大腸癌術後地域連携パス
医療者用
患者名 (
)
連携医療機関:
Tel (
)
医師名
病院地域連携室:
Tel (
医師名
)
地域連携パスの概念
•
基幹病院で手術治療をされた患者に対して、連携医と基幹病院の両方
で連絡を取り合い、術後の定期的検診を行っていくために作られた一連
の書式(パス)です。
•
これにより、患者は基幹病院への頻繁な通院が不要となり、通院の不便
さや外来での長い待ち時間からも解放されます。連携医への通院も継続
できます。また、複数の主治医によるサポートを受けられる長所が生ま
れます。
地域連携パスの実際
* 基本的には Stage 0~Ⅲの患者に使用します。
* 処方や採血検査など通常の通院は連携医で行い、半年~1年に一度
の画像検査などは基幹病院で行います。
* 医療者用パス(一覧表)を基に、連携医、基幹病院主治医ともに処
方や検査を行います。
* 各主治医は診察や検査結果を、個々のカルテとは別に、患者用デー
タ記入用紙に転記することにより情報を共有します(通院間隔は自
由ですが、1 ~ 3ヶ月に一度程度の転記をお願いします)。
* 腫瘍マーカーは、術後3年までは最低でも3ヶ月毎の測定をお願いします。
術後3年以降は6ヶ月毎でもかまいません。
* 転記内容は煩雑さを避けるため、必要最小限の項目にしてあります。
これ以外に重要と思われる項目があれば、備考欄にご記入ください。
* 抗癌剤投与の患者では、投与期間中はやや煩雑な記載となっていま
すが、重要な副作用チェックですのでご理解ください。
* 抗癌剤投与の患者が重篤な副作用を惹起した場合は、適宜投薬を中
断、中止してください(詳細は副作用の項目をご参照ください)。
* 病気の再燃を疑う場合(2回以上、腫瘍マーカーが有意に上昇した場
合など)や新たな疾患が発見された場合は、このシステムを中断し
て基幹病院へ通院していただきます。すぐにご連絡ください。
術後経過で特に注意を要する点
*便通異常
術後1年くらいは下痢や便秘、1回でまとまって排便できない、
などの症状が多いものです。症状がひどい場合は適宜投薬をお願
いします。
*腸閉塞
生涯にわたって起こりうるものです。暴飲暴食などが原因となっ
て、排便や排ガスの停止、腹部膨満、腹痛、嘔吐などが起こって
きます。腸閉塞を疑った場合はすぐにご連絡ください。パスを中
断して入院治療を行います。
*腫瘍マーカー
保険診療上、1回/月の腫瘍マーカー測定は認められています。検
査データ記入用紙には毎月記載できるようになっていますが、術
後3年までは最低でも3ヶ月に1回の測定をお願いします(3年
以降は6ヶ月毎の測定でも可)。
有意にマーカーが上昇した場合は、当科を受診させて下さい。
*抗癌剤服用患者について
服用開始2~3ヶ月は当院で経過を見ます。比較的安定した状態
で連携医での投薬へと移行できるかと思いますが、副作用の発現
でお困りのときはいつでもご連絡ください。
患者データ
手術時年齢
*手術年月日 (
年
月
歳、 (男、女)
日)
*術式:
□ 開腹
□ 腹腔鏡補助下
□回盲部切除術、
□結腸部分切除術( □上行結腸、 □肝彎曲部、 □横行結腸、
□脾彎曲部、 □下行結腸)
□結腸右半切除術、□結腸左半切除術、□S状結腸切除術、
□高位前方切除術、□低位前方切除術、 □ハルトマン手術、
□腹会陰式直腸切断術、□その他(
)
*病理学的データ
原発部位: □C, □A, □T, □D, □S, □RS, □Ra, □Rb, □P
組織型 : □pap, □well, □mod, □por, □muc, □sig,
□(
)
深達度 : □pM, □pSM, □pMP, □pSS, □pSE, □pSI(
),
□pA, □pAI(
)
リンパ節 : □pN0, □pN1, □pN2, □pN3
遠隔転移 : □肝、□肺、□腹膜、 □遠隔リンパ節
□その他(
)
ステージ : □0、 □Ⅰ、□Ⅱ、 □ Ⅲa、 □Ⅲb、 □Ⅳ
*術後の抗癌剤投与
□あり、 □なし
大腸癌の術後補助化学療法について
<方法>
以下の方法が大腸癌治療ガイドラインで推奨されています。
①UFTとLV(ロイコボリン:商品名ユーゼル錠、またはロイコボリン錠)を
6ヶ月間服用する方法
