27
アメリカの富豪と起業家
20世紀前半における富豪の新興企業投資とその影響
小
要
野
正
人
旨
本稿は,アメリカにおける新興企業投資に関して富豪の果たした役割を,個々の行動
を中心に考察したものである。第二次大戦以前のアメリカは,広大な国土と産業に比較
して企業が資金調達に頼ることのできる金融機関や商工業者が十分存在していなかった。
このため,起業家は金融機関よりも地縁血縁を頼って個人,とりわけ事業の成功で資産
を形成していた富豪と呼ばれた有力者に事業資金を求め,彼らが起業家に投資して共同
事業が行われ,富豪が起業家の新事業を支援し資金提供する形態が各地で拡がり,アメ
リカの新興企業投資で際立った特徴となっている。
現代の新興企業ファイナンスは,リスクテイカーの役割,投資先の監視と協働,専門
組織の形成,投資回収モデル,合理的ルールと出資モデルが重要な特徴であるが,富豪
が起業家やベンチャーキャピタルに資金を提供し支援する活動はこれらに少なからぬ影
響を与えてきた。
キーワード:アメリカ,経営史,アントレプレナーシップ,起業,富豪,ベンチャーキャピタル
1 はじめに
今日のアメリカでは幾多のベンチャー企業が活躍しているが,会社という集団が形成された
17世紀以降,数多くの起業家が新しい企てに乗り出し,成功と失敗を繰り返してきた。そもそ
もアメリカ合衆国の原型は「植民を目的とする企業体」であった。独立の基礎となった 13植民
地の一つであるバージニア植民地(Col
onyofVi
r
gi
ni
a)は,イギリス本国で王室の勅許により
設立されたバージニア会社(Vi
r
gi
ni
aCompany)によって建設された。1606年,当時のイン
グランド国王ジェームズ 1世は,北アメリカ大陸への植民を企図して請願してきたトマス・スミ
スを中心とするロンドン商人に勅許状を与え,バージニア会社が設立された。1606年 12月に最
28
城西大学経営紀要
第 11号
初の植民者達が北アメリカ大陸に渡り,1607年にイギリス人による初の植民地ジェームズタウ
ンが建設されたが,これらはイギリス国家の事業ではなくバージニア会社が営んだビジネスであっ
た。また,ジョージ・ワシントンやベンジャミン・フランクリンが土地投資を事業としていたよ
うに(1),植民地や独立当時のアメリカの政治指導者は多くが起業家でもあった。
独立後,アメリカは第二次産業革命(1) の中で多くの起業家とベンチャー企業を輩出するが,
彼らにとっての最大の課題は資金の調達であった。19世紀当時のアメリカには王や貴族や教会
のような発展を阻害する支配層は存在しないけれども,ヨーロッパのような資金を持った金融機
関や富裕な商工業者は限られていた。
本稿では,拙著(2013)「起業家と投資家の軌跡」をもとに,19世紀から 20世紀半ばまでの
富豪による新興企業投資の行動を追いながら,それらが現代のアメリカのベンチャーファイナン
スの特徴にどのような影響を及ぼしたかを考察する。現代のベンチャーファイナンスが有する特
徴は,①リスクテイカーの役割,②投資先の監視と協働,③専門組織の形成,④I
PO(新規株式
公開)をベースとした投資回収モデル,⑤合理的ルールと出資モデルの 5点である。これらに関
して,富豪の企業投資は①と②の形成に主導的な役割を果たしており,③の専門組織も富豪が主
導して形成する場面があったと考えるからである。
2 富豪と起業家
19世紀アメリカにおける企業ファイナンス
企業を起こすにあたって外部から資金を調達するかどうかは事業規模により異なる。18世紀
のイギリス産業革命初期には機械設備もそれほど大規模ではなく,自己資金やその周りの縁を通
じた資金調達で工場を設立することが可能だった。ジェームズ・ワットやアークライトは友人か
ら借金をし,また知人と共同経営をして資金を調達した。19世紀後半にアメリカで勃興した重
化学工業や陸運水運業は,欧州の産業革命期よりも規模の大きい工場設備を建設するために資金
が必要となったが,調達を支援するアメリカの銀行や資本市場は不完全な状態であった。アメリ
カにはロンドンのような伝統ある金融センターは存在しなかったし,ドイツで発達したようなユ
ニバーサルバンクも存在しなかった。19世紀の証券市場では新しい産業が資金を調達すること
は困難であった。ニューヨークやボストンの証券取引所で取引されたのは政府や鉄道の債券が中
心であり,少数派であった株式の取引は鉄道会社が半分以上を占めていた(表 1)。
このように,銀行は零細で全国ネットワークがなく,証券市場も新興の製造業を受け入れる余
地がないという構造にあった。未整備の金融資本市場の下で,アメリカの起業家はいかにして資
本を手に入れたか。産業革命当時の繊維や機械工場よりもはるかに多額の資金が必要な鉄鋼や石
アメリカの富豪と起業家
29
表 1 ニューヨーク証券取引所における取引株式銘柄数の推移
1885年 1890年 1895年 1900年 1905年 1910年 1915年 1920年 1925年 1930年
鉄道
122
占率
公益事業
194
81%
73%
5
占率
鉱業(石油他)
占率
工業その他
15
3%
6%
11
20
7%
8%
13
占率
総計
35
9%
13%
151
占率
100%
264
100%
160
61%
26
10%
19
7%
57
22%
262
100%
161
54%
32
11%
18
6%
85
29%
296
100%
168
49%
34
10%
22
146
44%
34
10%
30
146
35%
34
8%
36
150
22%
131
17%
11
2%
38
5%
44
29
151
11%
89
7%
25
6%
9%
9%
7%
4%
2%
117
121
204
465
576
1,
058
34%
341
100%
37%
331
100%
49%
420
100%
69%
670
100%
74%
774
100%
80%
1,
323
100%
(出所) オサリヴァン,森(訳)(2008),p.151。
油産業は,自己資金だけで事業立ち上げを賄えるはずがなかった。起業家は個人的なネットワー
クを利用した資金調達がメインとならざるを得なかった。つまり,機関投資家や金融機関が組織
的に資金を供給する,あるいは証券市場等を通じて供給するような現代のシステムではなかった。
資金を調達できた起業家は個人的なコネと人脈が利用できた者であり,顔と縁がつながったコミュ
ニティ内での小規模なファイナンスが現実であった。
富豪の勃興と影響力
19世紀の第二次産業革命において,アメリカは多くの起業家を輩出し,彼らの一部は巨万の
富を築きあげた。当時は資本と経営は分離しておらず,また外部の純粋な投資家はほとんど存在
しなかった。起業家が自ら資金を捻出し自分達の周りから資金を集めたが,大成功した起業家は
注ぎ込んだ自己資金が巨大な企業価値となり,さらに会社からは多額の報酬と配当を得た。そし
て獲得した富を事業拡大や買収の再投資に注ぎ込んで資産をさらに増やしていった。
たとえば,電話機を発明したグラハム・ベル(Al
exanderGr
aham Bel
l
,18471922)は,血
縁という「金づる」を使って資金を調達した。彼は義父であるボストンの弁護士で資産家のガー
ディナー・ハバードと実業家のトーマス・サンダースから資金援助を得て電話機を開発し,関連
する特許権は両人と分け合っており,その特許権をもとにしてサンダースとハバートが 1877年
にベル電話会社を設立した(3)。
また,アンドリュー・カーネギー(Andr
ew Car
negi
e,18351919)やジョン・ロックフェラー
(J
ohnDavi
s
onRockef
el
l
er
,Sr
.
