会 計 学 総 論 Ⅱ
第2回 会計領域と複式簿記①
1
大学で学ぶ会計科目
<財務会計分野>
<管理会計分野>
<監査分野>
<上級会計理論分野>
<特殊領域>
<税務会計分野>
2
取引の二面性
取引は契約にもとづいておこなわれ、ほとんどの契約は双務契約である。
すなわち、会計取引の二面性は、会計の基本等式である
を常に成立させるものとしての二面性である。
3
したがって、会計取引とは、会計基本等式を常に成立させるものだけをいう。
会
資
計
産 = 負
取
引
債 + 資
本
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
4
Ex.
1. 現金500を元入れして商売を始めた。
2.商品300を仕入れ、200は現金で支払い残りは掛けとした。
3.商品200を400で売上げ、150は現金で受け取り残りは掛けとした。
5
4.営業費50を現金で支払った。
6
ただし実際には、取引毎に貸借対照表を作成することは不可能である。
7
前述の勘定への記入の前に「仕訳」が行われる。
1. 現金500を元入れして商売を始めた。
2.商品300を仕入れ、200は現金で支払い残りは掛けとした。
3.商品200を400で売上げ、150は現金で受け取り残りは掛けとした。
4.営業費50を現金で支払った。
8
ダウンロード

Document