伏見中学校
個人の能力を最大限に伸ばすことができるところ
社会に通用する人間づくりをするところ
生き生きした生徒が集う学校
めざす生徒像
夢を持ち、夢を育てることが出来る生徒
学習に真剣に取り組む生徒
思いやりの心がある生徒
心身を鍛える生徒
教育目標
めざす学校像
子どもの居場所がある学校
安心して通える学校
信頼と誇りを持てる学校
開かれた学校
心豊かに共に生きよう
知・徳・体・地域連携
2つの大きな流れ(学校の開き方)
地域連携の推進
子どもを「保護者」「学校」と「地域」で
育てていこう。
小中一貫事業(27年完全実施)
子どもを「小学校」「中学校」が協力して育て
ていこう。
地域連携
地域連携では双方のボランティア
Win winの事業お互いがプラスになる
西大寺夏祭りの準備
幼稚園に出向き保育の実習
あやめ池文化祭の出品
ギターマンドリンの高齢者集への参加
20才を祝う会
地域の伝統文化を知る取り込み
長い歴史を通じて培われてきた伝統文化を継承する
・共通の課題の洗い出し
学習状況調査から読み取れる共通の課題
学習 「図書館の利用」「新聞記事を読む」
「家の人から言われなくても進んで学習する」
に課題がある
。
生活
「地域行事への参加」「夜は時間を決めて寝ている」
「朝食を家の人と一緒に食べる」に課題がある。
課題解決のための
共通で取り組める改善策を考える
実施する
子どもの実態(共通の課題)
全国との差
の大きい順
自分から
学校評価全質問の平均
肯定
否定
生徒
76
24
保護者
79
21
教員
86
14
中学校
否定的な意見の高い順
否定的な意見の高い順
生徒
保護者
生徒が思っているほど保護者が思っていない
。
生徒
保護者
保護者が思っているほど生徒は思っていない
。
知、徳、体、地域連携
総括を進めながら
課題を明らかにし
来年度に生かしていきたい。
ダウンロード

第3回「響」 [1516KB pptファイル]