PROGRAMMING IN HASKELL
プログラミングHaskell
Chapter 2 - First Steps
はじめの一歩
愛知県立大学 情報科学部 計算機言語論(山本晋一郎・大久保弘崇、2011年)講義資料
オリジナルは http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html を参照のこと
0
Starting Hugs
 UNIX では、シェルプロンプトから hugs (ghci) を起動する
 Windows では、スタートメニュの Haskell Platformから、
GHCi か WinGHCi を起動する
% hugs
__
__
||
||
||___||
||---||
||
||
||
||
__ __ ____
___
|| || || || ||__
||__|| ||__|| __||
___||
_________________________________________
Hugs 98: Based on the Haskell 98 standard
Copyright (c) 1994-2005
World Wide Web: http://haskell.org/hugs
Bugs: http://hackage.haskell.org/trac/hugs
Version: September 2006 _________________________________________
Haskell 98 mode: Restart with command line option -98 to enable extensions
Type :? for help
Hugs>
% ghci
GHCi, version 6.12.3: http://www.haskell.org/ghc/
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer-gmp ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
Prelude>
:? for help
1
Hugs のプロンプト > は Hugs システムが式を評価で
きることを表す
For example:
> 2+3*4
14
> (2+3)*4
20
> sqrt (3^2 + 4^2)
5.0
2
標準プレリュード
ライブラリファイル Prelude.hs は膨大な数の標準装
備の関数を提供する。+ や * のような数学関数に加
えて、リストに対する有用な関数も多数提供されてい
る。
 空でないリストの先頭要素を取り出す:
> head [1,2,3,4,5]
1
空リストの head は?
> head []
*** Exception: Prelude.head: empty list
3
 空でないリストの先頭要素を除いたリスト:
> tail [1,2,3,4,5]
[2,3,4,5]
 非空リストの(0から) n 番目の要素を返す演算子:
> [1,2,3,4,5] !! 2
3
 リストの先頭 n 個の要素から成る部分リスト:
> take 3 [1,2,3,4,5]
[1,2,3]
4
 リストから先頭 n 個の要素を除いた部分リスト:
> drop 3 [1,2,3,4,5]
[4,5]
 リストの長さ:
> length [1,2,3,4,5]
5
 数値リストの要素の和:
> sum [1,2,3,4,5]
15
5
 数値リストの要素の積:
> product [1,2,3,4,5]
120
 リストの結合:
> [1,2,3] ++ [4,5]
[1,2,3,4,5]
 リストの反転:
> reverse [1,2,3,4,5]
[5,4,3,2,1]
6
リストの復習(Cons 演算子)
 [1] = 1:[]
:
1
[]
 [1,2] = 1:(2:[])
:
1
:
2
[]
 [1,2,3] = 1:(2:(3:[]))
:
:
1
2
:
3
[]
7
関数適用(Function Application)
数学では、関数適用を括弧で、項の連続で乗算を表
現
f(a,b) + c d
関数 f を a と b に適用し、
その結果に c と d の積を足す
8
Haskell では、関数適用は空白で、乗算は * で表現
f a b + c * d
前のシートと同じ、ただし Haskell 記法
9
さらに、関数適用は全ての演算子より結合順位が高い
f a + b
計算順は (f a) + b であって f (a + b) ではない
10
Examples
Mathematics
Haskell
f(x)
f x
f(x,y)
f x y
f(g(x))
f (g x)
f(x,g(y))
f x (g y)
f(x)g(y)
f x * g y
11
Haskell スクリプト
 標準 Prelude で提供される関数と同様に、自分で
新しい関数を定義できる
 関数は定義の並びとしてスクリプトと呼ぶテキストフ
ァイルに記述する
 慣習として、Haskell ソースの拡張子は .hs とする
 強制ではないが、標準に従う方が区別に便利
12
My First Script
Haskell プログラムを書くときには、2 つのウィンドウを
開いておくと便利。一つでプログラムを編集するエディ
タを動かし、もう一つで Hugs を動かす。
エディタを起動し、以下の2 つの関数定義を入力し、
test.hs という名前で保存する:
double x
= x + x
quadruple x = double (double x)
13
エディタを開いたまま、別のウィンドウで以下のコマンド
により Hugs を起動する:
% hugs test.hs
Prelude.hs と test.hs の両方が読込まれているので、
どちらで定義された関数も使える:
> quadruple 10
40
> take (double 2) [1,2,3,4,5,6]
[1,2,3,4]
14
Hugs を開いたままエディタに戻り、以下の定義を追加
して test.hs を上書き保存する:
factorial n = product [1..n]
average ns
= sum ns `div` length ns
Note:
 div は逆クオート([`] 日本語キーボードでは
Shift + @)で囲まれている
 x `f` y は f x y の糖衣構文(syntactic sugar)
15
Hugs はソースファイルが更新されても自動的に検知し
ないので、新しい定義を使うために再読込み命令を実
行する:
> :reload
Reading file "test.hs"
> factorial 10
3628800
> average [1,2,3,4,5]
3
16
命名規則(Naming Requirements)
 関数と引数の名前は小文字で始める
例:
myFun
fun1
arg_2
x’
 慣習として、リスト引数の名前は最後に s をつける
例:
xs は任意のリスト、
xs
ns
nss
ns は数値のリスト、
nss は数値リストのリスト
17
レイアウト規則
定義を並べるとき、(同じレベルの)全ての定義は同じ
カラムにインデントする:
a = 10
b = 20
c = 30
a = 10
b = 20
c = 30
a = 10
b = 20
c = 30
18
レイアウト規則により、定義のグループ化を表すため
の明示的な文法が不必要になる
a = b + c
where
b = 1
c = 2
d = a * 2
暗黙のグループ化
means
a = b + c
where
{b = 1;
c = 2}
d = a * 2
明示的なグループ化
19
役に立つHugs (ghci)コマンド
Command
Meaning
:load name
:reload
:edit name
:edit
:type expr
:?
:quit
load script name
reload current script
edit script name
edit current script
show type of expr
show all commands
quit Hugs
20
まとめ(2章)
 標準ライブラリ Prelude.hs
 数やリストなどの基本的なデータ構造を定義
 関数適用
 数学:
 Haskell:
f(a,b) + c d
f a b + c * d
 関数適用は空白(引数の括弧は不要)
 全ての演算子より高い結合順位(関数適用は重要なので)
 Haskell スクリプトの拡張子は “.hs”
 命名規則
 関数と引数は小文字で始まり、リスト引数は s で終る
 レイアウト規則
 (同じレベルの)全ての定義は同じカラムにインデントする
21
ダウンロード

Click here to get the file