,18391937)は過去の事業で相当な資金を貯めており,その自
30
城西大学経営紀要
第 11号
己資金を元手に事業を始めたが,ベルと同じように個人的なつながりで出資者を募ってパートナー
シップを組成して事業を行っている。カーネギーは鉄鋼業に乗り出す前に石油会社に出資してお
りその配当資金で財をなしていた。彼は 1865年にキーストン鉄橋会社を買収するにあたって,
勤務していたペンシルバニア鉄道の社長,副社長に話をつけて同社からレールの大口購入契約を
得て,さらに両人にキーストン鉄橋会社の株式を譲渡している。カーネギーがベッセマー製鋼法
を導入したエドガー・トムソン製鋼所は,カーネギーと知人 8人と親族が出資した 70万ドルの
資金でパートナーシップを設立して運営された(4)。
ジョン・ロックフェラーは,16才の時から働いた手元資金と父親から年 10%の利子で借りた
1,
000ドルを元手に,モーリス・クラークと一緒に農場の生産委託業を始めており,最初から石
油事業を始めたわけではない。彼は農場の稼ぎをもとに 1858年に友人のモーリス・クラークと
クラーク・アンド・ロックフェラー社というパートナーシップを設立して製油会社に投資を行っ
た。ついでロックフェラーはパートナーシップを解散し,いくつかの会社を設立・買収しながら
事業を拡大し,1870年に弟ウィリアムやパートナー達と資本金 100万ドルでスタンダード・オ
イル株式会社を設立した。彼が石油精製のビジネスに参入できたのは,地元クリーブランドの銀
行業界と個人的なつながりを持っていたことも大きいと考えられる。19世紀後半当時の新興企
業は,ロックフェラーのように地元の商業銀行からの支援で発展した例が多い。その商業銀行の
代表例がメロン商会(1869年設立,現在のニューヨークメロン銀行の起源)である。同社はトー
マス・メロン(ThomasMel
l
on,18131908)と息子達が不動産事業による利益をもとに設立さ
れ,ピッツバーグに本拠に金属や電機など様々な産業に資金を提供し,アルコア,ガルフオイル,
ウェスティングハウス,ロックウェルのような当時の大企業に強い影響力を持っていた。
このように 19世紀のアメリカ産業革命は多くの起業家を輩出し,彼らの一部は巨万の富を築
きあげた。当時は資本と経営は分離しておらず,また純粋な投資家はほとんど存在しなかった。
起業家が自ら資金を捻出し,自分達の周りで資金を集め,大成功した一部の起業家は自分が出し
た資金が巨大な企業価値となり,起業家は会社から多額の報酬と配当を得て,さらにその富を事
業拡大や買収の再投資に注ぎ込んで資産を増やしていった。
19世紀の起業家はどれほど巨額の資産を形成したか。Kl
epperと Gunt
herはアメリカの大富
豪の資産を計測して対 GNP比率でみたランキングを公表しているが(5),二人のデータを用いて
上位 100名を生年別にみた分布を作成した。図 1のように富豪 100名は 1801年から 1860年に生
まれた者が 59名と過半数を占めており,19世紀の初頭から前半に生まれた者が多い。100名の
中で 20世紀生まれは 16名,生存者は 9名にすぎない。かつての大富豪達はその壮年期にあたる
19世紀後半から 20世紀初頭に成功して富を築いたことがわかる。
表 2(論文末尾に掲載)は歴代の大富豪上位 50名のリストである。第 1位から第 5位までの
アメリカの富豪と起業家
31
30
25
20
人
数
15
10
5
0
1700年 ~20 ~40 ~60 ~80 1800 ~20 ~40 ~60 ~80 1900 ~20 ~40 ~60年
生年(西暦)
(出所) Kl
e
pperandGunt
her
(1996)により筆者作成。
図 1 アメリカの歴代富豪ベスト 100名の生年別にみた分布
ロックフェラー(石油),ヴァンダービルト(海運・鉄道),アスター(毛皮・土地),ジラード
(銀行),カーネギー(鉄鋼)はいずれも 19世紀の富豪だが,彼らの資産の GNP比率は 1.
54%
(第 1位)から 0.
6%(第 5位)と,21世紀に生存するトップの富豪家であるビル・ゲイツ(対
GDP比率 0.
24%)やウォーレン・バフェット(同 0.
19%)をはるかに上回っている。19世紀の
アメリカは途方もない大富豪を生んだ時代であった。
3 富豪の投資行動
富豪による新興企業投資
アメリカで富豪の新興企業投資が本格的に行われたのは 20世紀の初頭から半ばであるが,こ
の頃に航空,映画,エレクトロニクスの産業が勃興しつつあった。先にみたように,当時は新興
企業に資金を提供する組織はきわめて少なく,起業家は資金源を模索していた。ここで重要な役
割を果たしたのが富豪達である。20世紀初頭の航空機製造会社や航空会社の多くは富豪から資
金支援を受けており,ハリウッドの映画産業も当時は富豪からの資金援助で作品が作られること
が多かった。たとえば,1903年に世界初飛行を実現したライト兄弟は自分達の自転車店の稼ぎ
を初飛行の資金にしたが,その後の開発はキャボット家(ボストンの名家)や,ヴァンダービル
ト家(前述),オーガスト・ベルモント(銀行家),ラッセル・アルジャー(政治家)らの資金に
頼っていたという(6)。
富豪のファミリー投資は,以下に述べるグッゲンハイム家,ロックフェラー家,ホイットニー
家の活動が主だったものである。
32
①
城西大学経営紀要
第 11号
グッゲンハイム家
東部の富豪グッゲンハイム家は,ユダヤ系ドイツ人で 1847年にアメリカに移民したマイヤー・
グッゲンハイム(MeyerGuggenhei
m,18281905)に始まる。マイヤーを家長とするグッゲン
ハイム家の一族はアメリカ西部における銅や亜鉛の採鉱・精錬事業によって巨財を成し,「鉱山
王」と呼ばれるまでになった。
マイヤーの息子であるダニエル・グッゲンハイム(Dani
elGuggenhe
i
m,18561930)は,
1926年に航空産業等の新興企業に投資するために ・
Dani
elGuggenhei
m Fundf
ort
hePr
omot
i
onofAer
onaut
i
cs
・という 250万ドルのファンドを組成した(7)。一個人が各社への投資を行う
仕組みではなく,航空産業の支援を目的に大学・研究機関への資金援助や複数の航空機会社への
投資を行うために設立した投資ヴィークル(8)であった。このファンドからは 1927年にアメリカ
初の航空会社の一つであるウエスタン航空に 15万ドルの融資が行われている(9)。
②
ロックフェラー家
ロックフェラー家のローランス・ロックフェラー(Laur
anceRockef
el
l
er
,19102004)は,
大恐慌の前後から新興企業への投資を始めている。彼は第一次大戦の撃墜王エディ・リッケンバッ
カーが設立したイースタン航空(1926年創業,1991年事業停止)に 1938年に資金提供をしてお
り,また同年に彼はジェームズ・マクダネルの立ち上げたマクダネル・エアクラフト社(1939
