新潟県の歯科保健の歴史①
●昭和45年(1970):・弥彦小学校でフッ化物(フッ素)洗口開始。
●昭和49年(1974):・県歯科医師会と子どもの歯を守る会が県議
会に「県民のむし歯予防対策に関する請願」
を提出。全会一致で採択。
県は検討会を設置した。検討会の結論と し
てフッ化物利用によるむし歯予防の推進を推
奨。
●昭和50年(1975):・フッ素洗口補助金制度を創設。
(フッ化物洗口反対運動起きる)
●昭和53年(1978):・県行政に歯科医師1人採用(母子保健係)。
・(財)新潟県歯科保健協会を設立。
●昭和54年(1979):・歯科保健担当者研修会開始。
●昭和55年(1980):・小児う蝕実態調査開始。保健所長・郡市歯
科医師会長合同会議の開催。歯科医師1人
新たに採用。
新潟県の歯科保健の歴史②
●昭和56年(1981):・「むし歯半減10か年運動」開始。
・市町村う蝕予防事業補助金制度創設(フッ素
塗布、フッ素洗口、歯科管理の3事業推進)。
・新潟県歯科保健協会を財団法人化。
●昭和57年(1982):・心身障害児(者)歯科保健対策開始。
・歯科医師を新たに採用(計3人)。
●昭和58年(1983):・公衆衛生課内に歯科保健係創設。
●昭和60年(1985):・知事とのつどい開催。(県教育委員会の歯科
保健予算がつく)
●平成元年(1989): ・寝たきり者歯科保健対策開始。
●平成3年(1991): ・「ヘルシースマイル2000プラン」開始。
(①第二次むし歯半減10か年運動、②歯周疾
患対策、③障害者歯科保健対策、の3本柱)
●平成5年(1993): ・寝たきり者往診事業全県実施。
●平成7年(1995): ・在宅重度障害者往診事業開始。
新潟県の歯科保健の歴史③
●平成8年(1996): ・児童の歯肉炎予防対策開始。
(健やか歯ぐき育成事業)
・歯科保健短期実務研修委託。
●平成10年(1998):・歯科保健調査企画連携協議会開始。
●平成12年(2000):・介護保険制度創設と居宅療養管理指導
・8020育成事業(CO、GOの勧奨システム)
●平成13年(2001):・「ヘルシースマイル21」(第三次新潟県歯科
保健医療総合計画)開始。
目標の設定:一生自分の歯で食生活を楽しめること等
●平成15年(2003):・ヘルシースマイル21推進員養成
・健康増進歯科保健係に改組
●平成17年(2005):・ヘルシースマイル21中間評価
介護保険制度改正と口腔機能向上への取組
●平成18年(2006):・歯科保健・食育推進係に改組
ダウンロード

(フッ素)洗口開始。