待ったなしの
2000年問題
1999年10月27日
JACTIM貿易部会
会 津 泉
<[email protected]>
アジアネットワーク研究所
「専門家」はいない
• 昔から知られていた
– でも、まさか2000年までシステムが使われるとは誰も
思わなかった
• プログラムの年号処理だけではない
– 埋め込みチップ・システムの問題
– 波及する社会システム全体の問題
• 自分で判断・行動が基本
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
2
2000年問題:
現行システムの弱点
• 現システム内部の「時限爆弾」(「地雷」)
• 「2000年バグ」と「2000年問題」は違う
– 社会システムの問題へと拡大
– 大型コンピューター:理解は高い
– 埋めこみチップ:理解は低い
• 対応は時間切れ
– 根幹(ライフライン)の停止(カナダ軍)
– 生産・貿易ライン途絶(アーロン商務次官)
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
3
「2000年バグ」に固有の特性
•
•
•
•
•
•
•
•
•
バグの完全除去は不可能
テストの完全実施は不可能
バックアップシステムにも同時影響
システム停止期間が長くなる
小規模障害が相互連鎖、拡大
ネットワーク経由で急拡大
全世界同時多発の可能性
同一の対策は輻輳効果
異なるシステム間の障害発生
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
4
「2000年問題」の特性
• 発生は不可避:待ったなし、「神風」なし
• システムの最弱部分が全体を決定
– 中小企業、途上国、遅れた省庁等
• 災害範囲の予測・限定は不可能
– 発生時期はほぼ明確、程度は不明
• 局地的障害から全地球麻痺まで
• 短期より中長期の混乱?(2000年代問題)
• 日本的言霊社会、「母親型」政府には不向き?
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
5
第三次産業革命=情報通信革命
コンピューターの進化
1) メインフレーム(MF) (1950-75)
2) PC、埋め込みチップ(1975-2000)
3) (C&C)2ネットワーク(CN)(2000-2025)
社会生活は
コンピューターに
全面依存
とくに700億のチップ
その上に
電子商取引と
電子政府がのる
Oct. 27, 1999
CN
2
Y2K
(C&C) N
EC/PC
PC
MF
MF
1950待ったなしの2000年問題
60 70 80 90 2000 10 20 30
6
すでに問題は起きている
• 96年12月、アルミニウム精錬工場停止
– 閏年として認識せず、ニュージーランド
• 98年頭に、受注データが消えた
– 東芝:半導体のデータ
•
•
•
•
•
金利・債券償還計算など
訴訟も始まっている
シンガポールタクシー、スウェーデン空港…
99年8月22日 GPSに障害発生 問合せ殺到
1999.9.9には問題は発生せず(でも安心できない)
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
7
2000年1月1日だけが
問題ではない
• クリティカル・デイト:
99年8月22日 GPS限界--カーナビ問題発生
2000年1月4日 第一営業日
2000年2月29日 400年に1回の閏年
2000年3月31日 1999年度末日
2025年
昭和歴通算100年
2038年1月19日 UNIX日付の最大値
2040年2月6日 MAC OS日付の最大値
• 以降、ずっと続く??
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
8
埋め込みシステム
• チップは推定250億~700億個
• うち5~7%に日付処理機能?
– 海運業界は、20%以上?
• 最低0.1%にバグ発生としても…12.5万
– 日本だけで同時に2000件のトラブル?
• 日付メモリーでも、上位システムに故障が出る可
能性 連鎖反応へ
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
9
3つの次元での対応が必要
• 個人の生活
– 家族の安全
– 生活基盤の確保(最低限の備蓄など)
• 職場・地域社会
– 経済活動の継続(自分の職場を確保)
– 社会的職務の遂行(ライフライン維持など)
– コミュニティでの協調(町内会・ボランティア)
• 社会・国家・グローバルに
– 横につながる活動(警鐘・国際協調活動)
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
10
システム対策
• 重要システムの抽出
• バグ修正作業(プログラム)、テストを
• パソコンも(Windowsも)、サーバーも
– BIOSがポイント
• 主要データの保存、記録を
• 埋め込みチップの特定
– 交換可能か?