年創業,1967年に合併によりマクダネル・ダグラス社,1997年にボーイング社に吸収)支援し
ている(10)。彼はそのほかにアラスカ航空,リアクション・モータースなど,196
0年代までに未
公開のアーリーステージ企業 56社に投資している(11)。ロックフェラー一族は当時ローランスの
ほかにも新興企業投資を行っており,後に述べるように第二次大戦後に一族の投資を再編して会
社組織化され,それが現代のベンチャーキャピタルにつながっている。
③
ホイットニー家
ホイットニー家は 17世紀ニューイングランドの実業界で勃興した名家である。一員のジョン・
ヘイ・ホイットニー(J
ohnHayWhi
t
ney,19041982)は競走馬の馬主として有名な人物であ
るが,1930年代から新興企業への投資に乗り出している。彼は,硫黄鉱山会社のフリーポート・
テキサス社(現フリーポート・マクモラン社,銅・モリブデン生産の資源国際メジャー,1912
年創業)に出資して筆頭株主となり,1933年には会長に就任した。ホイットニーは『風と共に
去りぬ』等のハリウッド映画や,ニューヨークのブロードウェーのショービジネスにも投資を行っ
た。たとえば,彼はテクニカラー(Techni
col
orMot
i
onPi
ct
ur
eCor
por
at
i
on,世界で初めて三
色法カラー映画の実用化に成功した映画技術会社,1914年創業)に従弟と共同で出資し,15%
アメリカの富豪と起業家
33
の株式を取得している。
以上のような富豪達の企業投資は,以下の二つの特徴を持っていた。第一に,彼らの投資は組
織化された機関投資家のそれではなく,自分達と家族の資産運用の一手段として行われたもので
ある。それらの活動には今日のような整備された投資運用組織や独立した個別の会計勘定は存在
しなかったが,将来の収益拡大を見込んで先んじて株式を取得するという「リスクテイカーとし
ての投資手法」と,資金を出した相手の企業をウォッチし同時に成功するように働きかける「投
資先の監視と協働」の機能を持っていたと考えられる。つまり富豪の企業投資は,・
vent
ur
e
(12)
capi
t
al
l
i
kef
unct
i
on・
(ベンチャーキャピタルらしき形態)
であった。
第二に,富豪達の投資は利益追求だけを目的としたものではなく,「利他主義的な色合い」を
持っていた。彼らが大学創設の役割を果たしたことはよく知られている。ヴァンダービルトは
1873年にヴァンダービルト大学を,スタンフォードは 1891年にスタンフォード大学,カーネギー
は 1900年にカーネギー技術学校(現在のカーネギーメロン大学)をそれぞれ設立した。ジョン・
ロックフェラーは 1890年にシカゴ大学,1901年にロックフェラー医学研究センター(現在のロッ
クフェラー大学)を設立した。20世紀初頭当時においては,莫大な財をなした実業家達への批
判は大きく,不平等と不正の象徴のごとく扱われていた。そのなかで富豪達は大学や財団への寄
付を行うことによって大衆との折り合いを模索していた。グプタ(2002)においてピーター・ブ
ルックは,「彼ら(富豪達)には,技術の進歩と営利の追求とが矛盾しないことを世に示したい
という思いがあった。(中略)それゆえに,うまくいくかどうかとか投資回収がどうなるかは度
外視されていた」と語っている(13)。富豪達の新興企業投資には,大なり小なり彼らの社会貢献
の意図が含まれていたと考えることができるだろう。
金融市場の制約と投資の停滞
このように,航空や映画,エレクトロニクスという有望な新興産業に富豪という個人が資金を
提供し支援するというかたちを通じて,今日のベンチャーキャピタルの原型が作られていった。
しかし,それらの投資先が成長して I
POを実現しキャピタルゲインの形で投資資金が高倍率で
回収する現在のベンチャーキャピタルで行われているビジネスモデルはまだ確立していなかった。
当時のアメリカの金融資本は大規模な事業統合とファイナンスに軸足を置き,新興の中小企業は
軽視されていた。19世紀末から 20世紀初頭には,モルガン,ロックフェラー,メロン,クーン・
ローブのような東海岸の巨大金融資本が成長し,金融証券市場は彼らの強い影響下におかれてい
た。南北戦争後にインベストメント・バンク(投資銀行)がニューヨークとボストンに登場し,
建設業や鉄道の再編成と合理化のための金融を支援した。中でもジョン・モルガンが采配をふるっ
たモルガン商会(J
.P.Mor
gan& Company)は,合併会社の合理化や規模と範囲の経済性を完
34
城西大学経営紀要
第 11号
全に実現するために,既存の稼働施設を統合して新鋭工場を建設し,流通網と販売組織を統合す
るために必要な社債や株式を引き受けた。1932年当時,モルガン商会のパートナー達は 89社の
126の取締役を兼任していたという(14)。
1929年 10月に起こった暗黒の木曜日の後,アメリカは未曾有の大恐慌に見舞われたが,1933
年に就任したルーズベルト大統領による初期のニューディ-ル政策は緊急救済策として一定の成
果をあげたとされる。しかし一方では過去に類をみないような統制的な政策であり,証券取引や
企業の監督,累進課税の強化,公共機関による事業推進には実業界から批判が寄せられた。
ルーズベルトは,1935年 6月,連邦議会に租税教書を送り,個人所得・会社所得の累進課税
強化,キャピタルゲイン課税の引き上げなどにより,富の再分配の是正と社会的弱者の福祉を重
視することを求めた。これら一連のルーズベルト政権の高額所得者層や大企業にマイナスの影響
の大きい課税政策は,ニューディール政策全体への反発とあいまって連邦議会で激論と妥協が繰
り返された(15)。この 1930年代から第二次大戦後までの時代は有価証券売買損益への課税税率が
断続的に引き上げられ,また高額給与所得も高い税率が課せられ(図 2),起業家も投資家も事
業で利益を得ることへのインセンティブが働きにくい,アメリカの歴史からみれば珍しい時代で
あった。
税制変更は,投資家の資産選択に影響を及ぼした。富裕層は国債等の安定資産のポートフォリ
オを増やし,新興企業の株式投資のようなリスクを取らないようになった。富豪ファミリーは
1920年代から 30年代初めに新興企業の立ち上げ資金を提供したが,税制が変更された 1935年
以降はこうしたリスク投資への関心が薄れていった。当時の金融界はこれを問題視した。Rei
ner
(1989)によると,アメリカ投資銀行協会の 1939年総会の議長声明において,サンフランシスコ
100
90
長期保有のキャピタルゲイン最高税率(%)
80
給与所得課税の最高税率(%)
70
60
50
40
30
20
10
0
1913 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 70 75 80 85 90 95 2000 05 10
(出所) Ci
t
i
z
ensf
orTaxJ
us
t
i
ce.
