日
本
の
結
婚
式
この前、中国の有名な
俳優——「大S」の結婚式
を行いました。彼女は結
婚式の計画が日本のウ
エディング会社 を頼み
ました。そして、先日の
東日本大震災のために
祝儀は全部日本に援助
すると承諾しました。
ウエディング会社 :婚庆公司
祝儀(しゅうぎ):结婚礼金
承諾(しょうだく):承诺、约定
日本の結婚式の種類
神前結婚式
(しんぜん)
キリスト教式結婚式
仏前結婚式
(ぶつぜん)
人前結婚式
(じんぜん)
神前結婚式
結婚式自体の規模は小さくて、普通は花嫁花婿と親族だけが
出席します。昔は神社で行なわれましたが最近はホテルや結
婚式場にも神前結婚式をするための場所があります。結婚式
は日本で大きいビジネスです。
由来は明治33年に行われた、皇太子嘉仁(後の大正天皇)と公爵
九条道孝の四女節子の結婚式が宮中の賢所で行われたのが始ま
りと言われています。このスタイルが庶民の間に普及して今のよう
になりました。神殿の前で結婚を神に誓い、三三九度の杯を交わし、
玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。式に列席するのは、両親、
兄弟、おじ、おばくらいまでの親族に限られています。
白無垢(しろむく)とは、神前挙式の場合に着る白い花嫁衣裳。打掛、
掛下(打掛の下に着る着物)、帯、足袋、小物など、全てを白一色で
揃える。 角隠しまたは綿帽子を被る。
1
2
3
4
5
練帽子(ねりぼうし)
打掛 (うちかけ)
間着(あいぎ)
帯(おび)
抱(かか)え帯
[腰 帯]
6 箱迫(はこせこ)
7 扇子 (せんす)
1、親族入場
両家の親族が入場、神座に向かって右側が新郎側、左側に新婦側に
なります。次に新郎新婦と媒酌人が入場して神座に向かって右が新
郎、左が新婦、媒酌人は新郎の後ろ、媒酌人婦人は新婦の後ろに座
ります。最後に神主が入場です。
2、修祓の儀
身を清めるためのお祓い
3、祝詞奏上
斎主とともに一同神前に向かって一礼
4、三献の儀
新郎新婦が交互にお神酒を飲み交わす三三九度の杯の儀です
5、誓詞奏上
神前に結婚を誓う儀式、新郎が誓詞を読み上げる
6、玉串奉奠
新郎新婦が玉串を捧げる儀式、二礼二拍手一礼
7、指輪の儀
新郎新婦が指輪を交換する儀式
8、親族杯の儀
神前に玉串を捧げ、二礼二拍手一礼
9、退場
斎主、新郎新婦、媒酌人、親族の順で退場
神前結婚式の席次例
キリスト教式の結婚式は、神とたくさんの人の前で結婚
を誓うもので、今では結婚式をあげるカップルの約6割
がこのキリスト教式で挙式をあげています。
教会で行う場合は、どちらかが信者でなくては式をあ
げれません。
しかし、事前に行う結婚講座を受ければ式をあげれま
すので、確認する必要があるでしょう。
ホテルなどにも最近は礼拝の施設ができており、信者
でなくても式をあげれますので、キリスト教式を希望す
る場合はそちらの方を多く利用されているようです。
式の流れ
①入場
式の開始でウェディングマーチが演奏、新郎が媒酌人と入場、
続いて新 婦が父親とともに入場。
②賛美歌斉唱
新郎新婦が聖壇の前にそろったところで、一同で起立したまま賛
美歌を
歌います。
③聖書朗読と祈祷
牧師が聖書の一節を朗読して祈りを捧げる、神の教えと結婚
の意義について諭され、新郎新婦に励ましの言葉が贈られます。
④誓約
神と証人の前で、結婚を誓う儀式です。
⑤指輪交換
結婚の誓いのしるしとして、指輪を交換します。
⑥祈祷、宣言
牧師が二人に神の祝福があるようにと祈ります。
⑦賛美歌・証明書への署名
全員が賛美歌を歌い、新郎新婦が婚姻届に署名します。
⑧退場
キリスト教式結婚式の席次例
阿弥陀如来やご先祖さまに、二人が出会えたこと
に感謝し、結婚を報告します。
仏教の教えでは、結婚は前世からの因縁によるも
のとされていますので、その仏恩に添うように来世まで
の結びつきを誓う形で行なわれます。
仏前結婚式は、先祖代々の墓のある菩提寺か同
じ宗派の寺院で行います。大きな寺院では、挙式だけ
でなく披露宴まで行なう設備を整えているところもあり、
宗派に関係なく結婚式を行なってくれます。
式の流れ
①入堂
新郎新婦の両親、親族は指示に従って堂内に入り着席
します、新郎は媒酌人と右の入り口から入り、新婦は媒酌人
夫人と左の入り口から入ります。
②啓白文朗読
司婚者(僧侶)が焼香、合掌礼拝。司婚者が仏さまに結
婚を報告する啓白文を読み上げます。
③念珠授与
仏前に供えられている念珠が新郎新婦に授けられます。
④司婚の辞
仏前に結婚を誓う儀式です。
⑤新郎新婦焼香
新郎新婦が焼香を行います。
⑥式杯・親族杯の儀
神前結婚式の三三九度にあたる儀式です。仏式では
新婦から先に口をつけます。
⑦司婚者法話
司婚者からお祝いと励ましの言葉を頂きます。
⑧退堂
仏前結婚式の席次例
人前結婚式は、神仏ではなく友人知人、親戚の前で結婚の誓
いを交わすもので、昔からのしきたりにとらわれたくないという
考えから行われます。
形式に決まりはないため、中高年の親類などは、違和感を感
じる場合もありますので、式の趣旨を説明する必要があるかも
しれません。
式の中では、新郎新婦の紹介から始まり、誓約書を
読み上げて、婚姻届への捺印、ワインなどで乾杯して、
指輪の交換などをします。
その後祝辞やスピーチをしてもらうなどが普通です。
しかし、式の流れはきちんと計画して行うことが大
切なので専門の会社に依頼した方がより安心できます。
日本は、今、結婚式の中で、神前式を撰んた人は一
番多いです。神前式は50%を占めて、キリスト教式結
婚式は40%をしめします。他の種類は、10%をしめし
ます。だから、日本はまた伝統的な結婚式が人気があ
ると思います。
10%
50%
40%
神前式
クリスト教式
その他
感想
つい最近まで、女性の結婚適齢期は20歳から25歳の間だと
言われ、数年後、私たちもその年齢になります。ちょっとこわいで
すね。
今はいろいろな結婚式があります,その中で、どんな結婚式
を選びますか。私なら、キリスト教式結婚式を選びますね。とてもロ
マチックでしょう。
でも、結婚しないで、働く女性が増えてきた。しゃかいのなかで働く
喜(よろこ)びうを知った女性たちは、結婚を『永久就職』などとみな
さなくなったと言うことだろうか。この若い女性の独身志向が、社会
を変えつつある。しかし、私たちは、女として、結婚して、子供がい
て、それは女性の幸せだと思います。
家族がいますから、愛を感じで人がもっと寛容(かんよう)にな
ると考えます。
子供におかげで、両親の苦労をもっと知て人を大事になると思い
ます。
ですから、ひとはやはり一度結婚したほうがいいと思います。
郑淑慧08151002
张珊妹08151002
08五专商日1班
ダウンロード

キリスト教式結婚式の席次例