総合目録ネットワーク研修会
1.ゆにかねっとの研修デモ
⇒ システムを効率的に利用するためのポイント
2.ゆにかねっとの機能説明
⇒ 書誌データ登録機能を中心とした運用に関する注意点
3.意見交換
⇒ 総合目録ネットワーク事業について
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
ゆにかねっとの機能説明
※書誌データ登録機能を中心とした
運用に関する注意点
国立国会図書館 関西館
図書館協力課
志村 努
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
1
目的

書誌データ登録機能の概要
① 提供方法の概要
② 総合目録共通フォーマット
③ 同定の仕組み

日常の運用における確認点
データの登録処理時のメール通知
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
2
構成

はじめに

1.ゆにかねっとへのデータの流れ

2.新規提供・全件入替

3.同定処理とメール通知

4.その他のポイント
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
3
はじめに
ーゆにかねっとへのデータ提供とは?ー
目的
県域を越える公共図書館間の相互協力(相互貸借等)
に資するための総合目録DBの構築
データ提供
都道府県立・政令市中央図書館の所蔵資料(和図書)の
書誌データを所定のフォーマットに変換してシステムに登
録
定常作業
所蔵資料の新規・更新・削除を反映
(新規・更新・削除情報をシステムに登録)
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
4
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(1)概要
検索機能(詳細)
相互貸借支援
データ提供館
参加館
書誌データ
参加館
総合目録DB
データ提供館
書誌データ
書誌データ
インターネット
全国書誌
データ提供館
検索機能(一般)
利用者
NDL
データ提供種別
データ
形式
同定処理
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
5
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(2)データ提供種別
初期登録
和図書の書誌データを参加館の
図書館システムから全件抽出し、登録
※送付前後に当館との調整が必要
更新処理
新規受入・更新・除籍した資料に
ついて、差分データとして抽出し、登録
※送付後は自動的に登録処理
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
6
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(3)データ形式1
参加館書誌
フォーマット変換
参加館書誌
統合書誌DB
フォーマット変換
各図書館システムのフォーマットから
総合目録共通フォーマットへの変換
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
7
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(3)データ形式2
–配布資料1参照–
総合目録共通フォーマット
JAPAN/MARCに準拠した構造・項目

構成
● 書誌データ
・
・
・
・
識別ブロック
記述ブロック
アクセス・ポイント・ブロック
その他のブロック
● 所蔵ローカルデータ
※ フォーマットの版:第2版(H10~)、第3版(H16~)
<http://somoku.ndl.go.jp/info.html#format>
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
8
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(3)データ形式3
–配布資料1参照–
変換ミスの例

13桁のISBNが13桁で抽出されていない


MARC番号種別の指定間違い


[090A][001][JLA]
[090B][001][78024685]
←正しくはJP
刊行年の変換間違い


[010A][001][978-4-540-070] ←正しくは13桁
[100A][001][ [198
](半角) ←正しくは1983
[270D][001][[1983]](全角)
アクセスポイント未収録

基本書誌番号 12060344 ←551B(タイトル)が未収録
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
9
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(4)書誌データの統合1
ない
参加館書誌
比較処理
基本
書誌
同じ資
料が?
基本
書誌
ある
書誌データの統合
参加館
書誌
参加館
書誌
 比較処理をして、
・同じ書誌がなければ、基本書誌として登録
・同じ書誌が見つかれば、基本書誌に関連付けをして登録
※全国書誌のレコードは必ず基本書誌となる
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
10
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(4)書誌データの統合2
比較処理の概要
書誌データ中の下記データ項目を同定キー
にして比較(同定処理フローチャート)

<http://somoku.ndl.go.jp/info_argo.html>
ユニークキーマッチング
① JP番号 ② MARC番号 ③ ISBN・出版年・巻号
文字列マッチング
④ 書名・出版者・その他項目の組み合わせ
同定された書誌が持つ別のMARC番号も同
定キーとし、後発の書誌と比較