図 2 キャピタルゲイン課税・最高税率の歴史的推移
アメリカの富豪と起業家
35
の投資銀行ディーン・ウィッターのジーン・ウィッター(J
eanWi
t
t
er
)は高率課税が投資の阻
害要因となっていると主張した(16)。
・
Noonei
nt
hehi
ghi
ncomet
axbr
acket
si
sgoi
ngt
opr
ovi
det
hevent
ur
ecapi
t
aland
t
aket
her
i
s
kwhi
chnew ent
er
pr
i
s
esandexpans
i
onr
equi
r
e,andt
her
ebyhel
pcr
eat
e
new j
obs
,i
fheavyt
axest
akemos
toft
hepr
of
i
twhent
het
r
ans
act
i
oni
ss
ucces
s
f
ul
.
・
「投資事業が成功しても高い税率がその多くの利益を持ち去ってしまうならば,人々は誰も
ベンチャーキャピタル(17) へ資金を提供しようとしないだろうし,新しい雇用を生み出す新
しい企業や事業拡大に必要なリスクを取ろうとしないだろう」。(筆者訳)
大戦後の投資行動
アメリカは第二次大戦に勝利したが,戦争による軍務と軍需から解放された。新天地で新しい
発想によって開拓者精神を発揮しようとするアメリカらしい時代の空気につつまれ,新たな創業
活動が始まった。大恐慌とニューディ-ル政策のなかで投資を控えていた富豪達は続々と投資を
再開した。この時期に,主だった富豪達は投資活動を個人資産運用の形態から会社組織化してい
る。このような「専門組織の形成」が大戦後の特徴であり,以下で主要な富豪の活動をとりあげ
る。
①
ホイットニー家
戦前に映画などの新興産業に投資を行っていたジョン・ヘイ・ホイットニー(前述)は,戦後
にはその投資を組織化した。ホイットニーは第二次大戦中に空軍に入隊したが,ヨーロッパ戦線
でドイツ軍に捕まりフランスで捕虜収容所生活を送り,その間に投資事業の構想に思いをめぐら
せたという(18)。ホイットニーは 1946年 2月に 1,
000万ドルの出資によってホイットニー社(J
.
H.
Whi
t
ney& Company)を設立した。これが個人の新興企業投資の仕組みを会社組織化した最
初の事例となった。
同社は 5人がパートナーとなったが,その中で経営の采配を振ったのが国務省で顧問弁護士を
していたベノ・シュミット(BennoC.Schmi
dt
,Sr
.
,19131999)である。シュミットは「ベン
チャーキャピタル」という言葉をアメリカで初めてビジネスに使ったと言われる。1920年の全
米投資銀行協会会議に記録があるように(19),この言葉は第二次大戦以前から一部で使われてい
たという。グプタ(2002)によると,ホイットニー社は設立当時 ・
pr
i
vat
ei
nves
t
mentf
i
r
m・
(個人投資事務所)と称していたが,新聞は同社を投資銀行と紹介した。ホイットニーはそう呼
36
城西大学経営紀要
第 11号
ばれるのを嫌って同僚と別の名前を考えていた。同僚の意見をシュミットがまとめて提案した
・
pr
i
vat
event
ur
ecapi
t
ali
nves
t
mentf
i
r
m・という案にホイットニーが賛成したため,以後は
ベンチャーキャピタルの名前を掲げるようになった(20)。
ホイットニー社の投資案件は起業家が立ち上げたベンチャー企業よりも軍需関係の民用転換の
プロジェクトが多かった。最初の投資先はカンザス州の軍需化学工場を地元の起業家が民用転換
して肥料を製造するプロジェクトであった。最も成功した投資先はフロリダ・フーズ社のはじめ
たミニッツ・メイドのジュース事業である。これは,第二次大戦中にアメリカ陸軍の糧食向けに
凍結濃縮方式のジュースを開発したボストンのナショナル・リサーチ社が終戦によって米軍から
の発注がストップしたために,1946年にホイットニー社からの投資資金によって子会社のフロ
リダ・フ-ズ社を独立させた事業である。凍結濃縮ジュースは「ミニッツ・メイド」(Mi
ni
t
e
Made)のブランドで販売し全米でヒット商品となった。その後,同社は 1949年に社名をミニッ
ツ・メイド社に変更し,1960年にはコカコーラ社に売却され,現在はコカコーラによってミニッ
ツ・メイドの名で世界中に販売されるグローバル・ブランドになっている。その後ホイットニー
社は,1980年代にはベンチャーキャピタルから撤退してバイアウト事業に軸足を移し,現在も
コネチカット州を本拠に活動している。
②
ロックフェラー家
前節で述べたロックフェラー家のローレンス・ロックフェラーは,1946年 1月にロックフェ
ラー・ブラザーズ社(Rockef
el
l
erBr
ot
her
s
,I
nc.
,RBI
)を設立して投資事業を組織化し,6人
の兄弟から集めた 150万ドルの資金により新興企業への投資を開始した。ロックフェラー・ブラ
ザーズは社名に I
nc.
がついているように会社組織であったが,資産運用はロックフェラー一族が
コントロールするリミテッド・パートナーシップで運営されており(21),後述する 1959年の GDA
のベンチャー・ファンドよりも十年以上早くするリミテッド・パートナーシップを導入していた
ことになる。また,ロックフェラー・ブラザーズ社はハイテク関連の投資ではなく,ロックフェ
ラー家とワシントンの連邦政府関係者の密接なコネクションを利用して政府関係のプロジェクト
に投資を行ったという。その後ロックフェラー・ブラザーズ社は 1969年にベンロック・アソシ
エイツ(Venr
ockAs
s
oci
at
es
)に改組され,アップルやダブルクリック,3Com,モザイクな
どのベンチャー企業に投資を行った。現在の同社はマサチューセッツ州ケンブリッジ,ニューヨー
ク,カリフォルニア州パロアルトを拠点にベンチャーキャピタル事業を続けている。
③
フィップス家
フィップス家は,ヘンリー・フィップス(Henr
yPhi
pps
,J
r
.
