テレビ〜生活の中の映像社会〜
1990年代に入って、ようやく、
効果研究とは別の、
テレビメディア論が台頭してきた。
■テレビというメディアの発明と定着

前史:映像送信への欲望

1920年代の実用化→1950〜60年代アメリカ、欧州、日本で爆発的に普及

日本での普及のきっかけ:

民放テレビ(1953╱NHKと日テレ)の市場戦略=街頭テレビ

皇太子のご成婚(1959.4)
沿道50万人/テレビ1500万人
各局40台で120台のカメラ→クローズアップ/「大衆天皇制」の始まり
1958.4/100万台→1959.4/200万台→1959.10/300万台
テレビとは?
家電としてのテレビ
・電気テクノロジーの家庭内化=モダーン化
(1)ラジオとモダニズム
ラジオは都市のモダニズムの象徴→1920年代に電化製品はあった。で
も、国民全体のアイデンティティではなかった
(2)1950年代に広告に「家庭電化」
「三種の神器」の家電=テレビ・電気冷蔵庫・電気洗濯機
テレビとは?
ナショナルメディア

リビングルームの時間割装置=ナショナルな時間割

1953年頃は昼の放送のみ→1960年代に全日放送

ゴールデンアワー=ナショナルで大衆的な性格をもつプログラム

1961『東芝劇場』、『シャボン玉ホリデー』、『夢で会いましょう』

1963『大河ドラマ』

1960年代、『水戸黄門』、『大岡越前』→国民生活時間の形成

家電としてのテレビ→身体を飼い慣らしていく(馴致)
テレビ視聴の変容:社会的変容

1955〜60:非日常と日常の間

1960〜65:テレビ視聴の定着化 朝のプログラムの確立→50年間

1965〜70:安定化

1970〜:鑑賞・見物的コミュニケーション→対話的コミ・・

〜1985:停滞期:野外レジャー、テレビ批判、VCR

1988〜:回復・堅調期:漠然視聴+対話と裏読み
テレビ視聴の変容:個人的変容

青春期(25歳未満):エンターテインメント系の番組・民放

独身期(25歳以上・有職):青春物

結婚期(子供なし):家族視聴・ニュース・社会教養番組・
真面目な情報番組・ワイドショー

子育て期:結婚期の延長╱視聴時間短い

引退期(60歳以上):個人視聴、NHK、堅めの情報場組
テレビの文法:ワイドショーの形式

有名性を作り出す装置〜生成と消滅の自己完結型システム〜

3つの表現形式

(1)同時多元性

(2)VTR映像

(3)挿話(トピック)の寄せ集め
→リアルのテクノロジー
テレビの文法:クイズ番組の形式

放送ジャンルとしてのクイズ

日本でのタイプ1:知識人解答型

日本でのタイプ2:視聴者解答型 1960年代〜80年代

日本でのタイプ3:タレント解答型

視聴者解答型の衰退→視聴者参加は別の番組へ(例:あいのり)

テレビとクイズ形式の本質的な親和性?
〈問い〉→〈答える〉
ダウンロード

テレビ論