表計算ソフトウェア
関数の利用(応用編)
Excel2003
学習する関数
VLOOKUP(列方向の照合)
COUNTIF(条件付きカウント)
HLOOKUP(行方向の照合)
SUMIF(条件付き合計)
INDEX(行列の検索)
LEFT,RIGHT(文字列の抽出)
RANK(順位付け)
VALUE(文字列を数値に変換)
LARGE(n番目に大きい数値)
DSUM(データベース関数)
SMALL(n番目に小さい数値)
VLOOKUP関数
書 式
=VLOOKUP(照合値,照合範囲,列番号)
機 能
照合範囲を上から下方向に検索し、照合値と一致した場合に
列位置のデータを表示する。
■ 使用例 ■
セル「B3」に入力された学籍番号に対応した氏名を生徒一覧表より検索し、
セル「C3」に求める。
「C3」 =VLOOKUP(B3,B8:C12,2)
HLOOKUP関数
書 式
=HLOOKUP(照合値,照合範囲,行番号)
機 能
照合範囲を左から右方向に検索し、照合値と一致した場合に
行位置のデータを表示する。
■ 使用例 ■
セル「B3」に入力された学籍番号に対応した氏名を生徒一覧表より検索し、
セル「C3」に求める。
「C3」 =HLOOKUP(B3,C8:G9,2)
INDEX関数
書 式
= INDEX(対象範囲,行番号,列番号)
機 能
指定した行位置と列位置が交差したセルのデータを参照する。
■ 使用例 ■
発駅コードと着駅コードをセル「E3」と「E4」にそれぞれ入力し、運賃表より
該当する運賃をセル「E5」に求める。
「E5」 =INDEX(D11:F13,E3,E4)
RANK関数
書 式
= RANK(数値,範囲,順序)
機 能
範囲内のデータについて昇順や降順に順位をつける。
■ 使用例 ■
C列の「得点」をもとにセル「C4」の値の順位(降順)をセル「D4」に求める。
「D4」 =RANK(C4,$C$4:$C$8,0)
LARGE関数
書 式
= LARGE(範囲,n)
機 能
範囲内のn番目に大きい数値を求める。
■ 使用例 ■
C列の「得点」を中で3番目に大きい値をセル「D10」に求める。
「D10」 =LARGE(C4:C8,3)
SMALL関数
書 式
= SMALL(範囲,n)
機 能
範囲内のn番目に小さい数値を求める。
■ 使用例 ■
C列の「得点」を中で2番目に小さい値をセル「D10」に求める。
「D10」 =SMALL(C4:C8,2)
COUNTIF関数
書 式
= COUNTIF (範囲,条件)
機 能
対象範囲内のデータで、条件を満たすデータの個数を求める。
■ 使用例 ■
C列の「得点」の中から70点以上の生徒数をセル「D10」に求める。
「D10」 =COUNTIF(C4:C8,">=70")
SUMIF関数
書 式
= SUMIF (条件範囲,条件,合計範囲)
機 能
合計範囲内のデータで、条件を満たすデータの合計を求める。
■ 使用例 ■
B列の「氏名」の中から「渡辺」と入力されたセルを検索し、D列の「得点」
の中で対応する数値の合計をセル「C3」に求める。
「C3」 =SUMIF(B8:B16,B3,D8:D16)
LEFT関数 ,RIGHT関数
書 式
= LEFT(文字列,文字数), = RIGHT(文字列,文字数)
機 能
LEFT・・・文字列の左端から指定された文字数のデータを抽出。
RIGHT・・・ 〃 右端から
〃
。
■ 使用例 ■
セル「B3」の取引コードは、左端3文字が商品コードを、右端2文字が単価
を表す。それぞれ抽出したデータをセル「C3」と「E3」に求める。
「C3」 =LEFT(B3,3)
「E3」 =RIGHT(B3,2)
VALUE関数
書 式
= VALUE(文字列)
機 能
数値定数やセル内の文字列を数値に変換する。
■ 使用例 ■
セル「B3」の取引コードから抽出されたセル「E3」の単価(文字列)を数値に
変換する。
「E3」 =VALUE(RIGHT(B3,2))
DSUM関数
書 式
= DSUM(対象範囲,列番号,条件範囲)
機 能
対象範囲内の列位置のデータで、条件範囲に記述されている
条件を満たす数値の合計を求める。
■ 使用例 ■
成績一覧表からB列の「氏名」に「渡辺」と入力されたセルを検索し、 D列
の「得点」の中で対応する数値の合計をセル「C16」に求める。
「C16」 =DSUM(B3:D12,3,B15:B16)
ダウンロード

説明プレゼン