南アフリカオランダ改革派教会
のエイズに対する取り組み
日本キリスト改革派教会
大会執事活動委員会
今回の訪問の目的
①南アフリカのエイズの状況を理解すること
②教会が何を貢献できるかを知るため
エイズの名前
AIDS(後天性免疫不全症候群)
Acquired Immuno Deficiency Syndrome
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)
Human Immuno deficiency Virus
感染経路
①性感染
②血液感染
③母子感染
2005年
サハラ砂漠以南
アフリカの状況
世界の状況
HIV
感染者数
4030万人
2580万人
新規
感染者数
490万人
320万人
死亡者数
310万人
240万人
2005年WHOの統計より
ボツワナ
プレトリア
ヨハネスブルグ
ナミビア
ウープスタッド
ブルームフォンテン
ボチャベロ
レソト
南アフリカ共和国
ポートエリザベス
インド洋
ブルームフォンテンでのエイズ会議
2006年8月16日(水)
エイズのプロジェクト(JAM)
JAM(Joint AIDS Mission)
JOINTの意味
・ファミリー教会間での協力
・ミッション委員会と執事活動委員会との協力
JAMの目的
①JAMを通して、国内教会に対してエイズへの
取り組みを示し、助けていく
②国内外を問わず、同じ目的をもつ人々と
連帯していく
JAMのプロジェクト
①貧困・孤児・養子縁組の世話
②老人医療(18の施設がある)
③若者・子供たちを助ける(衣食住/教育)
日本キリスト改革派教会が
貢献できる可能性について
①経済的支援の継続
②人的交流
③施設運営
日本キリスト改革派教会
大会執事活動委員会
2006年10月11日
ダウンロード

パワーポイント・ファイルをダウンロードする