情報文化の枠組み
• 情報と文化
– 情報
– 文化
• 情報文化
情報と文化
•情報 information
• 知らせること
• ニュース、報道、話
など告げられること
• +マスメディア
• 習慣、事実、経験か
ら習得する知識
• コンピュータに蓄積し
検索できるデータ
• +通信
•文化 culture
• 社会を構成する
人々によって習得・
共有・伝達される行
動様式ないし生活
様式
• +習慣・様式・しきたり
• 言語・習俗・道徳・
宗教・制度など
• 個別文化は独自の
価値を持つ
情報の対象範囲
• 1 【情報行動に関する内容】
– 習慣、事実、経験から習得する
知識
– 認識
– +コミュニケーション
• 3 【情報技術の扱う対象】
– コンピュータに蓄積したり、
検索できるデータ
– インターネット、Web
– 通信
• 2【情報の持つ意味に関する内容】
– 知らせること
– ニュース、報道、話など告げら
れること
– 情報の量・情報の流通
・人間と情報通信技術の
存在が前提となる
文化の対象範囲
• 1 【様式に関する内容】
– 社会を構成する人々によっ
て習得・共有・伝達される行
動様式ないし生活様式の総
体(その土地・社会の)
• 2【地域に関する内容】
– 言語、道徳、習俗、宗教、制
度などそれぞれの人間集団
は個別の文化を持ち、個別
文化は独自の価値観を持つ
• 3【意識に関する内容】
–意識・感性・関心・価値
–心の中の概念
• 4【習慣に関する内容】
– 習慣・様式・しきたり
– 習得された行動
– 日本語で文化は、単なる習
慣を意味する場合が多い
– Habit, Custom, Practice
– Rule, Manner 食文化
• 5【文明に関する内容】
– civilization
– 「人間の技術的・物質的所
産」から作られる精神的成果
物
主に地域社会の存在が前提
となる
言語・習俗・道徳・宗教・制度
• 言語
– 思想・感情・意志などを互いに伝達しあうための社会的に一定し
た組織をもつ、音声による記号とその体系。また、それによって
伝達しあう行為。
• 道徳
– ある社会で人々がそれによって善悪・正邪を判断し、正しく行為
するための規範の総称。法律と違い外的強制力としてではなく、
個々の人の内面的原理として働くものをいい、また宗教と異なっ
て超越者との関係ではなく人間相互の関係を規定するもの。
• 習俗
– ある社会内で習慣となった生活様式。風俗。風習。ならわし。
• 制度
– 国家・社会・団体を運営していく上で、制定される法や
規則
– 社会的に公認され定型化されているきまりや慣習。
出典:スーパー大辞林
日本語の文化は、英語の習慣を意味する場合が多い
• 食文化
–
–
–
–
food culture
Food manner
Food habit
Food custom
• 情報文化
– Information culture 5
80
– Information manner 8
– Information habit 1
情報文化
• 情報
– 人間と情報通信技術の存在が前提となる
• 文化
– 主に地域社会の存在が前提となる
• 情報文化の考え方【文明に関する内容】
– 「人間の技術的・物質的所産」から作られる
精神的成果物
• 情報文化
– 情報技術が社会に影響を与える
– 社会がグローバル化している
– 社会の変化が個人に対応を迫っている
情報文化
技術
A 情報技術の社会/個人への影響
情
報
通
信
技
術
与える影響
個人
C 情報行動の重要性の理解
与える
影響
社会
B グローバル化と地域化
【1】地域の価値観
(言語、道徳、宗教、
制度など)
人間の情報行動
–コミュニケーション
–情報伝達・メディア 与える影響
-意志・判断
【2】社会の行動様式・
生活様式
(言語、道徳、宗教、
制度など)
個人の生活
–多量の情報流通
【3】個人の意識・感
性・関心・価値観
与える影響
【4】習慣
習慣・様式・しきたり
A 情報技術の社会/個人への影響
• 情報技術の社会・個人への影響
• IT, ICTの急速な進歩
– Information and Communication Technology
– 情報技術が社会・個人に強い影響を及ぼす
– パソコン(コンピュータ)、インターネット、携帯電話
• IT・ICTは人の行動や社会構造に大きな影響を持つ
