2007年 国家試験
解答 3
放射性薬剤の投与は管理区域内に限定されていたが、
13年から集中治療室(ICU、CCU)での投与が許可された。
一般病室での放射性薬剤投与は現在でも禁止されている。
新生児の被曝は、相対的禁忌。
検査を行うほうが有用と思われる場合は実施する。
(判断は主治医に委ねる。)
検査装置に異常を発見した場合は必ず上司に報告する。
主治医以外は、検査所見を患者に伝えてはいけない。
介助者(家族)には、特に尿汚染物(オムツ、下着)を
素手で扱わない、遠ざけるなど、被曝を避ける方法を伝える。
放射性薬剤の多くは投与直後から尿中に排泄されるので、
投与直後の排尿は、希釈槽に一旦貯留される管理区域内のトイレを
使用してもらう。 オムツも放射能汚染物として扱われる。
18F-FDG
131I
99mTc-MDP
2007年国家試験
解答 2
MAG3 は 尿酸の類似物質。 腎動態の薬剤。
速やかに尿へ排泄され、生物学的半減期は数十分。
2007年国家試験
解答 5
FDGはブドウ糖の類似物質。
正常組織は脂肪酸を消費している。
癌、炎症組織、脳は ブドウ糖を消費している。
18F-FDG
は ブドウ糖と同様に組織に摂取されるが
代謝されないので組織内に長く停滞し、
脳や病変のブドウ糖定量画像収集に有用な薬剤となる。
HO
HO
O
HO
O
HO
HO
HO
OH
OH
OH
18F
D-Glucose
ブドウ糖
18F-FDG
18F-FDG 腫瘍 PET 5mCi 撮像 30分
肺癌症例
体内のブドウ糖分布図。 癌、転移病変の分布が明瞭。
2007年国家試験
解答 3,4
波高分析 : 光電子ピークより低いエネルギー
スペクトル成分はコンプトン散乱成分なので除去す
る
2007年国家試験
解答 3
固有分解能 : コリメータを付けない状態の分解能
総合分解能 : コリメータを付けた状態の分解能
ガンマカメラ上に線線源をおい
て半値幅(FWHM)を測定する。
コリメータを付けない状態のほう
がFWHMは小さい。
2007年国家試験
解答 5
バターワースフィルタは、高周波成分を遮断する。
低周波ノイズ(散乱線によるボケ成分)は減らない
ので分解能は向上しない。
TEW : Triple Energy Window 法
散乱線成分を除去する方法。分解能が向上する。
OSEM : 逐次近似再構成法
計算時間を短くするために、
全方向からのプロジェクションデータを使わずに
その一部分(サブセット)のデータで再構成画像を
推定していく方法。
2007年国家試験
解答 4
LSOは発光量が多い。 BGOは発光量が少ない。
光の減衰時間が短いLSO、GSOは数え落しが少ない。
( 同時計数分解時間が短い。 計数率直線性がよい。)
GSO,LSOはエネルギー分解能が良い。
(コンプトン散乱成分を除去しやすいので、分解能が向上する。)
2007年国家試験
解答 3
半導体カメラ : シンチレータの替わりに半導体(CdTe)を使用
したPET、ガンマカメラがある。 エネルギー分解能が良い。
シンチレーションカウンタは微弱な放射能の測定に
用いる。校正用線源をシンチレーションカウンタで
測ると数え落としによる誤差が大きい。
電離箱検出器で測定する。
多結晶型ガンマカメラ: 小さいシンチレータ(NaI)を
並べて作った旧式のガンマカメラ。感度均一性を
保ちにくい。現在では単結晶型カメラがほとんど。
骨塩量(骨密度)測定は、腰椎や踵骨など局所的に
X線やRIのγ線で測定する。
2007年国家試験
RIA( radio immuno assay )には、
解答 2、4
125
I が使用される。
EC核種なのでウェル型 NaI シンチレータでの定量に適する
一定エネルギーのKX線が出る。(27.5keV)
測定、保存に適する半減期(60日)。
I (ヨード)は、タンパク質と結合しやすい。
IRMA イムノラジオメトリックアッセイ (サンドイッチ法)
の1例。 腫瘍マーカー CA125 の IRMA 定量キット。
測定する微量タンパク質の抗体をつけたビーズ玉と、