,18391930)によって財を築い
アメリカの富豪と起業家
37
た富豪である。幼少時代にアンドリュー・カーネギーと親友であったフィップスは,彼とともに
カーネギー鉄鋼会社を経営し,第二位の株主となっていた。フィップスはカーネギー鉄鋼会社の
株式をモルガン商会(前述)へ売却することによって莫大な資産を手にし,その後は個人事務所
によってフロリダ州パームビーチの不動産開発事業や慈善活動に従事した。彼は 1907年にカー
ネギーと共にベッセマー・トラスト会社を設立して個人資産の運用を任せ,さらに 1911年には
ベッセマー証券(Bes
s
emerSecur
i
t
i
es
)を設立して新興事業投資や企業買収に乗り出し,第二
次大戦後には他の富豪達と同様に新興企業投資を再開した。その後 1975年にベッセマー証券は
改組され,新設されたベッセマー・ベンチャーパートナーズ(Bes
s
eme
rVent
ur
ePar
t
ner
s
)
がベンチャーキャピタル・ファンドを組成した。同社は現在 20億ドルを超える資産を運用して
いる。
この三つのファミリーのほかにも,富豪の資金によって活動する投資会社がいくつか存在し,
その多くは第二次大戦後から 1960年代の間にかけて新興企業への投資活動を行った。Hs
uand
Kenny(2005)によると,Pays
on& Tr
as
k(ジョン・ヘイ・ホイットニーの姉であるジョアン・
ペイソンの個人資産の運用会社),T.Me
l
l
on& Sons
(ピッツバーグでメロン銀行を営むメロン
家の会社),Wi
l
l
i
am AM Bur
den& Co.
(ヴァンダービルト一族であったウィリアム・バーデ
ンの資産運用会社)のような「個人投資事務所」が活動していたという(22)。ただし,今日の巨
大なベンチャーキャピタルとは異なり,ホイットニー社が 500万ドル,ロックフェラー・ブラザー
ズ社で 150万ドル程度の資金規模で活動していた。しかし当時の新興企業投資の全体規模は現代
とは比べものにならないほど小さく,その中で彼らの活動は強い影響力を持っていた。
富豪とベンチャーキャピタル・ファンド
①
ドレイパー・ゲイザー・アンダーソン社とロックフェラー家
現在ではほとんどのベンチャーキャピタルがリミテッド・パートナーシップ(Li
mi
t
edPar
t
ner
s
hi
p,LPS)を組成して投資活動を行っているが,LPSの仕組みをベンチャーキャピタルに
導入したのがドレイパー・ゲイザー・アンダーソン社(Dr
aper
,Gai
t
herandAnder
s
on,DGA
社)である。ニューヨークの投資銀行幹部や陸軍省次官を歴任した大物ウィリアム・ドレイパー
(Wi
l
l
i
am He
nr
yDr
aperJ
r
.
,18941974)は,1959年にサンフランシスコの法律家ローワン・
t
her
),フレデリック・アンダーソン(Fr
eder
i
ckL.Ander
s
on,J
r
.
)と
ゲイザー(RowanGai
共にカリフォルニア州パロアルトに同社を設立した。彼らはロックフェラー家など富豪一族の資
金を頼り,それらの個人をファンド出資者(リミテッド・パートナー)として,世界で初めてリ
ミテッド・パートナーシップを使ったベンチャーキャピタル・ファンドを組成した。
ドレイパー・ゲイザー・アンダーソン社のファンドは,ドレイパー,ゲイザー,アンダーソン
38
城西大学経営紀要
第 11号
の 3名が運用責任を担うジェネラル・パートナーとなり,ロックフェラー家などの個人投資家と
投資銀行ラザード・フレール(Laz
ar
dFr
er
es& Co.
)がリミテッドパートナーとして出資し,
総額 600万ドルの資金規模でスタートした。このファンドは,Wi
l
s
on(1985)によると,ジェ
ネラル・パートナーの 3人は功成り名遂げた高齢の資産家であり(23),日常のオペレーションや
案件発掘,審査にはタッチしなかった。ファンドを任せた若い投資スタッフの行動は未熟で不的
確なことが多く,ドレイパー・ゲイザー・アンダーソン社のファンドは成功することはなかった。
結局,ファンドの大口出資者であったロックフェラー家が資金を引き上げたために,1967年に
わずか 8年間で解散した。
アメリカのベンチャーキャピタルは,第二次大戦後から 1970年代にかけて,東海岸のボスト
ン周辺部と西海岸カリフォルニア州のサンフランシスコ湾近郊で現代につながる組織が形成され
たが,西海岸でベンチャーファイナンスの組織を立ち上げた投資家は東部出身が多かった。その
背景には,先のウィリアム・ドレイパーはニューヨークのロックフェラー家の出資をもとに動い
ていたし,ベンチャー投資で初めて大成功を収めた者として有名なアーサー・ロック(24)はニュー
ヨークの投資銀行時代の顧客を出資者にしていた。彼らは東部の「金づる」を持って西に移り,
エレクトロニクス産業が勃興しつつあったカリフォルニア州でベンチャーキャピタル事業を始め
たのである。
②
クライナー・パーキンスとヒルマン家
アメリカのベンチャーキャピタルが組織を拡大していく 1970年代から 80年代において,最初
に成功を収めたのはクライナー・パーキンスであった。 クライナー・パーキンス (Kl
ei
ner
Per
ki
ns
,現在のクライナー・パーキンス・コーフィールド・バイヤーズ,略称 KPCB)は,ユー
ジン・クライナー (EugeneKl
ei
ner
, 19232003) とトム・パーキンス (ThomasPer
ki
ns
,
1932)によって 1972年に西海岸に設立されたベンチャーキャピタルである。オーストリア移
民のクライナーはニューヨーク大学で修士を取得し東部で働いていたが,ウィリアム・ショック
レー(1956年にノーベル物理学賞受賞)の誘いによりショックレー半導体研究所(カリフォル
ニア州マウンテンビュー)に入社した。しかし 1957年に彼を含む 8人が研究所への不満からス
ピンアウトしてフェアチャイルド・セミコンダクターを立ち上げた。その後クライナーはフェア
チャイルド社を 1962年に退社し,DGA社にいたトーマス・デービス(前述)の事務所を手伝
うなどをしながら投資事業を始めた。クライナーはデービスの紹介によってピッツバーグの鉄鋼
nr
yHi
l
l
man,1919)から 400
業で財をなした富豪ヒルマン家の子孫ヘンリー・ヒルマン(He
万ドルの出資を得て(25),ヒューレット・パッカードに勤務していたパーキンスと共にクライナー・
パーキンス(KPCB)を立ち上げた。
アメリカの富豪と起業家
39
クライナー・パーキンスはヒルマンらによる総額 800万ドルの資金によって Kl
ei
nerPer
ki
ns
1を 1972年から開始したが,この初回ファンドは時価総額が出資総額の 20倍を超えるという大
成功をおさめた。このファンドの成功により,クライナー・パーキンスは 2回目のファンドで
1,
500万ドル,3回目が 5500万ドルと資金調達額を増やし組織を拡大していった。さらにフラン
ク・コーフィールド,ブルック・バイヤーズをスタッフに加え,1980年代にはジョン・ドーア
やビノド・コースラらが加わり,彼らがサン・マイクロシステムズ,インテュイット,ネットス
ケープ・コミュニケーションズ,アマゾン・ドットコム,グーグル,ユーチューブなどの伝説に
残る大成功を生みだした。クライナー・パーキンスの事業は富豪ヘンリー・ヒルマンのファンド
投資によってささやかに始まったが,現在では超一流のベンチャーキャピタル・ファームという
