
FCC
㈱環境防災
KB
㈱HMB
HMB
㈱環境調査技術研究所
EITI
インキュベーションセンター
37位
内道路部門
3位
略称
HMB有限責任事業組合 HMB.LLP
㈱福山 リサーチ&
コンサルタント
部門計
*日経コンストラクション調べ
▼ FCCグループ
㈱福山コンサルタント
(福岡・北九州・広島・東京・仙台)
FRIC
事業分野の関係
交通
地域
環境
ストック
リスク
―
―
―
―
―
―
―
―
―
●
―
●
―
―
―
―
●
●
●
―
新規事業及びM&Aの立案・実行
設立
本社
関係
C.M 1949.03
福岡
―
福岡
81%
2009.10* 徳島
51%
2011.01
東京
100%
2011.04* 東京
100%
2007.08
100%
―
―
―
―
2009.07
福岡
*経営権取得
2
Ⅰ. 経営のほねぐみ
2) 経営モデル
▼ 経営計画の立案~実行
▼ グループ会社の運営
中長期プラン:ローリング方式
基本方針
各社共通の管理事務
:シェアードサービス手法
目標/事業モデル/ロードマップ
戦略・施策の立案・実行
戦略マニフェスト方式
区 分
目 標
施 策
売 上
収 益
品 質
各社管理部門
V.C展開
。。。
。。。
。。。
。。。
事業部門別に作成(期首に実行を公約)
。。。
。。。
。。。
。。。
FCC
HMB
KB
EITI
各社事業部門
予算化と運用
フレームスライド方式
損益表諸元
上方F
基本F
下方F
プランB
売 上
成 利 益
果 賞 与
経 費
投 資
A+
B+
C+
D+
E+
A
B
C
D
E
A-
B-
C-
D-
E-
≫
≫
≫
≫
≫
備 考
賞与
優先
期首
スタート
利益
優先
急落
対応
連携事業戦略
:バリューチェーン会議方式
ビジネス・プロジュース
機能の強化(FRIC)
3
Ⅰ. 経営のほねぐみ
3) 事業モデル
▼ 技術力による受注拡大
区 分
体 制
評 価
受 注
技術力指標
工学博士(人)
技術士(人)
業務評価点
業務表彰(件)
プロポーザル受注
業界ランク(件数)
H20
年 度
H21
H22
10
132
75.0
15
10
145
74.9
12
10
161
76.0
16
12
175
17
15
11
未
▼ バリューチェーン(V.C)モデル
H23
過去最高
をマーク
未
未
展開の構想
4
Ⅱ. 主な事業展開
1) 大震災復旧・復興事業
橋梁、道路施設などの被災状況の査定
及び復興道路・同支援道路の設計を
中心にお手伝い
前線基地開設
(H24.2)
▼ 受注状況
(H23.4~H24.2)
▼ 受注環境の見通し
5
Ⅱ. 主な事業展開
2) ヘルスモニタリングビジネス:HMB
HMB(ヘルスモニタリングビジネス)
HMB:豪雨、地震、劣化に対する構造物等の監視・診断ビジネス
▼ サービスカタログ
事象
A
豪雨
B
地震
C
劣化
対象・内容
製品化予定
A1
橋梁
被災度
完了
A2
路面
内水氾濫
A3
法面・斜面
崩壊危険度
B1
橋梁
被災度
B2
一般建築物
耐震強度
H24下期
C1
橋梁
損傷進行
H24上期
H24下期
完了
▼ ビジネスタイプ
タイプ
内容
機器販売型
単品&システム
サービス販売型
監視・診断・対策
営業開始
6
Ⅱ. 主な事業展開
3) モービルマッピングシステム:MMS
・MMS:高精度GPS移動計測装置(車両)
走行しながら道路施設の3次元空間情報
を電子データで取得するシステム。
・当社は大学との共同研究によりデータ処理
及び活用技術を開発(中)。
▼現在提供できるサービス
1)道路及び周辺施設の3次元空間情報
2)形状変化、表面劣化の診断と対策
3)管理用図面・台帳の作成
4)通信施設等の設計・施工用電子地図
*受注実績:H23年度 50百万円
H24年度 1億円(見込み)
計測車両
▼MMS活用事例:大震災道路復旧支援
・路面段差の発生による車両事故対応
が課題に。但し、復興支援車両の増加
にともなう交通規制等により、現地で
車両を止めての確認が困難。
MMSによる段差
箇所抽出のイメージ
↑
標
髙
HMBとMMSのドッキングによる総合的な
「モニタリングビジネス」事業へ
→ キロポスト
7
Ⅱ. 主な事業展開
4) 環境系の新分野
▼駅ビル振動対策(都市環境)
当社が培ってきた振動解析技術を活用して、
列車走行時の駅ビルへの影響を予測し、
低減対策を提案。
(実績:JR山手線恵比寿駅・目黒駅)
列車走行中の駅ビル床
の振動解析の例
▼土壌汚染対策
復興支援の一環として、子会社EITIの現有
技術をベースに大学との共同研究で開発中。
■浸水農地の除塩:実証試験で効果確認
■セシウム等汚染土壌の減容:手法の詰め
現有環境系技術の再構築と
新分野開拓による総合的な
「環境ビジネスモデル」の構築
8
Ⅱ. 主な事業展開
5) 事業所の拡充・開設
▼ FCCの進捗
【実施 H23.9~】
1)東京帯強化
社屋移転(H23.9)
江東営業所開設(H24.1)
2)名古屋営業所の技術事務所
昇格(H24.1)
3)三陸事務所開設(H24.2)
【当面の予定】
高知営業所拡充、
沖縄事務所開設検討着手
▼ FCCグループの事業所
配置状況(H24.3現在)
都道府県数
H24.3
22
