いつもここから音楽を♪
ーLinkingPark(仮称)の設置ー
宇都宮大学 行政学研究室
大橋友梨 加藤大輔 川端さやか 斉藤久恵 中澤浩子
目次
1.問題意識
2.現状分析及び問題点の確認
3.提案
4.結びに
問題意識 宇都宮ジャズの認識の低さ
ジャズのまちであると思う
6%
Yes
27%
No
67%
どちらとも言え
ない
2004(H16)宇都宮市観光動態調査より
現状分析及び問題点の確認
(1)ジャズのまち委員会の活動について
・ライブ等イベント⇒回数が少ない
・ジャズ活動に参加したい市民
⇒ 機会が少ない
気軽さに欠ける
(2)ジャズ関係のお店について
・ジャズのお店⇒主な利用者は常連客
ジャズに触れる機会や場所が
少なく、気軽さに欠ける!
提案
Linking Park(仮称)の設置
宇都宮駅東口地区整備基本計画への導入を目標に
①誰もが無料で気軽に使える
効果:演奏者の発表の場の提供
②時間を問わずいつでも音楽が流れている
効果:ジャズに接する機会の増加
③駅を利用する人がふらっと聴きによれる
効果:駅周辺の活性化、宇都宮ジャズのアピール
具体的な理想イメージ
ーレストランカフェスペース(屋内外)設置ー
・音楽だけを目的としない人でも
立ち寄りやすくなる。
・食事をしながら自然とジャズに
触れることが出来る。
<屋内のイメージ>
・全天候、季節に対応可能
・防音効果あり
☆全面ガラス張り
⇒開放的な空間での演奏
を楽しめる。
⇒中の様子が見えるので、
広島県廿日市
抵抗感なく入りやすい。
美術館併設の喫茶店「カフェ ウッドワン」 より
<屋外のイメージ>
・音の届く範囲が広い
・聴衆を選ばない
・開放感
新宿区飯田橋
キャナルカフェ(Canal Cafe) より
ー2wayジャズスタイルー
昼=音楽のジャンル・レベルを問わない
明るい自由な雰囲気
夜=レベルの高い演奏
落ち着いた大人の雰囲気
ー市民プロデューサーの採用ー
・市民プロデューサーによる統一感の
ある空間作り
・民間人の斬新なアイディアを取り入れる
課題
①騒音問題
⇒近隣住宅への影響
②客層と演奏者の固定化
⇒ジャズの浸透を阻む
⇒広く市民を巻き込んだまちづくりに
ならない
ご清聴ありがとうございました
ダウンロード

パワポ(PowerPoint 181KB)