結腸癌にも直腸癌にも有効
②カペシタビン(商品名ゼローダ)を6ヶ月間服用する方法
結腸癌に対して有効
③UFTを1年間内服する方法
直腸癌に対して有効
*この他にも注射薬を用いた方法が推奨されていますが、連携パス症
例で補助化学療法が必要な場合は内服による方法のみとします。
<対象>
* 主にStage Ⅲの大腸癌に有効性が示されています。
* Stage Ⅱでも、リンパ節郭清個数が12個未満、T4症例、穿孔例、組織
型が低分化であるなどの再発リスクが高いと考えられる場合は、主治医
とよく相談の上で補助化学療法を行うこともありますが、有効性は不明です。
いずれの抗癌剤も、他の抗癌剤との併用は禁忌です。ご注意くださ
い。
1 UFT+LV 療法
<服用方法>
全大腸癌に有効であると認められています。
*UFT-E顆粒(100mg, 150mg, 200mg)あるいはUFTカプセル(100mg, 200mg) を
決められた量だけ1日3回服用。同時にユーゼル錠(25mg)またはロイコボリン錠
(25mg)を1錠ずつ1日3回服用します。
*両薬剤とも1日3回、8時間ごと(食前後1時間はさける)に服用します。
*4週間服用後、1週間休薬。これを5クール(約6ヶ月間)続けます。
<副作用>
下痢、口内炎、色素沈着(指や顔が黒くなる)、吐き気、食欲低下、白血球減少(血
液検査でチェック)などがあります。症状が強い場合は、服薬の中止や延期、薬の
変更を行います。詳細は副作用の項をご参照ください。
<費用>
UFT (100mg) 1カプセル
296円
ユーゼル( 25mg) またはロイコボリン(25mg) 1錠
2218円
UFTを 一日600mg と ユーゼルまたはロイコボリン服用の場合
1日
1コース
5コース
UFT
1,774
49,672
248,360
ユーゼル または
ロイコボリン
6,654
186,312
931,560
合計
8,428
235,984
1,179,920
3割負担
353,976
端数切捨て
(円)
2 カペシタビン(ゼローダ)療法
<服用方法>
結腸癌に有効性が証明されています。
*ゼローダ(1錠300mg)を決められた量だけ1日2回、朝食後と夕食後30分以内に
服用します。
*14日間服用し、その後7日間休薬します。これを1コースとして、8コース(約6ヶ
月間)繰り返します。
*手足症候群防止のため、ビタミンB6(ピドキサール)を服用することが有効である
という報告があります。
<副作用>
*手足症候群(手足がチクチク痛む、赤く腫れる、ひび割れる)が有名。
*下痢、吐き気、口内炎、白血球減少など
<費用>
*ゼローダ(300mg)1錠 354円
*薬の量は体表面積によって決定されます。
*体表面積1.75m2(身長170cm,体重65kg)の場合
ゼローダ
1日
1コース(3週間)
8コース(6ヶ月)
3割負担
4,956
69,404
555,232
166,570
端数切捨て (円)
3 UFT単剤療法
<服用方法>
補助療法として直腸癌にのみ有効性が証明されています。
*UFT-E顆粒(100mg, 150mg, 200mg)あるいはUFTカプセル(100mg, 200mg) を
決められた量だけ1日2回服用します。
*5日間服用後、2日間休薬 (月曜ー金曜に服用、土日に休薬が覚え易い)。
*12ヶ月続けます。
<副作用>
UFT+LVと基本的には同様ですが、程度、頻度が低くなります。
<費用>
UFT
1カ月
12ヶ月
500mg
薬価
3割負担
30,820
9,246
薬価
3割負担
369,840
110,952
600mg
薬価
3割負担
36,984
11,095
薬価
3割負担
443,808
133,142
端数切捨て (円)
データ記入用紙の記載方法
患者用パスの中にあるデータ記入用紙は、以下の番号説明を参照して記載してく
ださい。また、バイタルサインの項目は適宜記載で結構です。
PS (Performance Status)
0
無症状で社会活動ができ、制限なく発病前と同等にふるまえる。
1
軽度の症状があり肉体労働は制限を受けるが、事務や家事は可能。
2
歩行や身の回りのことはできるが軽労働は不可。日中の50%以上は起居。
