生活と文化 Ⅰ
民族と宗教の視点から
太田達也
「ドイツ」とは




Deutschland = deutsch + Land
deutschの語源:theodisca lingua
「民衆の言語」
「ドイツ語」 → 「ドイツ語を話す人々」 →
「ドイツ語を話す人々の住む地域」
「ドイツ」 ≠ すべてのドイツ語民族を
包括する国家
ドイツ語とは
インド=ヨーロッパ語族
イタリック語派
ゲルマン語派
スラブ語派
東ゲルマン語系 西ゲルマン語系 北ゲルマン語系
英語
オランダ語
ドイツ語
「ドイツ」の歴史的変遷







神聖ローマ帝国(962-1806)
ドイツ連邦(1815-1866)
ドイツ帝国(1871-1918)
ワイマール共和国(1919-1933)
ナチス「第三帝国」(1933-1945)
東西ドイツ(1949-1990)
再統一後のドイツ(1990-)
多元化する「ドイツ人」

マジョリティーのいわゆる「ドイツ人」
→ ドイツ国籍
土着の少数者
→ ドイツ国籍

移住者

帰還者

難民

→ 一定の条件を満たせば、ドイツ国籍
取得可能
→ 国籍法改正以前から、ドイツ国籍
取得可能
→ 認定されれば、 ドイツ国籍取得可能
シリー連邦内務大臣の発言

「今回の国籍法改正によりドイツにおける国民の概
念が現実に近いものとなる。国民という概念が民族
的均質性に依拠するとの考えは、過去に我々が犯
してきた妄想である。ことに我々ドイツ人は、社会的
まとまりが共通の言語や地理的な境界、あるいは統
一的な宗教だけでは決して達成できないことをよく
知っている。開かれた現実的な国民の概念は、平
和的に共存しつつ共同で未来を建設していこうとす
る意志、さらに自由な社会の基本である諸価値への
忠誠に立脚しなければならない。その意味で新国籍
法は、異なる文化の、豊かで平和的な共存の基礎
となる。」
ドイツの歴史における宗教
現代ドイツを理解するための3つのポイント

キリスト教世界の保護者としての国王

宗教改革と領邦教会制

ワイマール憲法で保障された特権
現代ドイツ国家と宗教


政教分離
- 国教、国教会はない
さまざまな「特権」
- 教会財産の保障
- 補助金の交付
- 教会税の徴収
- 宗教上の祝日を祭日とすること
- 宗教教育
ドイツの中の宗教





キリスト教
- カトリック教会(旧教)
- プロテスタント教会(福音主義教会、新教)
- その他のキリスト教
イスラム教
ユダヤ教
仏教
新宗教集団
カトリックとプロテスタント
カトリック
司祭、神父(妻帯不可)
神父は神と個人の仲介者
教会は祈りの場
聖書以外の教典も
懺悔あり
聖母マリア信仰
プロテスタント
牧師(妻帯可、女性も)
牧師は聖書を説く教師
神は個人とともに
聖書のみ
懺悔なし
マリアは人間
地域別にみた教会員の数
「あなたはいかなる宗教集団に属していますか?」
(1992年の調査)
カトリック教会
福音派州教会
その他の集団
無所属
旧西独国民
42.3 %
41.7 %
3.6 %
12.3 %
旧東独国民
4.3 %
27.3 %
2.0 %
66.3 %
教会離脱者数の推移
300000
250000
200000
カトリック
プロテスタント
150000
100000
50000
0
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
キリスト教と市民生活





信仰と礼拝
通過儀礼
- 出生、結婚、出産、死
年中行事
- 祝祭日
社会奉仕活動
- 病院、福祉施設、地域活動、市民運動など
生活習慣
キリスト教の祝祭







聖ニコラウス祭
待降節
降誕節(クリスマス)
公現日
謝肉祭
復活祭
聖霊降臨祭
など
スカーフ論争

ドイツの公立学校で、イスラム教のスカーフを
教師が着用してよいか

連邦憲法裁判所の判決:「法的な根拠さえあれ
ば、各州は教員のスカーフ着用を禁止できる」
→ 法整備をするかどうかは、各州の判断に
ラウ大統領の発言
「スカーフ禁止は信教の自由に反するものだ。
それは、宗教的シンボルを公の生活から一
切排除する世俗主義的国家への第一歩であ
る。私はそれを望まない。」
ドイツ福音主義教会代表
フーバーの発言
「キリスト教的なものにせよ他宗教のものにせ
よ、宗教的シンボルを公共の場から追放すべ
きではない。ドイツではキリスト教以外の宗教
にも敬意を持つべきだ。」
参考文献









加藤雅彦・麻生健・木村直司・古池好・高木浩子・辻通男(編)「事
典 現代のドイツ」大修館書店 1998年
渡辺重範(編)「ドイツハンドブック」早稲田大学出版部 1997年
在間進・河合節子・山川和彦(編)「現代ドイツ情報ハンドブック
[改訂版]」三修社 2003年
大西健夫・U.リンス(編)「ドイツの社会 民族の伝統とその構造」
早稲田大学出版部 1992年
連邦政府「ドイツの実情」ソシエテーツ出版 2000年
浅川千尋(編)「知の扉 新しいドイツへ」晃洋書房 1999年
早川東三・工藤幹巳(編著)「ドイツを知るための60章」明石書店
2001年
阿部謹也「物語 ドイツの歴史」中公新書 1998年
木村靖二(編)「ドイツの歴史 新ヨーロッパ中心国の軌跡」有斐閣
アルマ 2000年
ダウンロード

スライド(Microsoft PowerPoint 形式)