CONT05/VLBI実験における
マイクロ波放射計観測結果
市川隆一、久保木裕允、堤
正則、小山康弘
情報通信研究機構、鹿島宇宙技術センター
小門研亮、石本正芳、藤咲淳一、高島和宏
国土地理院
CONT05/VLBI実験
KASHIMA34
CONT05実験の目的

GOALS




Science: 1日以下のEOP変動解析
Technique improvement: 中性大気遅延の評価
研究(天頂遅延、大気勾配、WVR・GPS・数値予報モ
デルとの比較)
Accuracy assessment: 過去の連続観測(CONT94,
CONT95, CONT96, CONT02)で得られた測位解との
整合性評価
Comparisons: 全VLBI局の側にIGS局。3局には
SLR局、4局ではDORIS局が併設されていることから、
1日ないしそれ以下の局位置の変動を比較する。
観測概要

観測期間:2005年9月12日17:00UT~9
月27日17:00UT


24時間で1実験、これを連日実施
観測参加局:つくば、鹿島34m局(16日
のみ)
観測データ

VLBI


GPS


IGS観測局(TSKB、KSMV)
マイクロ波放射計(WVR)


独自解析結果&ウィーン工科大学
NICT保有の2台のWVRを使用
ラジオゾンデ観測

気象庁館野観測点
観測の様子
国土地理院
つくば32m局
マイクロ波放射計
(WVR26、
WVR28)
9/6
9/12
CONT05
9/15
WVR26
WVR28
つくば
9/27
10/12
9/21
鹿島
つくば
つくば
マイクロ波放射計データの較
正
WVR26
WVR28
結果(時系列)
CONT05
結果(相関)
GPS&WVR28
VLBI&WVR28
VLBI&GPS
結果のまとめ
単位:mm
WVR26
WVR28
VLBI
GPS
12.5+/-21.6 6.1+/-17.6 12.3+/-18.5
VLBI
23.6+/-27.2 17.2+/-21.1
最近のマッピング関数




NMF [Neill, 1996]
IMF [Neill, 2000]
VMF [Boehm and Schuh, 2004]
GMF [Boehm et al., 2006]

CONT05の解析結果、WVR観測結果、及び数
値予報モデルなどとの比較を用いてこれらの
マッピング関数の評価を予定
まとめ

CONT05/VLBI観測でWVR並行観測を実
施


VLBI、GPS、WVR、ROBSで各々求めた天頂湿
潤遅延量を比較
WVRとGPSとの比較



時系列の振幅・位相は良く一致
オフセット6-13mm、RMSは約20mm
WVRとVLBIとの比較


時系列の振幅・位相は良く一致
オフセット17-24mm、RMSは約21-27mm
謝辞

VLBIの大気遅延解析結果はウィーン工
科大学より提供頂いた。また、国土地
理院GEONET、及びIGSのGPSデータ
を解析に用いた。記して感謝の意を表
します。
ダウンロード

発表原稿(PPT/3MB)