製図の知識
2013年7月18日(金) Ⅲ限
電子制御設計製図Ⅰ
図面の大きさ
(a)図面の大きさ
用紙の大きさ(JIS Z8311)
A0~A4の4種類
(b)横方向Xと縦方向Yの比率
横置きとし,X:Y= 2 :1とする.
A4
A3
A0
A4
A1
A2
用紙の大き
さの呼び
用紙の大きさ
A0
1189×841
A1
841×594
A2
594×420
A3
420×297
A4
297×210
図面の様式(線の種類)
機械製図では
「線」を使い分ける!
図面の輪郭と様式
中心マーク
A0~A1: 20mm
A2~A4: 10mm
図を描く領域
輪郭線
・とじない場合
A0~A1: 20mm
A2~A4: 10mm
・とじる場合
A0~A4: 20mm
表題欄
製図例 ~Vブロックの製図~
外形線
外形線
対象物の見える
部分
寸法線
寸法線
寸法の記入など
かくれ線
かくれ線
見えない部分
(短い線を並べた線)
中心線
中心線
図形の中心(線と一つの
点を並べた線)
想像線
想像線
参考に表す(線と二つの
点を並べた線)
【重要】機械製図で使う線
図面に用いる線と文字
線について(その他)
・線の優先順位
外形線 > かくれ線 > 切断線
> 中心線 > 重心線 > 寸法補助線
・かくれ線
太い破線または細い破線の何れを用いても良いが,
同一の図面において両者を混同してはならない
製図と尺度
尺度:
かいた図形の長さと対象物の長さとの割合
寸法の記入方法
[1]寸法の単位
mm単位で数値のみ記入
[2]寸法の表示
2~3mm
直径の寸法記入
半円の寸法記入
各種の穴の寸法
覚えておきたい!
★機械製図では中心線が重要!
★中心線がないと,穴(円)の位置が決められない
角度の寸法記入
面取りの寸法記入(C:chamfer)
狭い場所の寸法記入
寸法補助記号
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
(
)
寸法補助記号
5.2 製図の表現手法
教科書P.154~
投影法と第三角法
★正面図,側面図,平面図で構成される。
★機械製図で最も重要な投影法である。
投影法とは
物体に光を当てて,その影を見る。
立体
平面上に表現
投影法の種類
正投影
軸測投影
軸測投影
(立体図)
正投影(第一角法と第三角法)
正投影(第一角法と第三角法)
第一角法では,第三角法と比べ
て上下左右の位置関係が反対
になる
各面の名称を覚えること!
第三角法【重要】
★正面図,側面図,平面図で構成される。
★機械製図で最も重要な投影法である。
H
V
P
第三角法【重要】
平面図は正面図の
真上
H
側面図は正面図の
真横
(普通は右)
V
正面図は物体の最も代表的な面
P
円柱を作図する場合の第三角法
間違った第三角法
正面図・側面図・平面図を描く位置
は決まっている!
間違った第三角法
この長さが違う物体
はあり得ない!
三面図から部品図へ
三面図(正面図・平面図・側面図)
寸法や加工方法を記入
部品を製作するための図面=部品図
三面図(部品図)の重要性
★部品図はもの作りに欠かせない。
★ほとんどの機械部品は○か□であり,工作機械を直交す
る2軸(または3軸)で動かすため,実際の機械加工時に三面
図はとても見やすい。
★設計者と製作者が違う場合,図面以外の情報伝達手段は
ない。
★三面図は「もの」の形状を正確に表すことができる。
★間違った図面では,正しい部品を作ることができない。
投影図の選択
[1]主投影図の選び方
・対象物の形状・機能が最もよくわかる面を主投影図
(正面図)に選ぶ
・平面図,側面図,その他の図面は必要な場合のみ書く
作業に用いられる工作機械:旋盤と予測
実際の加工方向を横軸とする
ダウンロード

正面図