ヨーロッパ人の
東アジア進出
15世紀後半~16世紀
ヨーロッパ諸国は世界へ
進出した
=大航海時代
① ポルトガル
喜望峰航路でアジアへ進出
アジアでの根拠地
ゴア(インド)
マラッカ(マレーシア)
マカオ (中国)根拠地
現
在
の
マ
カ
オ
キ
リ
ス
ト
教
教
会
砲
台
マカオタワーから見た市街地
1543年8月
ポルトガル人を
乗せた中国人倭寇の船が
日本の 種子島 に漂着
→鉄砲伝来
平戸へ来航(1550)
→貿易開始
平
戸
港
の
風
景
平戸港 遠くに見えるのは平戸城
ポルトガル船入港の地
平戸オランダ商館跡
②スペイン(=イスパニア)
根拠地 マニラ(フィリピン)
・平戸に来航
→貿易開始(1584)
平
戸
港
日本人は
ポルトガル人や
スペイン人のことを
南蛮人 とよんだ
鉄砲伝来
①種子島時堯
が鉄砲を
2挺購入
(1543)
種西
子之
島表
時市
堯
問1:島主種子島時堯が
ポルトガル人から2丁の鉄砲
を2000両で購入しますが,
現在の貨幣価値(米価が基準)
で換算するとどのくらい?
①5百万円
②1千万円
③2億円
問1 解答:
③ 2億円
米価から計算した金一両の価値は,
江戸初期で10万円,中~後期で3~
5万円,幕末頃には3~4千円になり
ます。 江戸時代初期と同じ価値だと
仮定すると,2億円と推定されます。
(参考)日本銀行金融研究所貨幣博物館
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_faq.htm#question1
種子島へ鉄砲の
製作技術が伝来したこと
≠
= 偶然のできごと
鉄門
砲倉
伝岬
来
の
碑
→
種子島から他の地域に
鉄砲の製造法が広がった 理
由
ことには理由がある
潮漂①
船流流種
ののし子
漂存た島
着在船周
が が辺
多 流の
か れ潮
っ 着流
た
理由②砂鉄が採れた
門倉岬の周辺をはじめ,
砂鉄がとれる砂浜が種子島
には多く存在した
鍛以 理
冶前 由
のよ ③
技り 製
術砂 鉄
が鉄 ・
鍛
発を
冶
達利
技
し用
てす 術
いる の
た製 存
在
西之表市 鉄匠八板金兵衛清定像 鉄
問2:1543年は種子島にポル
トガル人が漂着したとされる年
ですが,当時の種子島の島主
種子島時堯はこのとき何歳
だったでしょうか?
① 16歳
② 26歳
③ 36歳
問2 解答:
① 16歳
種子島時堯は年若く好奇心旺盛
だったため,鉄砲の威力を見て
即座に2000両の大金を支払い鉄砲
二挺を購入したといわれています。
→家臣に使用法・製造法
を学ばせた
→鉄砲製作技術の伝播
鉄砲の国産化
近江国=国友 和泉国=堺
紀伊国=根来
国友
堺
根来
種子島
②戦法の変化
騎馬隊
→足軽鉄砲隊
ダウンロード

パワーポイント