32
●
●
北陸
中国
●
●
●
●
近畿
中部
:事業所配置
●
四国
●
関東
●
●
東北
●
●
九州
●
H19.3
北海道
●
:事業拠点
●
:技術事務所
沖縄
9
Ⅲ. ロードマップ
1) 中長期の目標
▼ 成長軌道のイメージ
▼ 業 績(連結)
長期プラン
第2次
第3次
達成目標期
H25.6期
H31.6期
330
6,000
500
10,000
5,458
250
500
178
役職員(人)
売上高(百万円)
経常利益(百万円)
直近実績
(H23.6期)
308
▼ 株 式(単独)
分類
成果
還元
項目
現行・実績(H23.6期)
配 当
8円/株
10円/株超の安定確保
優 待
3千円/1,000株
継続
単元株主数 969(899)人
活性化
株 価
260(250)円
施策
会社説明会 2回(東京・福岡)/年
株式
政策
方針・目標
1,000人超
*H23.12末実績
700円(≒企業価値)
継続・開催地域の拡大
単元株
1,000株
当面、継続
自己株式
18,445株
活用策検討中
注)( )はH23.12末実績
▼ 保有期間別株主数(%)
10
Ⅲ. ロードマップ
長期
プラン
2) ロードマップ
第2次:H20.6~25.6
H24.6
H25.6
●
受注環境
(H23.6)
の見通し
H26.6
H27.6
H28.6
H29.6~31.6期
●
【 変動要因】
■現政権任期満了(H25.9) ■消費税
率アップ( H2 6 .4 ~) ■巨大連動地震
■TPP ■ソブリンリスク他
●
●
●
復興支援期
ポスト復興期
復興事業への重点対応
「ポスト復興」に備えた事業の構築
位置付け
事
業
第3次:H26.6~31.6
HMBの体制強化・事業化促進
V
MMSの活用技術開発・用途拡大
C
展 環境系技術の統合+新分野開拓
開
その他分野も逐次着手、推進
⇒
⇒
業態進化/成長軌道
総合的な「モニタリングビジネス」事業へ
総合的な「環境ビジネスモデル」構築
事業の核(基本は技術) : 基本6分野の技術力強化、ワンストップ展開
第3次長期P戦略会議
復興事業推進・支援体制
体
制
「ポスト復興」に向けた体制の構築
地域
戦略
全国展開に向けた布石
大規模災害対応の配置
⇒
⇒
2本社制検討(福岡・東京)
即応体制の構築
提携
戦略
部門譲受/地域フラン
チャイズ方式等
⇒
新規M&Aの検討
SSC、V.C会議による
運営手法の試行
⇒
集団運営手法の確立
連結型企業集団
⇒
HD型企業集団
企業
集団
11
Ⅳ. 業績の動向と見通し
▼ 売上高
1) 決算実績:売上高、利益(直近3期)
▼ 経常利益
(H23.6期より国際会計
基準適用)
▼ 当期純利益
▼ 受注高
H17.6
H18.6
H19.6
H20.6
12
Ⅳ. 業績の動向と見通し
2) 決算実績:財務、株式等(H23.6期)
▼ 主要財務指標
▼ 主要株式指標
(単独)
指 標 当座比率 流動比率 固定比率 自己資本比率
実 績 152.7 229.9 74.3 80.2
健全水準 >100.0 >200.0 <100.0 >55.0
● 全指標が健全水準を大きく上回る
● 10期連続期末無借金
▼ 業界でのポジション(連結)
19
質
の
指
標
規
模
の
指
標
18
17
16
注:上場19社の直近決算(H23.3~H23.12)によるランク
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
総資本回転率
自己資本比率
←
ROE
経常利益率
←
→
当期純利益
経常利益
→
純資産
売上高
総資産
13
Ⅳ . 業績の動向と見通し
3) H24.6期第2四半期決算
(百万円・%)
【季節変動大:売上高は期末に集中する傾向】
売
上
高
5700
H23.6 H24.6
期
期
5458
1975
388
815
267
1Q
735
2Q
3Q
4Q [期末]
四半期
H23.6期
指標
1Q
2Q
H 24.6期
3Q
1Q
4Q
2Q
経常利益
△297
△490
△510
178
△341
△5 7 1
当期純利益
△207
△333
△349
53
△243
△4 3 1
359
479
695
613
480
488
66.0
54.4
43.0
73.0
65.4
5 2 .3
P/L
現預金
B/S
自己資本比率
14
Ⅳ. 業績の動向と見通し
指標
4) H24.6期の見通し
①H23.6期
②H24.6期
増減
実 績
目 標
(②/①:%)
百万円
5,458
百万円
175
百万円
178
当期純利益
百万円
53
5,700
200
200
80
売上高
百万円
4,843
5,000
3.2
営業利益
百万円
159
180
13.2
百万円
167
180
7.8
百万円
56
70
25.0
円/株
8
≧8
売上高
連 営業利益
結 経常利益
単
経常利益
独
当期純利益
配当
4.4
14.3
12.4
50.9
-
●株主優待制度の継続 : 図書カード(一律3,000円相当)
15
坂の上の雲をめざ
して
ご清聴、ありがとうございました。
今後ともご支援のほどよろしく
お願い申し上げます。
ダウンロード

Ⅰ.経営のほねぐみ Ⅱ.主な事業展開 Ⅲ.