• 時間切れへの認識
– 危機管理計画の策定を
– 前倒し発注・ストックも
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
11
インターネットは大丈夫か?
• 政府の規制外=取残されていた(日米共)
• 「業界」が未発達:対策も遅れ
• 分散・協調ネットワークとしての取組み必要
– 2月17日 ワシントンで非公式会議
– 7月30日 ホワイトハウス・インターネットY2Kラウンドテーブル
– 11月米国ロサンジェルス会議
– アジア各国ロードショー(9~11月)
– 台北、ソウル、バンコク、北京、香港
– 日本インターネット協会でタスクフォース設置
• 新しいインフラとしての運用責任
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
12
外部システムのチェックも
•
•
•
•
電源、水道、エレベーター、ビル管理
交通(信号、鉄道、航空、港湾…)
通信(電話、インターネット…)
原材料、外注部品などサプライチェーン
– 納入業者に確認書請求
• 危機管理計画(コンティンジェンシー)
– 業務の継続、外部からの防御を
– 通産省(www.miti.go.jp)にガイドライン
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
13
識者の判断は二極化
• 大きな混乱はない
–
–
–
–
–
きっと対処されるはず
うちは大丈夫
すべて自動化されてはいないから
通常災害程度は発生(Kケリー)
最悪の場合マニュアル処理(日銀金融研究所)
–
–
–
–
–
修正の現場で困っている
電力・水道などインフラが麻痺する
家族共避難する
食料・水・燃料の備蓄が必要
パニックになる
• 非常にまずいことになる
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
14
日本政府の対応
• クリントン大統領から小渕首相に強いプッシュ
–
–
–
–
–
首相官邸 Y2Kページ www.kantei.go.jp/jp/pc2000
98年9月 内閣顧問会議設置
省庁連絡会議設置
99年4月 国民の身の回りの製品等の2000年問題への対応状況について
99年4月 総理APEC・Y2Kシンポジウムにメッセージ
• 99年7月 危機管理体制強化
– 高度情報通信社会推進本部 顧問会議随時開催
• 99年10月 国民に備蓄などの対策呼びかけ
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
15
産業界の対応
• 金 融 取組は早い(日銀・全銀協・東証)
• エネルギー(電力・石油・ガス) 出遅れ?
• 情報通信 情報開示が遅い?
– インターネット 盲点?
• 製造業 サプライチェーン点検手薄
• 中小企業 遅れが目立つ
• 自治体 きわめて遅い
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
16
欧米政府の対応
• カナダ政府:軍の配備計画まで
– 99年は最優先で準備
• 米国政府:危機管理に重点
– 時間切れ認識
– 軍関連はすべて機密に
– 途上国を心配
• 英国政府:食料備蓄を呼びかけ
– 社会パニックも辞さず
• 目立つアングロサクソン系 文化の違い?
– オーストラリア、南アフリカ…
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
17
アジア各国政府の対応
• 進んでいるシンガポール
– 豊富な実用情報 www.ncb.gov.sg/yr2000
• マレーシアも、認識は高い
– 政府、最新情報:www.y2k.gov.my
– 世銀から特別融資
– エネルギー通信マルチメディア省が担当
• 日本、韓国、香港、シンガポール
• インド、北朝鮮 第3レベル!