名声を得るに至った。
4 おわりに
今日の新興企業投資は,もっぱらベンチャーキャピタルが組織的に行っているように見えるけ
れども,昔も今も起業は個人が支援することから始まる。本稿でみたように,アメリカのベンチャー
キャピタルは 1980年代までは未発達であり,当時に新興企業に資金を提供する役割を果たした
のは富豪を中心とした個人投資家であった。多くの起業家を資金面で支えたのは何らかの縁でつ
ながった個人の出資者であり,このような投資の仕組みを組織化しようとする試みが第二次大戦
後にベンチャーキャピタルとして成立し現在に至っている。
富豪等の個人の投資行動は,起業家と投資家が利益とリスクの度合いを勘案しながら共同でリ
スクを負担する「リスクテイカーの仕組み」を持ち,それが発展してきた。また,彼らは投じた
資金が不首尾に終わらないように起業家に報告を求めて事業を監視し牽制し,手段があれば販売
先や仕入れ先などの人脈を紹介するような協働によって事業の成功確率を引き上げようと努めた。
これらは現代のベンチャーファイナンスが持つ「投資先の監視と協働」の役割である。さらには,
富豪の投資は,新興企業向け専門組織の形成によって今日のベンチャーキャピタルにつながって
いくのであるが,この専門組織の形成にも富豪はファンド資金提供というかたちで関わっている。
以上,富豪の新興企業投資を追ってきたが,以下に課題と限界を示しておきたい。第一に現在
残っている史実で捉えきれる富豪による新興企業投資の大半はいわゆる成功案件であり,頓挫し
失敗したプロジェクトの考察が不足している。第二に本研究が視野に入れた地域はアメリカでも
先端的な新興企業が勃興した東海岸のニューイングランドとニューヨーク,そして西海岸のシリ
コンバレーの二つの地域である。したがってアメリカの大半を占める他地域の発展についてはほ
とんど視野に入っていない。アメリカという巨大で多様な産業社会は,新興企業という一部の領
40
城西大学経営紀要
第 11号
域ではあっても一部の富豪の活動だけで決定づけられるものではない。もとより小規模の新興企
業を全方位にわたり考察することは困難ではあるが,これらの項目を今後の課題として示してお
きたい。
〈注〉
( 1) イギリスの歴史家エドワード・チャンセラーは,次のように述べている。
「建国の父の多くは土地投機家であった。ジョージ・ワシントンは西部の土地を買ってミシシッ
ピー会社という会社を設立している。ベンジャミン・フランクリンは 25万平方キロのイリノイ
の土地をめぐる投機に関与した」。チャンセラー(2000),p.
250。
( 2) ここでいう第二次産業革命は 19世紀後半から 1900年頃までにアメリカや西欧で進展した重化学工
業や電気工業の技術革新を指している。
( 3) 石田(2003),pp.
155156。
( 4) Gr
egor
y
(2011),p.
195。
( 5) Kl
epperandGunt
her
(1996),p.
13。
( 6) Rae
(1965),p.
100。
( 7) グッゲンハイムの航空産業への関心は,彼の息子のハリーが操縦士になったことが背景にあったと
いわれている。
( 8) 投資ヴィークルとは,組合,信託,特定目的会社のような集団投資を行うときに用いる組織。
( 9) Kenney
(2011),p.
1683。
(10) Kenney
(2011),p.
1710。
(11) グプタ(2002),pp.
151152。
(12) Rei
ner
(1991),p.
200。
(13) グプタ(2002)
,p.
339による。ピーター・ブルック(Pet
erBr
ooke)はベッセマー証券で富豪フィッ
プス家のベンチャー投資事業を手がけた後,1968年にベンチャーキャピタルの TAアソシエイツを
設立した。
(14) チャーナウ(2005),p.
210。
(15) 河内(2002),pp.
5253。
(16) Rei
ner
(198
9),p.
201。
(17) この演説をしたウィッターは富裕層のベンチャー企業向けの投資を指して「ベンチャーキャピタル」
と表現していたようである。Rei
ner
(1989),p.
201。
(18) グプタ(2002),pp.
133134。
(19) Scar
uf
f
iandRao
(2011),p.
108。
(20) グプタ(2002),p.
136。
) Hs
uandKe
nney
(2005),p.
588。
(21
(22) Hs
uandKenny
(2005),p.
589。
(23) Wi
l
s
on
(1985),p.
34。DGAを設立したウィリアム・ドレイパーは当時 65才であった。
(24) ロックは 1962年にサンフランシスコでトーマス・デイビスと共にデイビス・アンド・ロックを設
立し,ベンチャー投資の世界で初めて大成功を収めた。
(25) Kenny
(2000),p.
112,およびグプタ(2002),pp.
139140。
アメリカの富豪と起業家
41
参考文献
石田太郎『知は力か』文芸社,2003年。
メアリー・オサリヴァン著,森杲訳「合衆国証券市場の展開 18851930年」
『經濟學研究』58
( 1),2008
年 6月,pp.
143179。
小野正人『起業家と投資家の軌跡
アメリカにおけるベンチャーファイナンスの 200年』中央経済社,
2013年。
ウダヤン・グプタ著,楡井浩一訳『アメリカを創ったベンチャー・キャピタリスト
夢を支えた 35人
の軌跡』翔泳社,2002年。
鈴木圭介『アメリカ経済史 2』東京大学出版会,1988年。
エドワード・チャンセラー著,山岡洋一訳『バブルの歴史
チューリップ恐慌からインターネット投機
へ』日経 BP社,2000年。
ロン・チャーナウ著,青木榮一訳『モルガン家(上),(下)』日本経済新聞社,2005年。
野口悠紀雄『アメリカ型成功者の物語』新潮社,2009年。
フランク・ノリス著,八尋昇訳『オクトパス
カリフォルニア物語』彩流社,1983年 12月。原著は,
Nor
r
i
s
,F.
(1901),TheOc
t
opus
:A St
or
yofCal
i
f
or
ni
a.
矢島保男「アメリカの銀行制度
R.S.Sayer
s
,Ame
r
i
canBanki
ngSys
t
em,1948の紹介
」『早稲
田商学』97,pp.
817837,1952年 3月。
Bl
ank S.
(2009),・
TheSecr
etHi
s
t
or
y ofSi
l
i
con Val
l
ey,
・webs
i
t
e.URL=ht
t
p:
//s
t
evebl
ank.
com/
cat
egor
y/s
ecr
et
hi
s
t
or
yof
s
i
l
i
conval
l
ey/
Bygr
ave,
W.
D.
andJ
.
A.
Ti
mmons
(1992),
Ve
nt
ur
eCapi
t
alatt
hec
r
os
s
r
oads
,Har
var
dBus
i
nes
sSchool
Pr
es
s
.
959),Bas
i
cHi
s
t
or
yofAme
r
i
c
anBus
i
ne
s
s
,D.VanNos
t
r
and.
Cochr
an,T.C.
(1
Cr
os
s
,R.B.
(1940),・
Let
t
erf
r
om Ri
char
dB.Cr
os
st
oHowar
dH.Br
own,
・December19,1940.
Cr
ui
ks
hank,
J
.
