建築家の材料選定
教会建築
2班
伊藤、稲垣
上村、浦山
聖アンデレ教会礼拝堂
歴史ある木造の教会堂の改築
信徒たちは、祈りの
繰り返された古い
建物とその場所を
尊重している…
それを新しい形に
おいてとらえ直す
ことが、建築家の
務めだ!
施主の要望
ここは大きな道路
に面しているから…
内部空間を守ると
共に、町を行く人を
招き入れる新しい
表情が必要だ!
立地条件
そして、私は
ロマネスク建
築が好き。
「建築家の仕事とはどういうものか」
香山壽夫 /王国社 1999
より
設計者の嗜好
コンクリート
浸透性撥水剤塗装
仕上げ
ライムストーン
t=20
水磨き仕上げ
ロマネスク風のファサードには…
新しく、穏やかな表情をもつ
ファサード
石造で重厚な壁面の
ロマネスク建築を再現
日本キリスト教団九段教会
ストイックな精神性
靖国神社の目の前
キリスト教が本来
持つストイックな
精神・荘厳さを現
代から未来に受け
継ぐにふさわしい
形態
外には開けない
立地条件
現代宗教は禁欲な
精神を好む
ゴルゴダの丘の
イメージで
施主の要望
RC打ち放しは現代
をよく表す
田淵 諭
社会的背景
コンクリート
化粧打ち放し
防水コーティング剤塗布
ストイックな精神を表すには…
無表情な
ファサード
無欲な精神をコンクリートの
マスで表現
東京キリストの教会
光 都市との共存
渋谷区
山手通り沿い
厳しい
日影規制
多くの信者が
集まれる場
できるだけ大きな
礼拝堂
立地条件
開かれた教会
教会の歴史は
常に光と闇が
問い交わす空
間のあり方に
ついて歴史で
あったと考える
施主の要望
槇 文彦
設計者の嗜好
外部:ペアガラス(クリアガラス
セラミック焼付)
内部:ペアガラス(クリアガラス
ガラスティシュ)
間:フィーデンディール
トラス(スチール)
花崗岩
ビシャンたたき仕上げ
大きな障子のような
ファサードで空間の存在を呈示
自然光のあふれる礼拝堂
刻々と変わる光面の表情
コンクリート打ち放し
杉板枠及びパネコート型枠
木のように見せ
コンクリートでありながら
やわらかさを出す
内部の木の素材
ガラスの障子
を反映
東京カテドラル聖マリア大聖堂
20世紀を象徴する教会
シェルを使って
ダイナミックな空
間を作りたい!
象徴的に。
外部は、曲面を利
用した光の反射を。
内部は荘厳な雰
囲気にしよう。
設計者の嗜好
丘の上の広大な敷地
教区の中心となる
カテドラル
立地条件
シェルが
流行っていた!
時代的背景
ステンレススチールモー
ルディング張り
ステンドグラス
HPシェルを強調する
光を反射する曲面
象徴的な外観
コンクリート打ち放し
化粧大理石
ダイナミックで
荘厳な雰囲気
上部からの光が印象的
まとめ
■教会の外装材は、その教会の性質によっ
て二分される。
・閉じた教会
・開いた教会
■設計者の嗜好や、教会に対する考え方が、
形だけでなく素材にも表れていた。
ダウンロード

聖アンデレ教会礼拝堂