–
–
–
–
–
①情報技術による時空間の拡大
②メディアの多様化
③情報の共有・多様化
④膨大な情報の処理
⑤双方向のコミュニケーション
• 負の側面も含む
• 情報文化の重要な側面
– コンピュータを中心とした情報通信技術の発展が社会
や人間に大きな影響を与えている
A 講義の内容
– 情報技術の社会/個人への影響
• 1.情報文化の枠組み
– 情報技術-個人-社会の関係
• 2.情報通信技術
• 3.バーチャルコミュニティーと地域社会
– 電子メディアによるバーチャルコミュニティーの
出現
• 4.日米オークションサイトの比較
– 日米の文化を反映したYahoo.jpとebayサイトの
差異
B グローバル化と地域化
• 情報技術の発展と組織・企業活動の変化
– 情報技術の発展による経済グローバル化の進展
• 情報技術から作られる文化(特定の社会における)
– 情報技術による精神的成果物の集合
– 国・政治への影響
• 情報技術の発展と地域の変化
– グローバル化が地域に与える変化と格差
• インターネット
– グローバル化と地域化・地域差
• グローバル化と英語
• 情報文化の重要な側面
– 情報技術による地域・国家のグローバル化
B 講義の内容
– 情報技術から作られる新らしい文化
– 情報技術による精神的成果物の集合
• 5.情報化に伴うグローバル化_経済
– 情報技術の発展と組織・企業活動の変化
• 6.情報化に伴うグローバル化_文化・政治
– 情報技術の発展による社会のグローバル化の進展
• 7.地域におけるグローバル化と地域内格差
– グローバル化が地域に与える変化と格差
• 8.インターネットとドメイン
– インターネットでみるグローバル化と地域化
• 9.英語の情報支配
– 英語によるグローバル化
C 社会構造の変化が個人に与える影響
• 情報行動の重要性の理解
– ルールと倫理、内部統制
• 適切な情報の処理や流通
– 適切な情報行動が、情報化の進展した現代社会では
不可欠
• 民族・国家・組織により大きく異なる
– 社会や地域に根ざした異文化の尊重
• 情報文化の重要な側面
– 倫理とコンプライアンスの重要性
– 生活環境・社会の仕組みや制度・習慣の異なる人た
ちの行動や考えを尊重理解しようとする姿勢・態度
– アイデンティティ
C 講義の内容
– 社会構造の変化が個人に与える影響
• 10.情報社会の光と影
– 効率化と利便性の向上
• 11.情報社会の光と影
– プライバシーとコンプライアンスと倫理
• 12.情報に対する感性
– 情報リテラシー、メディアリテラシーの重要性
• 13.異文化コミュニケーション
– 社会アイデンティティと誤解
• 14.コミュニケーションにおける感性
– 個人アイデンティティと意図
• 15.まとめ
講義の目的(確認)
• 3つの視点から情報文化の理解を深める
• A 情報技術の社会/個人への影響
– コンピュータを中心とした情報通信技術の発展が社会
や人間に大きな影響を与えている
• B グローバル化と地域化
– グローバル化と地域化の現状を理解し、情報技術が社
会に強い影響を及ぼしていることを理解する
• C 情報行動の重要性の理解
– 倫理とコンプライアンスの重要性と、社会や地域に根ざ
した異文化を尊重することの重要性を学ぶ
– アイデンティティ
<学習到達目標>
• 「情報技術が人間の行動に大きな影響を与えて
いること」を、自らの視点で考えることができるよ
うになること
• 「情報技術が民族、国民、社会、組織に対して影
響を与えたり、変革を要請したりしていること」を、
自らの視点で考えることができるようになること
• 倫理とコンプライアンスの重要性と、社会や地域
に根ざした異文化を尊重することの重要性を理
解できること
<成績評価法>
• 学期末に行う筆記試験で評価する。
• 学期末に行う筆記試験は、3分野から1問づ
つ、計3問出題される。
– A 情報技術の社会/個人への影響
– B グローバル化と地域化
– C 情報行動の重要性の理解
<教科書・参考書>
• 必要に応じて配布する。
演習問題
• 文化の意味を記述しなさい
• 情報の意味を記述しなさい
• 情報技術と個人と社会の関係について理
解できた内容を記述してください
• 情報技術を使った商品として考え付くもの
をあげてください
ダウンロード

情報文化