L(
.2005),
Shapi
ngt
heWave
s
:ahi
s
t
or
yo
fe
nt
r
e
pr
e
ne
ur
s
hi
patHar
var
dBus
i
ne
s
sSc
hool
,
s
.
Har
var
dBus
i
nes
sSchoolPr
es
Dr
aper
,W.H.andS.S.Hughes
(2008),・
Wi
l
l
i
am H.Dr
aper
,I
I
I
:Ear
l
yBayAr
eaVe
nt
ur
eCapi
t
al
i
s
t
s
,
・Bancr
of
tLi
br
ar
yOr
alHi
s
t
or
i
es
,Uni
ver
s
i
t
yofCal
i
f
or
ni
a,Ber
kel
ey.
Edwar
ds
,W.andS.S.Hughes
(2009),・
Wi
l
l
i
am Edwar
dsTr
ans
cr
i
pt
,
・Bancr
of
tLi
br
ar
yOr
alHi
s
t
or
i
e
s
,Uni
ver
s
i
t
yofCal
i
f
or
ni
a,Ber
kel
ey.
Gr
egor
y,
R(
.2011),
TheBos
s
e
sCl
ub:TheCons
pi
r
ac
yThatCaus
e
dt
heJ
ohns
t
ownFl
ood,De
s
t
r
oy
i
ngt
he
I
r
onandSt
e
e
lCapi
t
alofAme
r
i
c
a,Xl
i
br
i
sCor
por
at
i
on.
Hs
u,D.H.andM.Kenney
(2005),・
Or
gani
z
i
ngVent
ur
eCapi
t
al
:TheRi
s
eandDemi
s
eofAme
r
i
can
Res
ear
ch& Devel
opmentCor
por
at
i
on,194
6
・I
ndus
t
r
i
alandCor
por
at
eChange
,14
( 4),pp.
1973,
579616.
Kenny,M.
(2000),Unde
r
s
t
andi
ngSi
l
i
c
onVal
l
e
y:t
heanat
omyofane
nt
r
e
pr
e
ne
ur
i
alr
e
gi
on,St
anf
or
d
Uni
ver
s
i
t
yPr
es
s
.
Kenny,M.
(2011),・
How Vent
ur
eCapi
t
alBecomeaComponentoft
heU.S.Nat
i
onalSys
t
em ofI
nnovat
i
on,
・I
ndus
t
r
i
alandCor
por
at
eChange
,20
( 6),pp.
16771723.
Kl
epper
,M.andR.Gunt
her
(1996),TheWe
al
t
hy100:Fr
om Be
nj
ami
nFr
ankl
i
nt
oBi
l
lGat
e― A
Ranki
ngoft
heRi
c
he
s
tAme
r
i
c
ans
,Pas
tandPr
e
s
e
nt
,Ci
t
adelPr
es
s
.
Mackenz
i
e,C.
(2003),Al
e
xande
rGr
aham Be
l
l
,Kes
s
i
ngerPubCo.
O・
Sul
l
i
van,M.
(2007),・
TheExpans
i
onoft
heU.S.St
ockMar
ket
,18851930:Hi
s
t
or
i
c
alFact
sand
Theor
et
i
calFas
hi
ons
,
・Ent
e
r
pr
i
s
e& Soc
i
e
t
y,vol
.
8,no.
3,pp.
489542.
42
城西大学経営紀要
第 11号
Rei
ner
,M.L.
(1991),・
I
nnovat
i
onandt
heCr
eat
i
onofVent
ur
eCapi
t
alOr
gani
z
at
i
ons
,
・Bus
i
ne
s
sand
1,pp.
200
Ec
onomi
cHi
s
t
or
y,Se
c
ondSe
r
i
e
s
,2
209.
Rei
ner
,
M.
L(
.1989),
・
TheTr
ans
f
or
mat
i
onofVent
ur
eCapi
t
al
:
AHi
s
t
or
yofVent
ur
eCapi
t
alOr
gani
z
at
i
oni
nt
heUni
t
edSt
at
es
,
・Ph.
D.Di
s
s
er
t
at
i
on,Uni
ver
s
i
t
yofCal
i
f
or
ni
a,Ber
kel
ey.
Rock,A.andS.S.Hughes
(2008),・
Ar
t
hurRock:Ear
l
yBayAr
eaVent
ur
eCapi
t
al
i
s
t
s
,
・Bancr
of
t
Li
br
ar
yOr
alHi
s
t
or
i
es
,Uni
ver
s
i
t
yofCal
i
f
or
ni
a,Ber
kel
ey.
i
cat
i
ons
.
RubenB.
(1985),I
nf
or
mat
i
onandBe
havi
or
,Tr
ans
act
i
onPubl
Sel
t
z
er
,
L.
H(
.1973),
Fi
nanc
i
alHi
s
t
or
yo
ft
heAme
r
i
c
anAut
omobi
l
eI
ndus
t
r
y,Augus
t
usM Ke
l
l
eyPubs
.
Scar
uf
f
i
,P.andA.Rao
(2011),A Hi
s
t
or
yo
fSi
l
i
c
onVal
l
e
y,Amaz
onDi
gi
t
alSer
vi
ces
.
Wi
l
s
on,J
.W.
(1985),Thene
w ve
nt
ur
e
s
:I
ns
i
det
hehi
ghs
t
ake
swor
l
do
fve
nt
ur
ec
api
t
al
,Addi
s
onWes
l
ey.
アメリカの富豪と起業家
43
表 2 アメリカの歴代富豪(資産の GNP比率・上位 50名)
順位
氏
名
生年
没年
資産
資産/GNP
資産の GNP
(千ドル)
(倍)
比率(%)
業
種
1
J
ohnD.Rockef
el
l
er
1839
1937
$1,
400,
000
65
1.
54
石油
2
Cor
nel
i
usVander
bi
l
t
1794
1877
$105,
000
87
1.
15
輸送
3
J
ohnJ
acobAs
t
or
1763
1848
$20,
000
107
0.
93
毛皮/土地
4
St
ephenGi
r
ar
d
1750
1831
$7,
500
150
0.
67
銀行業
5
Andr
ew Car
negi
e
1835
1919
$475,
000
166
0.
60
鉄鋼
6
A.T.St
ewar
t
1803
1876
$50,
000
178
0.
56
小売業
7
Fr
eder
i
ckWeyer
haeus
er
1834
1914
$200,
000
182
0.
55
材木
8
J
ayGoul
d
1836
1892
$77,
000
185
0.
54
金融
9
St
ephenVanRens
s
el
aer
1764
1839
$10,
000
194
0.
52
土地相続
10
Mar
s
hal
lFi
el
d
1834
1906
$140,
000
205
0.
49
小売業/土地
11
Henr
yFor
d
1863
1947
$1,
000,
000
231
0.
43
自動車
12
Andr
ew W.Mel
l
on
1855
1937
$350,
000
258
0.
39
銀行業
13
Ri
char
dB.Mel
l
on
1858
1933
$350,
000
258
0.
39
銀行業
14
Sam M.Wal
t
on
1918
1992
$22,
000,
000
275
0.
36
小売業
15
J
amesG.Fai
r
1831
1894
$45,
000
280
0.
