基本的人権
河野亮介
基本的人権には・・・
・平等権(14条)
・自由権 ・身体・生命の自由
・精神の自由
・経済活動の自由
・社会権 ・生存権(25条)
・教育を受ける権利(26条)
・勤労の権利(27,28条)
基本的人権には・・・
権利を守るための権利
・参政権(選挙権、被選挙権)
・裁判を受ける権利
・請願権
・国家賠償請求権
・刑事補償請求権
基本的人権には・・・
新しく認められた権利
・ 知る権利(主権者として国地方の政
治について)
・プライバシーを守る権利
・環境権(健康な生活をするもとにな
る)
基本的人権とは・・・
11条「基本的人権の享有」
国民は、すべての基本的人権の享有
を妨げられない。この憲法が国民に保
障する基本的人権は、侵すことのできな
い永久の権利として、現在及び将来の
国民に与えられる。
基本的人権とは・・・
12条「自由・権利の保持の責任とその濫
用の禁止」
この憲法が国民に保障する自由及び
権利は、国民の不断の努力によって、こ
れを保持しなくてはならない。又、国民
は、これを濫用してはならないのであっ
て、常に公共の福祉のためにこれを利
用する責任を負う。
基本的人権とは・・・
13条「個人の尊重・幸福追求権・公共の福
祉」
すべて国民は、個人として尊重される。
生命、自由及び幸福追求に対する国民の
権利ついては、公共の福祉に反しない限
り、立法その他の国政の上で、最大の尊
重を必要とする。
基本的人権とは・・・
97条「基本的人権の本質」
この憲法が日本国民に保障する基本
的人権は、人類の多年にわたる自由
獲得の努力の成果であって、これらの
権利は過去幾多の試練に堪え、現在
および将来の国民に対し、侵すことの
できない永久の権利として信託された
ものである。
概要説明
END
次は虐待についてです
ダウンロード

基本的人権 の概要