もう一種類の抗体をRI標識したものが セットになっている。
RIA (Radio Immuno Assay)
放射免疫分析法
ホルモンや腫瘍マーカーなどの血中微量タンパク質の
量を、 125I を用いて測定する方法。
測定するタンパク質(抗原)と結合する物質(抗体)と、
測定するタンパク質と同一物質に125I が標識された物
(標識抗原)を用意する。
患者から採取した血清(検体)に、既知量の抗体と
125I 標識抗原を入れて抗原抗体反応を起こす。
抗体と結合していない125Iの放射能量を測定して
微量タンパク質(抗原)の量を推定する。
既知量の抗体に数種類の濃度の125I 標識抗原を入れて
抗体と結合しない抗原(Free)の放射能を測定し、
標準曲線を作る(放射能と抗原量との相関グラフ)。
測定したい抗原と既知量の標識抗原を入れて
Free の放射能から、検体内の抗原量を推定する。
2007年国家試験
解答 1
甲状腺ヨード摂取率試験
123I
(現在はガンマカメラで撮った画像で行う)
を内服 (現在では131Iは甲状腺ヨード摂取率試験には使わない)
24時間後(必要あれば3時間後も)に甲状腺への123I摂取量を測定。
内服した放射能の10~40%が正常。 24時間値が3時間値より高
いのが正常。(逆なら甲状腺ホルモン産生障害(ヨード有機化障害))
検査の前処置として1~2週間のヨード制限食が必要。
2007年国家試験
解答 4
腎動態シンチグラフィの負荷薬は ラシックス (Lasix 利尿剤)
アセタゾラミド (薬品名 ダイアモックス Diamox)
炭酸脱水素酵素阻害剤。
利尿作用。 血管拡張作用。
脳血管が正常な部位では脳血流が1.5~2 倍になる。
(脳血管が狭窄している部位では増加が乏しい。)
主に 123I-IMP 脳血流SPECT に用いる。
(99mTc-HMPAO,ECD でも使うが、血流増大が
分かりにくい。)
RI 投与10分前に 2バイアル(瓶)(1g)静脈注射。
利尿作用を伴うので検査前に排尿をしてから実施。
左内頚動脈狭窄、左後頭葉梗塞
Lt IC Occlusion + Lt Occipital infarction
MRI
IMP
REST
IMP
Diamox
デキサメサゾン負荷によって 副腎皮質腺腫の鑑別ができる。
コーチゾル産生腺腫 (Cushing 症候群)か、
アルドステロン産生腺腫 (原発性アルドステロン症) か。
負荷なしの画像では右副腎の集積が明らかに高いので、
左側の正常副腎への集積が正常か低下しているか判断困難。
デキサメサゾン負荷で ACTH が抑制され、左副腎の集積が低下した。
はじめから ACTH が抑制されている コーチゾル産生腺腫ではない。
右副腎皮質の アルドステロン産生腫瘍 と診断。
副腎腺腫
正常副腎
副腎腺腫
正常副腎の描画欠損
2007年国家試験
解答 3
静脈注射しない放射性薬剤
111In-DTPA
腰椎穿刺
81mKr、133Xe、99mTc-DTPAエアロゾル、15O-CO
2
99mTc-HSA、99mTc-Snコロイド
吸入
リンパ節撮像時は 皮下注射
cisternography 脳槽シンチグラフィ
111In 173 keV、 MEGPコリメータ、 半減期2.8日
111In-DTPA
111In-DTPAを脊髄腔に
37MBq 注入(腰椎穿刺)。
注入直後に腰椎背面撮像(穿刺が成功したか確認)
3, 6, 24, 48 時間後に頭部正面、側面を撮像。
2007年国家試験
解答 4
Pheochromocytoma
褐色細胞腫
骨転移
交感神経組織の腫瘍
褐色細胞腫
神経芽細胞腫
131I-MIBG
交換神経組織に集積
2007年国家試験
解答 2
myocardial scintigraphy、SPECT
• 99mTc 141keV
• LEHR または LEGP コリメータ
99mTc-PYP
99mTc-PYP
(pyrophosphate) (ピロリン酸)
370~740MBq 静脈投与
急性心筋梗塞(AMI)発症2~3日後に行う.
発症1週間以上経つと病変にピロリン酸集積なし.
