①1999年
日本繊維産業国内総市場の売上比較
呉服・和装品
7,877 億円
紳士服・洋品
3兆2,182 億円
5000円
婦人服・洋品
6兆5,990 億円
子供服
1兆1,082 億円
スポーツウェア市場 7,256億円
その他
1兆6,098 億円
洋服全体の売り上げ
は、約9兆円に対し、
和服の売り上げは、
約7千億円で、洋服
の
約10分の1
しかありません。
和装の品目別構成比(1999)
男子和服
228億円 (2.9%)
婦人和服
4,309億円(54.7%)
婦人帯
1,694億円 (21.5%)
下着・着尺 他
1,646億円 (20.9%)
婦人和服の比率が
圧倒的に多いのに対し、
男子和服は婦人和服
約20分の1
の
でしかなく、特に、子供
の男子和服の売り上
げが下がった。
着物売上シェアリング(1999)
百貨店
1,200億円 (15.2%)
量販店
277億円 (3.5%)
専門店
5,400億円 (68.5%)
その他
1,000億円 (12.8%)
専門店で着物を買う人が
多く、その志向性は昔と
変わらず専門の知識と
センスを持つ人に
「お見立て」
してもらう。
②2001年
日本繊維産業国内総市場の売上比較
呉服・和装品
6,300 億円
市場規模では、
紳士服・洋品
3兆489 億円
以前と変わらず
婦人服・洋品
6兆6,180 億円
スポーツ市場と
子供服
1兆670 億円
スポーツウェア市場 6,632 億円
その他
1兆4,627 億円
あまり変わらない
数字になっており、
最下位に
近い売り上げです。
和装の品目別構成比 (2001)
男子和服
296億円 (4.7%)
婦人和服
3,465億円(55.0%)
婦人帯
1,241億円 (19.7%)
下着・着尺 他 1,298億円 (20.6%)
男子和服が
若干増加の
傾向にある。
甚平やゆかたの
和装ブームの
影響か!?
着物売上シェアリング(2001)
百貨店
650億円 (10.3%)
量販店
140億円 (2.2%)
専門店
4,850億円 (77.0%)
その他
660億円 (10.5%)
デザイン数
の多い
専門店でよりかわいい
ものを求めるためか、
専門店でのシェアが
高まった。
Ⅱアパレル全体における
和服の位置
02w252 三輪 和美
1)年代別売り上げとその内訳
① 1999年
■日本繊維産業国内総市場の売上比較
■和装の品目別構成比
■着物売上シェアリング
② 2001年
■日本繊維産業国内総市場の売上比較
■和装の品目別構成比
■着物売上シェアリング
ダウンロード

パワーポイント