• モーリシャス政府、Webは充実…
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
第2レベル
18
マレーシア政府の対応
• 7月 12月31日〜1月2日 公休日とはせず
• 8月 主要4部門(電力、通信・マルチメディア、石油・ガス、銀
行・保険・資本市場)は「進展」と発表
• 水供給、下水、輸送、医療、政府機関の5部門は「対応を進め
ている」
• 9月 2000年問題「対策センター」設置
– 対策状況の調査と情報提供
– 緊急事態に準備
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
19
分野別の対策状況
• 1999年6月末 「対策完了状況」 政府発表
–
–
–
–
–
–
–
金融・保険業界 95%
電 力
80〜100%
通信(TM)
80%
石油・ガス
95%
上下水道
100% (コンピューターなし)
政府機関
80〜100%
医 療 私立80% 国立60%以下
• 政府、対応遅れを指摘
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
20
金融・証券
• 6月 金融機関に12月15日に残高通知書発行を指示
• 9月 中央銀行「2000年問題コマンドセンター」設置
Tel:03-293 2330
• 金融機関3団体「2000年問題対策完了」を発表
– 12月31日 金融機関間の取引は停止
– ATM 12月31日正午まで稼働
• 元旦は第一土曜日で休日
– 12月31日 KLSEとMESDAQ取引停止の可能性大
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
21
航空会社
– 8月KLIAでテスト実施
• 「大きな問題は生じなかった」
– 9月 マレーシア航空 2000年問題対応「完全終了」と
発表
• 年末年始の運行停止? 9月末決定の予定
– 1月1日のキャンセルなし、予約受付中
– 対策費費1億4000万リンギ
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
22
電 力(テナガ)
– 6月 電力供給対策完了
• 「いかなる問題も起きないだろう」
– 9月 2000年問題が危機対応訓練
• 元旦に1000メガワットの電力供給停止を想定
• 5分以内にシステム復活
– 対策費3千万リンギ
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
23
通 信
(テレコム・マレーシア)
–
–
–
–
1997年から取り組み開始
電話交換機600台、料金計算機などを更新
1999年5月段階 80%対応済み
対策費、1億3千万リンギ
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
24
われわれの対処方法
• 自分の責任で想定・対応するしかない
– テストが重要
– 冷静な判断が必要
• パニック無用、楽観視も問題
– 家族、職場、地域の協力が不可欠
• 最終的にはシステム自体の取替え必要
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
25
KL在住者の対策法 (1)
• 銀 行
– 12月31日 臨時休業、1月1日〜2日は休日
– この期間の取引は避けるのが無難
– ATM 12月31日午前中稼動予定
• 早めに最低限必要な現金を引出す
– 記録を自分で保管(12.15にステートメント)
• 移 動(旅行・帰省)
– 運航日 マレーシア航空の今後の発表を注目
– 年越しのフライトにはなるべく乗らない
– 日本への帰省は早めの予約を
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
26
KL在住者の対策法 (2)
• 日常生活(台風・地震と同等の対策を)
– 断続的or 数日の断水・停電を想定
•
•
•
•
ミネラルウォーター・保存食
懐中電灯、電池対応ランタン
プロパンガスの予備、カセットコンロ
トイレットペーパー、ウエットティシュ
– 常備薬
– 持病のある方、医療機関の対応を調査
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
27
KL在住者の対策法 (3)
• 職場 あらかじめ体制を確認
– 31日の出勤体制?
– 給与の支給繰上げ?
•
•
•
•
•
パソコンなどの点検、データの保管
連絡網の点検(職場、家族)
電話、インターネットも「万一」不通に?
ガソリンは満タンに、ポリタンク
その他:心配なら携帯自家発電機、文庫本?
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
28
21世紀型新システム構築の
絶好機
•
•
•
•
•
Y2Kフリーな社会システムへ
自律・分散・協調型ネットの推進
再構築:新型都市をめざして
新情報通信システム(IPネット)を基盤に
地域にボランタリーなコミュニティを
(阪神大震災に学べ)
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
29
参考資料
•
•
•
•
•
•
•
•
日本政府:www.kantei.or.jp
マレーシア政府:www.y2k.gov.my
米国政府:www.y2k.gov
国際大学GLOCOM 日本Y2Kリンク
http://www.glocom.ac.jp/proj/y2k/links/
日経BP:http://biztech.nikkeibp.co.jp/biztech/it/y2k/
世紀末の次元爆弾 文芸春秋
時限爆弾2000 ヨードン父子・プレンティスホール
コンピューター西暦2000年問題の衝撃
– 足立晋・実業之日本社1996 www.y2kjapan.com
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
30
さいごに
• 可能性=1%と、現実=100%は違う
– 冷静な判断を
– 冷静な準備を
– 前例がない→前例になる
Oct. 27, 1999
待ったなしの2000年問題
31
ダウンロード

プレゼンテーションのダウンロード