STFにおける縦測定システムの素案
Part 3
•
•
•
•
•
•
•
前回のミーティングの復習
クライオスタットの現状
ポンプを含む真空排気系の現状
全体の見取り図の改訂版
ピット内の配置
放射線シールド
EPICS Record System導入の可能性
2007年4月6日 Kirk
前回のミーティング(3/30)で指摘されたこと
• 制御室への階段は中央に1つだけ設ける
• スタンドの下の空間はクリーンルーム化し、配管接続作業時も
ローカルなクリーンかが行えるように再検討する
• ピット内にコンクリートシールドを設置した後の状況で再度配置
を考える
• クライオスタットは当面1台(L-band、9-cell用)のみとする
• メカブの耐久性を調べる
• 減圧ポンプはさらに選定を重ねる
• 天井シールドは再考する
• ヘリウム回収ラインはデュワー毎に1経路とし、各ポンプヘッド
にはバタフライ弁を設ける
クライオスタットの現状
今週になって以下のことが判明しました。
1. クライオスタットの値段が値上がりしている。
240万円(去年) → 310万円(今週)
2. 納期もかかる。
4カ月
北京オリンピックのあおりを受けてSUSの値段が30%ほど上昇した。
材料が手に入るのに時間がかかるため、納期も自然と遅れることになる。
全長も適当に変更できる。
バルブの位置は適当に変更できるが、
型式は変更できない。
断熱槽の隙間なども適当に変更できる。
クライオの外壁に吊り上げる時のつばを付けられる。
位置は適当に決められる。
内径と全長だけ決まればすぐにでも発注をかけられるが‥‥
減圧ポンプの現状①
これまでに打合せを重ねている業者として、ULVACとR-DECの2社がある。
調査したメーカーとしては、以下のものがある。
ANELVA、DIAVAC、Edwards、大阪真空、PFEIFFER、神港精機、ULVAC(全7社)
この内、数千ℓ/minを維持できて、ヘリウム仕様に変更できるポンプを作っているのは
ULVACだけであった(神港精機は調査中)。
この場合、ロータリーポンプのみでメカブは使わないことになる。
メカブを使わない理由は、測定時の圧力である1000Paがメカブを使う圧力として高い
という理由による。(ULVACの技術者のコメントより)
メカブを使うなら、ULVACよりEdwardsの方が良いように思う。
また、ドライポンプは大気圧では使えないであろうとのコメントもあった。
以上のことから、STFにおける縦測定で使用するポンプはロータリーのみ(ただし複数)とし、
それにオイルミストトラップを付けるというようにしたい(メカブはオプションとする)。
見積もり
ULVAC
納期
排気速度[ℓ/min]
1000Pa
105Pa
重量[kg]
PKS070
200万
3ヶ月
4800
7000
900
VS2401(60Hz)
130万
?
4000
4000
280
3200
3200
騒音も小さいと
思われる
VS2401(50Hz)
※VS2401はインバータを付けることで50→60Hzに変更可
減圧ポンプの現状②
昨日行ったULVACとの打合せでは、リモート制御などのシステム全体についても話し合った。
ULVACの技術担当も来ていたのでSTFの現場を案内し、現状を把握していただいた。
先方が言うには、
①配管系
②制御方式
③施工法
などの仕様を作ってくれれば、適当に考えてみますとのことであった。
要するに、配管工事や制御系の構築などを一切合財引き受けてくれるということ
(応対していて熱意を感じる)
③についてはヘリウムの回収法をはっきりさせておく必要がある。
階段は1箇所で大丈夫か?
2Fは工具箱とか
真空関係のパーツを置く
端子台
クライオスタットをひくためのポンプは
階段の下に設置する
排気ライン
ケーブルラック
天井シールド
様々な物質のRadiation Length (P.D.G.より)
Pb : 0.56[cm]
Fe : 1.76[cm]
Shielding Concrete : 10.7[cm]
端子台
左には2mはいける
排気ライン
ケーブルラック
T.R.T.が出てくる分だけ切りかいて
その周辺は鉛のシールドで覆う。
いろいろな天井シールド①(KEKB加速空洞)
幅2m
隙間は鉛シールドでカバーする
5cmの厚さの鉄板を2枚重ねにして設置している。
いろいろな天井シールド②(KEKB Crab空洞)
5cmの厚さの鉄板を2枚重ねにして設置している。
縦測定のデータ収集システムと
モニターシステムについて
実際のILCではEPICSのようなシステムが導入される可能性が高い。
Linac Groupの古川氏にこの辺りの感触について立ち話をしてみたところ、
ざっくばらんなお話でもしましょうか?と言われました。
我々のモニター系として、National Instrumentsを考えているが、これは組み込めそうか?
ダウンロード

STFにおける縦測定システムの素案