投与後3,4時間後に血液中、心内腔の放射能が
低下した時間に撮像する.
プラナー像とSPECT像を撮る.
のγ線は主に 141 keV、201Tl のγ線は主に 71 keV
心筋の 201Tl 分布は心筋血流、99mTc-PYP (ピロリン酸)分布は
急性心筋梗塞 ( 発症2,3日後が集積しやすい )
99mTc
2007年国家試験
心尖部(apex)は ここ
ア は 心基部(base)
解答 4
2007年国家試験
解答 4、5
腎動態検査(レノグラフィ)
99mTc-DTPA
前処置: 30分前に250ml飲水
141 keV LEHRコリメータ
DTPA (diethylene triamine penta-acetic acid) はキレート剤。
金属を包んで尿へ排泄する。 金属中毒の解毒剤。
( Gd-DTPA は、MRI の造影剤として利用される。)
糸球体から尿へ濾過される。 糸球体濾過率(GFR)の測定。
投与量 200MBq (大人)
99mTc-MAG3、 131I-OIH(馬尿酸)
糸球体および近位尿細管から尿へ排泄される。
有効腎血漿流量(ERPF)の測定。
投与量
99mTc-MAG3
200MBq (大人)
131I-OIH
10MBq (大人)
(β線放出核種)
2007年国家試験
解答 3、5
センチネルリンパ節シンチグラフィ
Sentinel lymph node scintigraphy
Sentinel 【名】 番人,見張り(guard)
皮膚腫瘍、乳癌など体表近傍の病変周囲に4箇所ほど
(1箇所 18.5MBq)99mTc-HSAまたは99mTc-Sn-colloidを
皮下注射し、病変から出るリンパが流れ込むリンパ節
(センチネルリンパ節)を探す検査。
手術直前に実施、画像を撮像し、さらに術中にガンマ線
検出器でセンチネルリンパ節を捜査する。
手術でセンチネルリンパ節を摘出し、術中に迅速病理診断
で、そこに転移がなければ、他部位にもリンパ節転移なし、
と判断する。
2007年国家試験
解答 3
前立腺癌 (Prostatic cancer)
骨転移の多い癌は前立腺癌、乳癌、肺癌。
造骨性(osteoblastic)骨転移巣が特徴。
骨皮質が肥厚する。
Pelvis RPO
肩関節周囲の靭帯石灰化
四十肩、五十肩と
よばれる状態。
腰椎の側弯症に伴う
脊椎骨辺縁の変形(脊椎症)。
体重の負荷にともなう
ひざ関節症と、その症状を
かばうために生じた足関節炎。
骨シンチグラフィで高感度に
指摘できる。
2007年国家試験
解答 1
111InCl
111In
Bone marrow scintigraphy 骨髄シンチグラフィ
171 keV, 245 keV
MEGP コリメータ
111 MBq投与
48~72時間後に撮像
111Inは、Feと類似の分布を示し、
血液中のトランスフェリン ( 鉄を
骨髄に運ぶタンパク質)と結合して
造血骨髄(赤色骨髄)に集積する。
(正常では中心骨髄、四肢骨近位)
遠位、末梢骨には分布しない。
正常例
2007年国家試験
131I、89Sr
解答 5
が治療に使用可能。内服治療に適する核種の条件は、
1.病変に特異的に集積する。
2.病変に長く停滞する。
3.病変以外の組織には停滞しない。
4.ベータ線を放出する。
5.物理的半減期が長い。
骨転移患者の疼痛緩和に対する
ストロンチウム89(89Sr)の治療。
89Sr の物理的半減期は50日。
ベータ線のみ放出(1.5MeV) 。
ガンマ線を放出しないので、患者の体表面から
放射能はほとんど検出されない。
すぐ一般公衆へ退出できる。外来治療が可能。
89Sr
を200MBq 3ヶ月おきに
静脈注射する。 平成19年に認可された。
ストロンチウムがカルシウムと類似の性質を
持ち、骨に集積することを利用して、前立腺癌
や乳癌などの骨転移患者の疼痛緩和に
効果がある。
将来普及すると思われる
前立腺癌 骨転移
骨シンチグラフィ
体内のリン酸の分布像
ダウンロード

2007年国家試験 解答 3 前立腺癌 (Prostatic cancer)