MOT勉強会
(2007/04/26)
大阪大学工学研究科
ビジネスエンジニアリング
専攻
座古研究室 修士2年
Agenda
1. イノベーターのジレンマとは
2. ハードディスク業界における破壊
~繰り返される破壊を記録する~
3. バリューネットワーク
4. イノベーターのジレンマに陥る意志決
定
5. 掘削機業界における破壊
~破壊のショベルは油圧で動く~
6. ディスカッション
7. スケジュール
イノベーターのジレンマ
• 持続的イノベーション(sustaining innovation)
–
–
既存製品のパフォーマンスを高める技術革新
変化の起こりかたの激しさは関係ない(≠ブレイクスルー型イノ
ベーション)
ex. HDの記録密度,アクセスタイム,コスト/MB
• 破壊的イノベーション(disruptive innovation)
– 既存製品の性能を引き下げる技術(少なくとも短期的に)
– 主流製品に比べ,低価格,シンプル,使い勝手が良い場合が
多い
– 今までに無い特性を提供する新しい製品アーキテクチャを持
つ
ex. HDの容積,重量,耐久性
– 破壊のイノベーションには2種類ある(ローエンド,新市
場)
ハードディスクドライブ業界
• 14インチ
→メインフレーム
• 8インチ
→ミニコン
• 5.25インチ
→デスクトップ
• 3.5インチ
→ポータブルパソコン5.25インチの企業の35%のみ
• 2.5インチ
→ノートパソコン
• 1.8インチ
→携帯用心臓モニター装置
14インチHD企業は全て撤退
8インチの主力企業1社のみ
製品アーキテクチャ,
バリューネットワークに変化無
ハードディスクドライブ業界
• 14インチ
→メインフレーム
• 8インチ
→ミニコン
小型化
• 5.25インチ
→デスクトップ
小型化
• 3.5インチ
→ポータブルパソコン 小型化,耐久性,省電力
• 2.5インチ
→ノートパソコン
• 1.8インチ
→携帯用心臓モニター装置
小型化
バリューネットワーク
同じバリューネットワーク内の企業は
•
•
•
•
•
価値判定基準 (記録密度or容積)
コスト構造 (利益率)
能力,組織構造,企業文化
生産量,量産に至るまでの生産量増加の勾配
製品開発サイクルの周期,顧客とそのニーズを見極める
組織的コンセンサス
は同じ場合が多い
意志決定の流れ
1.
破壊的技術は,まず既存企業で開発される
2.
マーケティング担当者が主要顧客に意見を求める
3.
実績ある企業が持続的技術の開発速度を上げる
4.
新会社が設立され,試行錯誤の末,破壊的技術の市場が
形成される
5.
新規参入企業が上位市場へと移行する
6.
実績ある企業が顧客基盤を守るために遅れて参入する
掘削機業界の破壊
• 蒸気エンジン→ガソリンエンジン
ベーション
–
–
動力をアップするブレークスルー型イノベーション
大きな製品アーキテクチャの変化はなかった
• ケーブル式→油圧式
ベーション
–
–
–
持続的イノ
破壊的イノ
バケット容量(一回ですくえる容量)は下がった
掘削機を小型化でき,小回りが効くようになった
→住宅工事などの狭いスペースの作業で利用
ハイブリッド型はうまくいかなかった
ディスカッション
分からないところ,疑問なところ
• 遅れて大企業が参入して何故失敗しているのか
– 松下はソニーの後追いで成功している
ディスカッション
分からないところ,疑問なところ
• なぜ,3.5インチ→2.5インチでは破壊が起きなかったのか
• トヨタのハイブリッド車はうまくいっているのは何故か
– 掘削機業界との違い
– 電気自動車が破壊的な技術ではない?
– ハイブリッドすることで向上した性能は?
スケジュール
5月
6月
7月
第
6
回
勉
強
会
第
7
回
勉
強
会
4
,
5
,
6
章
7
,
8
,
9
章
電
気
自
動
車
章
?
イ
ノ
ベ
シ
ョ
ン
の
収
益
化
?
事
例
研
究
第
8
回
勉
強
会
第
9
回
勉
強
会
第
10
回
勉
強
会
10月
第
11
回
勉
強
会
第
12
回
勉
強
会
発
表
会
ア
ウ
ト
プ
ッ
ト
)
第
5
回
勉
強
会
9月
(
第
4
回
勉
強
会
ー
第
3
回
勉
強
会
8月
ダウンロード

「mot070426」をダウンロード