新専門医制度下の形成外科領域
研修プログラム作成に関する説明会
朝戸裕貴(獨協医科大学形成外科)
日本専門医機構形成外科領域
専門医委員会・研修委員会
新専門医制度開始のタイムスケジュール
2015年 8-9月 アンケート集計
10月 学会理事会から基幹施設に対してプログラム作成を要請
10-12月 各基幹施設がプログラムを作成
2016年
1月 形成外科領域研修委員会においてプログラム審査
2月 学会理事会承認を経て日本専門医機構にプログラム提出
3月 機構の研修プログラム評価・認定部門においてプログラム
を審査、認定
4月 臨床研修2年目の医師に対してプログラムを公開
10月 臨床研修2年目の医師が第一希望研修先を機構に提出
11-12月 内定発表、希望が通らなかった医師に対して再募集
2017年
4月 新専門医制度による専門研修開始
専門研修施設群の認定
• ひとつの専門研修基幹施設がいくつかの専門研修連携施設
をまとめて研修プログラムの作成、実施に責任を持つ。
• 基幹施設での研修は最低1年必要。
• 基幹施設にプログラム統括責任者をおく。
• 1名の指導医が指導する専攻医は各学年1名とする。
連携
基幹
連
携
連
携
基幹
連
携
連
携
連
携
基幹
連
携
連
携
現行施設制度と新研修施設制度
専門研修基幹施設
認定施設
指導医2名以上
311施設
教育関連施設
教育関連施設美容外科
A
専門研修連携施設
B
指導医1名以上
173施設
その他の施設
研修連携候補施設
(学会認定)
学会認定専門医が生まれる当面の間は2種類の施設制度
が並存する
専門研修指導医の要件
• 学会専門医が領域専門医に移行するまでの暫定期間(2021年3
月までの期間)においては、
– 形成外科専門医の資格を有し、1回以上更新を行ったもの
– 日本専門医機構の認定する指導者講習会を受講しているもの
• 暫定期間後は、形成外科領域指導医制度に定める形成外科領域
指導医(複数の分野指導医・特定分野指導医資格を持つもの)が
専門研修指導医となる。
各基幹施設が作成する研修プログラム
• 「形成外科領域研修プログラム整備基準」にしたがって、各
基幹施設が作成
• 現在形成外科領域モデル研修プログラムについて機構が審
査中
• 「研修プログラム冊子」と「申請書類」から成る
• 研修プログラムを公開して専攻医を公募
• 研修プログラムに明示するもの
– 募集専攻医数(定員)
– 教育資源(施設群内の指導医数と症例数)
– 給与等の待遇面についても記載してよい
雇用可能な人数が重要
配布資料P1
配布資料P1
3か月~1年が適切とされている
配布資料P2
医育機関が基幹施設となることを肯定
ただし入局という言葉は使用しない
配布資料P2
離れた地方の連携施設もOK
配布資料P3
配布資料P3
分数で可、1/2、1/4、3/4など
配布資料P4
配布資料P5
定員が少なくても、できるだけすべ
ての地域にプログラムを配置したい
配布資料P5
配布資料P6
配布資料P6
配布資料P7
各プログラムの定員に対する考え方
• 一人の指導医が年間に指導できる専攻医は各学年1名まで
とする。
• 4年のうち最低1年は当該基幹施設における研修を行う。
→プログラムの年間定員上限(症例数は必須)
– その基幹施設自体で雇用できる専攻医数の枠内
– 施設群全体で雇用できる専攻医数の4分の1以内
例: D医科大学プログラム
• 基幹施設
– D医科大学病院(指導医3名、指導医前の専門医4名、専攻医枠6名)
• 連携施設
– D医科大学K病院(指導医2名、指導医前の専門医1名、専攻医枠3
名)
– N病院(指導医3/4名、専攻医枠3/4名)
• 地域医療研修施設
– A病院(地域中核病院)(指導医前の専門医1名、専攻医枠2名)
– D医科大学N医療センター(指導医前の専門医1名、専攻医枠1名)
• 専攻医総枠12(+3/4)名、年間3名の定員
– 「4年のうち2年間はD医科大学病院にて研修」「1年間間地域医療研
修を行う」のプログラムが作成可能
– 地域医療研修以外の期間で症例数をクリアする必要あり
例: T大学プログラム
• 基幹施設
– T大学附属病院(指導医3名、指導医前の専門医6名、専攻医
枠8名)
• 連携施設
– 合計15施設(各施設に指導医各1名以上、専攻医総枠数24)
• 専攻医総枠32名、年間8名の定員
– 「4年のうち1年間のみT大学病院にて研修」のプログラムが作
成可能
– 連携施設のうち一部の病院をはずして、地域医療研修のため
の施設とする
• たとえば2つの施設(専攻医各1)を地域医療研修施設として3か月ご
とに専攻医が交代するローテーションにする
• 地域医療研修以外の期間で症例数をクリアする必要あり
例: X総合病院プログラム
• 基幹施設
– X総合病院(指導医2名、指導医前の専門医1名、専攻医
枠3名)
• 連携施設
– Y病院(指導医1名、専攻医枠1名)地域医療研修
– Z大学病院(研究生としてリサーチマインド涵養)
• 専攻医総枠4名、年間1名の定員
– 「4年のうち3年間X総合病院にて研修」のプログラムが作
成可能
– 基幹施設のみで症例数をクリアする必要あり(年間900
例)
申請書類の書式について
ダウンロード

PPt. - 日本形成外科学会