3
身の回りのことにしばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床。
4
身の回りのことに常に介助が必要で、終日就床している。
症状の発現状況の記載
Grade
0
1
2
3
4
食欲不振
なし
食欲低下
経口栄養剤
が必要
体重減少、栄
養失調あり
生命を脅か
す
悪心・嘔吐
なし
1回/日の嘔吐
2-5回/日の
嘔吐
6回/日以上
の嘔吐
生命を脅か
す
下痢
なし
排便回数増加、 4-6回/日の
3回/日以下
排便
7回/日以上
の排便
生命を脅か
す
口内炎
なし
紅斑
斑状潰瘍、ま
たは偽膜
わずかな外
傷で出血
壊死、自然
出血
倦怠感
なし
軽い疲労
日常生活の
一部が困難
日常生活に
支障あり
活動不能
色素沈着
なし
軽度、限局し
た色素沈着
顕著、全身性
の色素沈着
服薬状況の記載
0
100%服用
1
ほぼ服用
2
半分以下の服用
休薬、減量の目安
*前述したように副作用には下痢、口内炎、色素沈着、嘔吐、食欲低下、白血
球減少(3000以下)などがあります。
*以下のいずれかが認められた場合、基幹病院地域医療連携室へすぐにご連絡く
ださい。
休薬を考慮する値、症状
白血球減少
3000/mm3未満
好中球減少
1500/mm3未満
血小板減少
10万/mm3未満
総ビリルビン
(ULN×2)mg/dl 以上
AST,ALT
(ULN×2)IU/l 以上
クレアチニン
ULN mg/dl 以上
下痢
治療前に比べ4回以上の排便
回数の増加または夜間排便
前ページの
Grade 2以上
疼痛がある紅斑、浮腫、潰瘍、
前ページの
Grade 2以上
24時間あたり2回以上の嘔吐
前ページの
Grade 2以上
経口摂取量の著明な減少
前ページの
Grade 2以上
口内炎
嘔吐
悪心、食欲不振
ULN:施設基準値上限
ステージの決定
•
壁深達度
(大腸の内腔)
M
SM
MP
SS (A)
SE, SI (AI)
粘膜
粘膜筋板
固有筋層
漿膜
(大腸の外側)
①,②は早期癌
④: 漿膜がない部分ではA, ⑤: 漿膜がない部分ではAI
•
リンパ節転移
N0: リンパ節転移を認めない。
N1: 腸管傍リンパ節と中間リンパ節の転移総数が3個以下。
N2: 腸管傍リンパ節と中間リンパ節の転移総数が4個以上。
N3: 主リンパ節または側方リンパ節に転移を認める。
•
遠隔転移
肝転移: 程度により H1-H3まで。
腹膜播種: 程度により P1-3まで。
その他の遠隔転移: あれば M1
ステージと治療成績
H0, P0, M0
N0
M
0
SM, MP
Ⅰ
H1-3, P1-3, M1
N1
N2, N3
M1(リンパ節)
Ⅲa
Ⅲb
Ⅳ
SS, A
SE
Ⅱ
SI, AI
大腸癌取り扱い規約第7版(金原出版)より
ステージ別、部位別累積5年生存率(%)
0
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲa
Ⅲb
Ⅳ
Total
C
90.2
86.7
81.4
69.3
59.5
9.8
63.7
A
96.3
90.9
83.7
73.9
57.3
14.2
68.3
T
94.5
89.1
82.6
70.1
60.1
9.6
67.8
D
94.7
90.3
82.8
70.9
57.8
18.5
73.4
S
95.2
91.4
84.5
81.4
67.4
16.6
75.0
Rs
95.4
94.6
79.2
71.2
58.1
11.6
69.3
Ra
94.2
93.1
77.7
69.5
53.7
9.8
68.8
Rb
92.2
87.3
75.2
60.6
43.7
12.3
66.9
P
91.3
92.2
78.9
43.7
47.0
10.2
59.7
全部位
94.3
90.6
81.2
71.4
56.0
13.2
69.9
C: 盲腸、 A: 上行結腸、 T: 横行結腸、 D: 下行結腸、 S: S状結腸、
Rs: 直腸S状部、 Ra: 上部直腸、 Rb: 下部直腸、 P: 肛門管
大腸癌治療ガイドライン2009年版(金原出版)より抜粋
ダウンロード

大腸がん術後地域連携パス:医療者用資料