地域生活支援システムの開発
越田研究室 j0431 野津洋二
1.はじめに
近年天気予報,電車の始発・終電などの
生活関連情報をインターネットから手軽に
入手できるようになってきている
しかし、それらすべてのサービスを一
つにまとめたシステムの例はない
そこで!!!
生活情報をまとめて提供するシステ
ムの開発に取り組むことにした
2.研究目標
①生活関連情報をまとめて,提供する
「地域生活支援システム」を新規に開発
する,
②その開発を通して,マッシュアップ技法
やJavascriptの習得,ブラウザ上での各
種イベント処理について学ぶこと,
を研究目標とする
3.システムの概要
本システムは,「Google map」をベース
に,ガソリンスタンド情報,距離算出
サービスなど複数のWebサービスを
マッシュアップし,ブラウザで全て操
作できるシステムとして開発した.
3.システムの機能
①「Google map」により地理を把握すること
ができる
②「Google map」上において,指定した地点
間の距離が測定できる
③指定した地域のガソリンスタンド・価格情
報が検索・表示できる
④普通の商店では売っていないような商品
(レア商品)の検索ができる
⑤お菓子の味覚情報の取得ができる
4.入力画面について
お菓子情報
の検索
ガソリンスタンド検索
珍しい健康志向商品
の検索
5.出力画面について
ここにガソリン情報実行結果の画面を入れる.
6.プログラムの処理について
本システムではXMLデータの解析に
JKL.ParseXMLクラスを用いている.
このクラスを用いることにより複雑な
DOM操作ではなく,容易にXML形式の
ファイルを操作できる.
ガソリン情報Webサービスの出力データ
XMLデータ
ガソリンスタンド情報
この部分を解析し,
抽出する.
出力データの解析処理(タグ解析)
var url = http://api.gogo.gs/v1.2/?apid=guest&lat=+latf+"&lon="+lngf+"&sort=d";
var http = new JKL.ParseXML( url );
var xmldata = http.parse();
var divObj=document.getElementById("gasinfo");
var dataList = xmldata["PriceInfo"]["Item"];
divObj.innerHTML = "";
出力データの解析処理(ブラウザ表示)
• for(var i=0; i<5; i++){
• divObj.innerHTML += "<b>店名:"
•
+dataList[i]["ShopName"]+"</b><br>";
• divObj.innerHTML += "緯度:"
•
+dataList[i]["Latitude"]+"<br>";
• divObj.innerHTML += "経度:"
•
+dataList[i]["Longitude"]+"<br>";
• divObj.innerHTML += "価格:"
•
+dataList[i]["Price"]+"<br>";
• divObj.innerHTML += "日付:"
•
+dataList[i]["Date"]+"<br>";
• divObj.innerHTML += "-----------"+"<br>";
ジオコーディング
Google map で提供されているサービス
のことで、住所から緯度・経度への変換
をおこなう操作のことを指す
<例>
東京都練馬区関町北2丁目3−6
緯度:35.722935
経度:139.570524
7.まとめ
①ガソリン情報Webサービスなど,5種類のWeb
サービスをマッシュアップし,地域生活を支援す
る情報システムを開発した.
②また、そのシステム開発を通して,JavaScript
言語やブラウザ上での各種のイベント処理技法,
XMLデータ解析等を学ぶことができた.
③予定していた機能が組み込めなかったので,
今後の課題にしたい
地域生活支援システム
ダウンロード

Document