AEによるCFRPの破壊挙動
アコースティックエミッション(AE)によるCFRP破壊挙動の解明
CFRPの破壊は、母材の破壊→はく離→繊維の破断と進行します。上記
の各工程におけるAEの特徴を下記に示します。
母材破壊時のAE挙動
き裂が発生すると、図2(a)に示すように、突発型のAEが発生します。進
行したき裂の進行数とAEの発生数に相関があり、進行したき裂の進
行量は振幅と相関があります。
はく離発生時のAE挙動
はく離が発生すると、母材と繊維が摩擦して、図2(b)に示すように、連続
的にAEが発生します。すなわち持続性の長いAEが発生します。AEの
振幅は、母材の破壊時に発生するAEと比較して大きくなります。
繊維破断時のAE挙動
繊維の破断が発生すると、図2(c)に示すように、突発型のAEが発生しま
す。その振幅は、母材やはく離時に発生するAEと比較して非常に大き
くなります。
各破壊挙動の評価方法
上記のように、CFRPの破壊挙動は発生したAEの振幅および持続時間の
大きさから評価することができます。
振 幅:繊維の破断>はく離>母材の破壊
持続時間:はく離>繊維の破断>母材の破壊
NIPPON
PHYSICAL
ACOUSTICS,LTD.
ダウンロード

CFRP欠損検査