平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
11
1.ゆにかねっとへのデータの流れ
(4)書誌データの統合3
機械同定処理の欠点
① 「書誌割れ」の発生
各データ提供館の書誌データ作成ルールの違いにより
発生(商用MARCからのコピーカタロギング分を含む)
書誌割れの発生例:
国会図書館: 京都へでかけよう. 2009 (昭文社)
他の図書館: 京都へでかけよう. ’09 (昭文社)
② 誤同定が発生した場合に、発見が難しい
(システムは自動的に登録)
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
12
2.新規提供・全件入替
(1)必要となる作業
–マニュアル別綴 P.23–
① サンプル書誌データの抽出・検証
・抽出データの共通フォーマットへの変換・送付(提供館側)
・送付されたデータの検証(国会図書館側)
② 全件書誌データの抽出・検証
・①と同様の作業
・問題なければデータ登録開始
③ 差分更新データの抽出・検証
・①と同様の作業
④ 差分更新データ転送テスト
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
運用開始
13
2.新規提供・全件入替
(2)データの全件入替
–マニュアル別綴 P.42, 43–
全件入替とは
総目システムに登録されていた書誌データ全件を
削除して、新たに全件登録
※新規提供とは若干異なる手順(FTPかhttp-getで転送)
全件入替が必要となる場合
図書館システムの更新で、資料管理ID
の番号体系の変更がある場合など
コントロール番号
1
システム更新
※ゆにかねっとでの参加館書誌データの管理
⇒各書誌データのコントロール番号(資料管理ID番号などの
一意の番号)をキーにして管理
コントロール番号
11
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
14
3.同定処理とメール通知
(1)データ送付とメール通知
–マニュアル別綴 P.34–
ゆにかねっと
データ提供館
②処理結果の通知
同定処理
図書館システ
ム
書誌データ
①データ受領通
参加館
知
書誌データ
基本
書誌
フォーマット変換
データ送付
参加館
書誌
参加館
書誌
データ抽出
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
15
3.同定処理とメール通知
(2)データ送付方法
–マニュアル別綴 P.29, 34–
データの送付方法とメール通知のタイミング

FTP転送方式
データ提供館
FTP転送
(送って頂く)
ゆにかねっと
① 1日に複数ファイルの送付が可能
② 転送されたデータは、PM10:00に取り込み
③ 取り込んだタイミングで、ゆにかねっとからメール通知

http-get方式
データ提供館
http-get
(取りに行く)
ゆにかねっと
① 1日に転送できるのは1ファイル(管理機能から転送予約)
② PM10:00にデータを取得し、システムに取り込み
③ 取り込んだタイミングで、ゆにかねっとからメール通知
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
16
3.同定処理とメール通知
(3)同定処理の流れ
–マニュアル別綴 P.36–
同定処理の流れ
① PM8:00から処理を開始(原則的にはデータ転送の翌日)
② 定められた図書館順に処理
※ 各図書館ごとに処理できるファイルは1日1ファイル
※ 1日に処理できる総件数には上限(150,000件)
処理結果のメール通知
① 処理が終了したタイミングでメール通知
② 通知内容は、エラーの有無・データの内訳(新規
登録・更新・削除)など
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
17
3.同定処理とメール通知
(4) 送付から処理まで
データ取込(FTP)
データ受信(FTP)
9/1
–マニュアル別綴 P.36–
9/2
同定処理
9/4
9/3
データ①
データ②
データ③
データ④
22:00
22:00
転送予約
20:00
20:00
データ取込(http-get)
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
18
3.同定処理とメール通知
(5)日々の確認点

–マニュアル別綴 P.34, 35–
データ送付について
・ メール通知の確認(送付した日のPM10:00)

更新処理について
・ 更新処理結果メール通知の確認
(データが処理されるのは送付した翌日以降)
メール通知は、同じものがNDLの総合目録ネットワーク
担当にも届き、日々確認を行っています。不明な点は
お気軽にお問合せください。
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
19
3.同定処理とメール通知
参考
データ転送頻度(
2 0 0 8 年)
年1 回以下,1 .2 %
週2 回以上,2 .4 %
週1 回~,9 .2 %
年数回~,1 5 .3 %
週2 回以上
週1 回~
月2 回~
月1 回~
年数回~
年1 回以下
月2 回~,1 1 .2 %
月1 回~,1 1 .2 %
平成21年度 国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
20
4.その他のポイント
–①はマニュアル別綴6章参照–
① 登録された書誌データの削除
⇒管理機能から1件単位で削除が可能
(非公開措置等で、至急削除が必要な場合など)
② データ提供に関する相談(技術面)について
⇒データ提供館担当者、図書館システム担当SE、
NDL総目担当者の3者でやりとりさせていただ
い
て構いません。お気軽にご相談ください。
===
「ゆにかねっとの機能説明」については、以上です。
平成21年度
国立国会図書館総合目録ネットワーク研修会
21
ダウンロード

PowerPointファイル