36
鉱業
16
Wi
l
l
i
am Wei
ght
man
1813
1904
$80,
000
286
0.
35
化学製品
17
Mos
esTayl
or
1806
1882
$40,
000
286
0.
35
銀行業
18
Rus
s
el
lSage
1816
1906
$100,
000
287
0.
35
金融
19
J
ohnI
.Bl
ai
r
1802
1899
$60,
000
289
0.
35
鉄道
20
Cyr
usCur
t
i
s
1850
1933
$174,
000
320
0.
31
出版
21
Edwar
dHenr
yHar
r
i
man
1848
1909
$100,
000
322
0.
31
鉄道
22
Henr
yH.Roger
s
1840
1909
$100,
000
322
0.
31
石油
23
J
.P.Mor
gan
1837
1913
$119,
000
328
0.
30
金融
24
Col
.Ol
i
verPayne
1839
1917
$178,
000
337
0.
30
油/金融
25
Henr
yC.Fr
i
ck
1849
1919
$225,
000
351
0.
28
鉄鋼
26
Col
l
i
sPot
t
erHunt
i
ngt
on
1821
1900
$50,
000
374
0.
27
鉄道
27
Pet
erA.Wi
dener
1834
1915
$100,
000
387
0.
26
都市輸送
28
J
amesCai
rFl
ood
1826
1888
$30,
000
405
0.
25
鉱業
29
Ni
chol
asLongwor
t
h
1782
1863
$15,
000
411
0.
24
土地
30
Phi
l
i
pDanf
or
t
hAr
mour
1832
1901
$50,
000
413
0.
24
肉加工
31
Bi
l
lGat
es
1955
$15,
000,
000
425
0.
24
ソフトウェア
32
Mar
kHopki
ns
1813
1878
$20,
000
446
0.
22
鉄道
33
Edwar
dCl
ar
k
1810
1882
$25,
000
458
0.
22
ミシン
34
Lel
andSt
anf
or
d
1824
1893
$30,
000
462
0.
22
鉄道
35
Wi
l
l
i
am Rockef
el
l
er
1841
1922
$150,
000
493
0.
20
石油
36
Het
t
yGr
een
1834
1916
$100,
000
498
0.
20
金融
37
J
amesJ
.Hi
l
l
1838
1916
$100,
000
498
0.
20
鉄道
38
El
i
asHas
ketDer
by
1739
1799
$800
515
0.
19
商人/輸送
39
War
r
enBuf
f
et
t
1930
$12,
000,
000
532
0.
19
金融
40
Cl
ausSpr
eckel
s
1828
1908
$50,
000
554
0.
18
砂糖
41
Geor
gePeabody
1795
1869
$16,
000
556
0.
18
金融
42
Char
l
esCr
ocker
1822
1888
$20,
000
608
0.
16
鉄道
43
Wi
l
l
i
am Andr
ewsCl
ar
k
1839
1925
$150,
000
609
0.
16
鉱業
44
Geor
geEas
t
man
1854
1932
$95,
000
611
0.
16
写真撮影
45
Char
l
esTi
f
f
any
1812
1902
$35,
000
616
0.
16
宝石
46
ThomasFor
t
uneRyan
1851
1928
$155,
000
633
0.
16
都市輸送
47
Edwar
dSt
e
phenHar
knes
s
1874
1940
$155,
000
643
0.
16
油(遺産)
48
Henr
yM.Fl
agl
er
1830
1913
$60,
000
651
0.
15
石油/不動産
49
J
amesBuchananDuke
1856
1925
$140,
000
652
0.
15
タバコ
50
I
s
r
aelThor
ndi
ke
1755
1832
$1,
800
674
0.
15
商人/輸送
(出所) Kl
epperandGunt
her
(1996)のデータにより作成。
44
城西大学経営紀要
第 11号
Mi
l
l
i
onai
r
esandEnt
r
epr
eneur
si
nAmer
i
ca:
Vent
ur
eI
nves
t
mentAct
i
vi
t
i
esbyWe
al
t
hyI
ndi
vi
dual
s
i
nt
heEar
l
y20t
hCent
ur
y
Mas
at
oOno
Abs
t
r
act
Thi
spape
rexpl
or
eshow we
al
t
hyAmer
i
cani
ndi
vi
dual
si
nves
t
edanddevel
opedent
r
ei
nes
scr
eat
i
onhavebecome
pr
eneur
si
nt
heear
l
y20t
hcent
ur
y.Smal
lf
i
r
msandnew bus
f
or
cesofdevel
opme
nti
nt
heUni
t
edSt
at
es
.However
,
t
her
ewer
ef
ew f
i
nanci
ali
ns
t
i
t
ut
i
ons
chant
swhocans
uppl
ymoneyt
oe
mer
gi
ngbus
i
nes
s
.TheAme
r
i
can
andor
gani
z
edmer
al
l
y,
ent
r
epr
eneur
sr
el
i
ed on per
s
onalc
onnect
i
on t
han f
i
nanci
ali
ns
t
i
t
ut
i
ons
. Es
peci
weal
t
hyi
ndi
vi
dual
si
nves
t
edt
hei
rper
s
onalmoneyt
ot
heent
r
epr
eneur
s
・new bus
i
nes
sand
ur
es
. TheGuggenhei
ms
,Rockef
el
l
er
s
,Whi
t
neys
t
hei
ndi
vi
dual
sc
ooper
at
ed t
hes
event
wer
enot
abl
ei
nves
t
or
si
npr
i
vat
ecompani
es
.
i
onali
nves
t
ment
sandr
at
i
onalr
ul
es
Moder
nvent
ur
ec
api
t
alf
i
nanci
ngwi
t
hi
ns
t
i
t
ut
we
r
ef
or
me
ddur
i
ngt
he19t
hand20t
hcent
ur
y.Att
hatt
i
meweal
t
hyi
ndi
vi
dual
si
nves
t
ed
l
yt
oent
r
epr
eneur
sandal
s
ot
heycommi
t
t
edt
hei
rmoneyt
ot
hevent
ur
e
t
hei
rmoneydi
r
ect
eneur
s
capi
t
alf
undsasl
i
mi
t
edpar
t
ner
s
.Thi
spapers
howst
hat
(1)manyf
amousent
r
epr
andf
ounder
sofvent
ur
ecapi
t
alf
i
r
msr
ecei
vedi
nves
t
ments
uppor
tf
r
om we
al
t
hyi
ndi
vi
duract
i
vi
t
yandr
el
at
i
ons
hi
pbet
weeni
nves
t
or
s
al
swhoachi
evedgr
eats
ucces
s
es
.
(2)Thei
andent
r
epr
eneur
swasi
nf
l
uent
i
alaxesf
ordevel
opi
ngvent
ur
ec
api
t
alf
i
nanci
ng.
Keywor
ds:bus
i
nes
shi
s
t
or
y,ent
r
epr
eneur
s
hi
p,s
t
ar
t
up,weal
t
hyf
ami
l
y,vent
ur
ecapi
t
al
ダウンロード

アメリカの富豪と起業家