備後断酒友の会
「お酒を止めたい、やめ続けたい」というご本人・
ご家族が集い、思いを語り合い、アルコール依存症の理
解を深めると共に気持ちを整理する場です。
断酒会の原則は「自分の気持ちを話す。仲間の話を聴
く」ということ。お互いの批評はしません。
健康、生活、社会・・・。様々な側面から、断酒生活を見
つめ、一人一人により合った克服の方法を、仲間と共に
探ってゆきます。
断酒が出来ない辛さを同じ気持ちの仲間に話してみま
せんか?家族の酒害に悩んでいるご家族は、中々話せ
ない胸の内を言葉にしてみませんか?
これからお酒とどう向き合って行く事が出来るのか一
緒に考えていきましょう!
当会は、昭和42年7月に「禁酒更正会」と
して発足しました。翌年「備後断酒友の会」と
改称し、馬屋原病院 (現在の光の丘病院) を
拠点に活動をしてきました。
昭和58年に広島県精神保健協会の表彰、
平成10年に広島県知事の表彰、平成14年に
厚生労働大臣の感謝状を受けました。
平成14年より地域生活支援センターひだま
りへ拠点を移し、平成24年7月に創立45周年
を迎え、記念例会を開催しました。
機関誌 (月刊)は通巻445号(平成26年3
月現在)発行しています。
月例会(第2日曜日) 講師紹介
眞野元四郎(まのもとしろう)先生
馬屋原病院(現・光の丘病院)初代ソーシャルワーカーとして就任。
馬屋原大輔院長(当時)とともに、備後断酒友の会設立に尽力する。
大阪府保健所、精神衛生相談所、福井県立大学教授を歴任し、
現在福井大学名誉教授、関西学院大学・同大学院非常勤講師、
ヒューマンライフサポート・ネスト代表
①断酒例会は宝の山!通い続けるとその宝はいつか見つか
る!
②自分では飲酒がコントロールできない病気と分かり、断酒会に
救いを求め助かり、酒びたりの生活から抜け出せました。
③例会出席 1日断酒で 今生きる歓び
④自分や家族に朝からお酒を飲んでいる、または日々の飲酒量
が
増加したという方はいませんか?まずはアルコール依存症がど
ん
な病気か理解し、講師の話しを聞くだけでも悩みから開放され
ま
すよ。
4月 4・18・25(金)
13(日)
10月 3・17・24・31(金)
5月 2・16・23・30(金)
11(日)
11月 14・21・28(金)
6月 13・20・27(金)
8(日)
12月 5・19・26(金)
7月 11・18・25(金)
6(日)
1月 2・16・23・30(金)
12(日)
9(日)
14(日)
11(日)
8月 1・15・22・29(金)
10 (日)
2月 13・20・27(金)
8(日)
9月 5・19・26(金)
14(日)
3月 13・20・27(金)
8(日)
月例会(日曜日)13:30~15:30 眞野講師をはじめ、精神保健福祉士等 緑誠会スタッフが参加します。
金曜例会(金曜日)13:30~14:30 精神保健福祉士等 緑誠会スタッフが参加します。
精神保健センターえきや にて行ないます。
会の趣旨に賛同していただける方は、どなたでも入
会できます。事務局に入会申込み書をご提出くださ
い。(年度更新制)
ひとり 1ヶ月 500円当会の運営費(全国・県組織
経費、資料代、機関紙発送代、お茶代、事務経費
など)に充当します。断酒大会、行事等の参加費は
別途実費負担となります。
精神保健センターえきや
デイケア棟
新館
本館
例会会場・問い合せ先(備後断酒友の会事務局)
医療法人社団緑誠会 精神保健センターえきや
地域生活支援センターひだまり
〒720-1147 福山市駅家町向永谷304-1
電話 084-977-1200
ダウンロード

月例会(第2日曜日) 講師紹介