日語文法研究
(大学院)
4月23日(木)~
担当 神作晋一
第4章
文の要素のとりたてーー焦点化



ねらい:
とりたて助詞は、文中のある要素に焦点を当て
ることで、文に現れていない他のものについて
何かを暗示する機能を持つ助詞です。
他のものの存在を前提に何かを追加するタイ
プ(添加型)と、他のものの非存在を前提に何
かに焦点をあてるタイプ(排他型)のとりたてに
ついて考えます。
第4章
文の要素のとりたてーー焦点化


キーワード:
暗示、含意、とりたて、焦点、添加(累加)、
排他(限定)型
第4章
文の要素のとりたてーー焦点化


§1 とりたてということ
§2 添加型のとりたて助詞


ーーモ、サエ、マデ
§3 排他型のとりたて助詞

ーーダケ、シカ、バカリ
§1 とりたてということ
§1 とりたてということ



とりたて:文中の要素を際立てることで、文
中に現れていない別の要素について何かを
暗示する機能 焦点 スコープscope
(1)コーヒーを飲んだ。
(2)コーヒーも飲んだ。


コーヒー以外も暗示(含意)+コーヒーを(添加)
(3)コーヒーだけ飲んだ。

他の存在はない(排他)+コーヒーに(限定)
§1 とりたてということ

とりたて助詞の2つの種類
表1 添加型と排他型のとりたて助詞
モ、サエ、デモ、スラ、マデ、
添加(累加)型 ダッテ、クライ
排他(限定)型
ダケ、シカ、バカリ、ノミ
§1 とりたてということ

(4)コーヒーは飲んだ。 排他(限定)型



他の存在・非存在には触れてない。
緩やかな対比
「コソ」「ナド」「ナンカ」「ナンテ」

相対的なとりたて
§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ
§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ



(5)彼は、二週間前の牛乳も飲んだ。
(6)彼は、二週間前の牛乳さえ飲んだ。
(7)彼は、二週間前の牛乳まで飲んだ。
§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ

(5)彼は、二週間前の牛乳も飲んだ。
他にもある + 二週間前の牛乳
 例:一週間前のケーキと、二週間前の牛乳
を飲んでおなかを壊した。

§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ

(6)彼は、二週間前の牛乳さえ飲んだ。


他にもある
常識で考える何かのスケール(基準)の
極端な例

のどが渇いていた。飢餓状態だった?
§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ


(6)彼は、二週間前の牛乳さえ飲んだ。
条件文の例
暇さえあれば、漫画を読んでいる。
 やる気になりさえすれば、よい仕事をする。
 ⇒最低条件・必要条件

§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ

(7)彼は、二週間前の牛乳まで飲んだ。


AカラBマデ(起点Aと限界点B)の連続体
インパクト(驚き)?
例:ケーキの皿まで舐めた。
 例:ケーキの皿さえ舐めた。

§2 添加型のとりたて助詞
ーーモ、サエ、マデ


Xモ、Xサエ、Xマデ
Xと同様のモノの集合がある
Xマデ 連続体の端から端まで
 Xサエ 極端なメンバーに焦点を当て、緊迫
感や意外性を表示


4月23日まで

4月30日から
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ



(8)
A:日本語がお上手ですね。
B:#まだまだです。一年だけ勉強しましたから。



英語:only one year
(8’)B:まだまだです。一年しか勉強していま
せんから。
否定と共起 シカ-ナイ

全然~ない きっと(必ず)~しなければならない。
きっと~だろう(推量表現)
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ




(9)
A:週末はどうでしたか。
B:#試験があるので、勉強だけしていました。
(9’)B:試験があるので、勉強ばかりしていま
した。
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ
(8)
「学生だけ
(が)来た」
「学生しか来
なかった」
事実
学
生
が
来
た
相違点
「来たものの集合」(ここでは
学生)にスポット(焦点)を当
てる。
学生を排除した「空の集
合」(ここでは学生以外)にス
ポット(焦点)を当てる。
空の集合
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ


(8)B:#まだまだです。一年だけ勉強しました
から。
(8’)B:#まだまだです。一年しか勉強してい
ませんから。否定と共起 シカ-ナイ



否定的な評価「もっと勉強したらよかった」
※一年だけしか勉強していません。
※「だけ」には程度の意味もある 丈(たけ) 長さ
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ


(10)生徒は大勢いるのに、田中君だけ(が)ほ
められる。
(11)生徒は大勢いるのに、田中君ばかり(が)
ほめられる。
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ
(9)(10)(11) 事実
相違点
田
田中君だけ
中
(が)ほめられ 君
る
が
ほ
田中君ばかり め
ら
(が)ほめられ れ
る
る
田中君一人がほめられる。
(他は存在しない)
田中君がほめられる頻度
が(圧倒的に)多い。(不満
もある。)
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ





(9)
A:週末はどうでしたか。
B:#試験があるので、勉強だけしていました。
(9’)B:試験があるので、勉強ばかりしていま
した。
⇒日常生活の中で勉強に費やした時間が圧
倒的に長い。

※24時間勉強(だけ)は不可能
§3 排他型のとりたて助詞
ーーダケ、シカ、バカリ


Xダケ、Xシカ-ナイ、Xバカリ
Xの他に同様のモノの集合がない。
Xシカ-ナイ:X以外のモノの非存在を前に出
し、否定的評価を与える
 Xバカリ
:とりたての回数の多さ(頻度)
により、Xへの偏りを示す。

ダウンロード

二週間前の牛乳さえ飲んだ