み
へび
巳(蛇)にまつわる民話
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
むかしむかし、ある村の役人のところに、
はるばる京の都から清滝姫(きよたきひめ)と
いう美しい娘が嫁入(よめい)りして来ました。
清滝姫は新しい生活に慣れてくると、すで
に亡くなっている両親を供養(くよう)する為
(ため)に、村に立派(りっぱ)な
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
1
なお寺を建てました。
ところが、お寺の完成が近づいて来ると、
村の南東の方角からお寺に向かってエノキ
の小枝が飛んで来る様になったのです。
「これは何か、悪い事が起こる前ぶれではな
いか?」
村人たちは気味が悪いので、都から有名
な占い師を呼び寄せて占って貰(もら)いまし
た。
すると、
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
2
「これは南東の方角にあたる、染井(そめい)
の峰(みね)の仕業(しわざ)である。染井の峰
のこの寺にエノキの小枝を投げつけるの
じゃ。染井の峰は、ここに寺が出来るのをよ
く思わず、こんな悪さをしておるのじゃろう」
と、言うのです。
そして占い師は、お寺にエノキの木を植え
ればよいとつけくわえました。
村人たちは占い師が言葉通りに染井の峰
からエノキの木を持って来て、境内(け
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
3
けいだい)に植えました。
すると、おかしな騒ぎも治まって、お寺は立
派に完成したのです。
それから長い年月が過ぎて、清滝姫が建
てたお寺は朽(く)ち果ててしまいましたが、そ
のお寺の跡地(あとち)で不思議な事がお
こったのです。
お寺の跡地の近くの高台に畑を作ってい
た村のお百姓(ひゃくしょう)が、大角豆(ささ
げ)というマメをまいたところ、
4
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
とてもたくさんの収穫(しゅうかく)があ
りました。
お百姓は喜んで取り入れをすると、このマ
メを煮(に)て食べる為(ため)にサヤをむきま
した。
するとむいた後に捨てたサヤがもぞもぞと
動き出して、何十匹もの金色のヘビになった
のです。
「な、な、なんじゃ。これは?」
お百姓は、ビックリです。 お百姓は急いで
袋(ふくろ)にヘビを詰め込むと、
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
5
マメをとれた畑へ持って行って土の中に
埋めてしまいました。
後から調べたところ、畑のある高台は清滝
姫のお墓(はか)があったところで、あのヘビ
は清滝姫を守っていたという事です。
おしまい
福娘童話集許可転載<http://hukumusume.com/douwa/>
ヘビになったマメのサヤ(千葉県)
6
ダウンロード

ヘビになったマメのサヤ