子どもに対する
生活習慣病予防の
取り組み
健康情報分析学
三輪 夕起
生活習慣病の現状
通院患者数
(平成11年患者調査より)
高血圧疾患
糖尿病
医療費
(平成12年国民医療費より)
791万人
1兆8527億円
212万人
1兆1155億円
虚血性心疾患
107万人
脳血管疾患
147万人
1兆7862億円
悪性新生物
127万人
2兆0913億円
合計
7363億円
約1300万人 7兆5820億円
(全医療費の32%)
なぜ、小児期か?
• 生活習慣が形成される時期である
• 生活習慣病は初期病変から20ー30年か
かって発症する
小児期の介入は、生活習慣病
予防に有効である
文献検索(キーワード)
1,医中誌
2,Medline
① 生活習慣病
② 健康教育
③ 食生活
④ 子ども
① lifestyle-related
diseases
①ー2 adult diseases
② health education
③ the food practice
④ child
文献の選択条件
1)生活習慣を疾患の原因としてとらえている
2)生活習慣と疾患の発症との関連をみてい
る
3)子どもを対象にしている、または、小児期
を視点に含んでいる
4)健康教育という観点から、健康の保持・増
進に対しての示唆がある
文献検索結果
1)生活習慣と健康に関するもの 6件(和4・英2)
2)生活習慣と小児肥満に関するもの 2件(和2)
3)小児期から成人期へ、長期にわたる影響 3件
(和2・英1)
4)親からみた子どもの生活習慣と特性 2件(和
2)
5)健康教育のあり方の検討 5件(和3・英1)
文献のまとめ
・子どもの生活習慣病リスクの評価には、食
事・運動・睡眠・体重・BMIが使用され、
生活習慣の改善により身体問題の改善につな
げることができる。
・小児期に肥満を解消することで、成人期の健
康につなげることができる。
・子どもに対する取り組みは、子どもだけに対
して行なうのではなく、親も含めた対応が有
効である。
看護職としてのアクションプラン
(今後への示唆)
臨床 [看護の立場からの教育]
①集団に対して、将来の病気を見据え、
自分の身体を理解し、自ら健康をつく
るという意識づけができるような教育
②個人に対して、問題を有する児童に対
してのより積極的な介入
③喫煙防止教育や適正飲酒教育
ダウンロード

生活習慣病・・ガン、心疾患、脳血管疾患 ① 全死因の6割以上を占めて