第6期幡多圏域地域保健医療計画(アクションプラン 案)
(平成25年度~平成29年度)
- 平成25年
月策定 高知県幡多福祉保健所 -
目
次
1. 策定の趣旨 ・・・・・・・・・・・・・・・・
2. 地域の状況
3. 医療の現状
4. 地域の課題
5. 計画の進行管理
6. 脳卒中対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・
7. 認知症対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・
8. 在宅医療
・・・・・・・・・・・・・・・・
9. 参考データ ・・・・・・・・・・・・・・・・
10.用語集・数値目標説明 ・・・・・・・
11.策定委員、策定経過 ・・・・・・・・・
1ページ
2ページ
3ページ
4ページ
5.6.7ページ
8ページ
9ページ
1.策定の趣旨
3.医療の現状
(1) 趣旨
高知県では、平成25年3月に「第6期保健医療計画」を策定し、県民が
地域で安心して暮らすことができる医療提供体制を維持、充実させるため
に、医療従事者の確保や、在宅医療の推進に向けた他職種間の連携強
化など、保健と医療、福祉のそれぞれの分野での取組を強化するとともに、
切れ目のない医療提供を目指すため、今後の対策と具体的な施策を明
確に示しています。
幡多圏域地域アクションプランは、県の保健医療計画に基づき、管内の
特性や実情を踏まえ、地域の保健・医療・介護資源を明らかにし、医療課
題に応じた対策と実行に向けて、関係機関や団体の役割分担と連携に基
づく、医療連携体制を構築するために策定するものです。
(2) 計画の期間
平成25年4月1日~平成30年3月31日までの5年間
2.地域の状況
(1) 地勢
幡多福祉保健所は県西部に位置し、所管する市町村は、宿毛市をはじめ
3市2町1村からなり、面積は県全体の22%を占めています。
(2) 人口
6市町村の合計は94,402人で、県全体の12.3%を占め、高齢者(65歳以
上)の人口割合は32.7%となっています。
市町村名
面積(k㎡)
人口(人)
高齢者数(人)
高齢者率(%)
宿毛市
286.15
22,610
6,661
29.5
土佐清水市
266.56
16,029
6,284
39.2
四万十市
632.42
35,933
10,686
29.8
大月町
103.02
5,783
2,273
39.3
三原村
85.35
1,681
693
41.2
黒潮町
188.47
12,366
4,353
35.2
合計
1,561.97
94,402
30,950
32.7
高知県
7,105.16
764,456
218,418
28.0
377,950.1
128,057,352
29,245,685
22.8
全国
出典:平成22年国勢調査(総務省統計局)
幡多福祉保健所の所管内の病院数は19施設、診療所数は65施設、歯科診療
所は51施設となっています。
人口10万人当たりでは、管内の病院数は20.1と全国の数値6.7を3倍上回っていま
すが、医師数では管内183.3人に対して全国219.0人となっており、全国平均を下回
っています。
( )内の数値は人口10万人当たりの数値
市 町
村 名
宿毛市
病院
診療所
歯 科
診療所
薬局※
病 床
医 師
看護師
5
18
14
15
790
77
459
土佐清水市
4
5
7
5
301
16
85
四万十市
9
29
21
18
1,040
65
391
大月町
1
3
2
2
25
7
14
三原村
-
2
1
-
6
1
2
黒潮町
-
8
6
1
-
7
22
幡多合計
19
(20.1)
65
(68.9)
51
(54.0)
41
(43.4)
2,162
(2,100.6)
173
(183.3)
973
(1,030.7)
高知県
133
(17.4 )
574
(75.1)
366
(47.9)
391
(51.1)
18,621
(2,435.8)
2,095
(274.1)
9,196
(1,202.9)
全国
8,565
(6.7)
100,152
(78.2)
68,474
(53.5)
55,797
(43.6)
1,703,950
(1,330.6)
280,431
(219.0)
1,015,744
(793.2)
4.地域の課題
出典:平成24年医療施設(動態)調査・病院報告の概況(厚生労働省)
※薬局数については平成25年3月末現在(医事薬務課)
幡多地域の、救急医療や急性期医療の分野においては、幡多けんみん病院が中核病院
及び脳卒中センターとして、地域完結型医療を提供しています。幡多管内の脳卒中死亡率は
第3位と高く、介護が必要となる原因の1位ともなっています。発症予防に努めるとともに、発
症後の急性期から維持期までの関係機関との連携したしくみが必要です。また、高齢化と共
に、認知症の方が増加しており、認知症患者の重症化もみられます。このため早期診断や初
期対応、専門医療機関とかかりつけ医との連携体制の強化が求めれています。併せて、平成
23年の県民世論調査で、在宅療養を望む声が、県平均より多くなっており、限られた資源の
中で管内をカバーできるしくみを創っていくことが必要です。
このような理由から、下記の3点について重点的に取り組みを行っていきます。
脳卒中
精神疾患(認知症)
在宅医療
5.計画の進行管理
日本一の健康長寿県構想幡多地域推進会議において、単年度ごとの事業計画を
立て、計画(Plan)-実施(Do)-評価(Check)-改善(Action)のPDCAサイクルで
進行管理を行います。
また、国の動向や他の計画等の見直しに合わせ、適宜内容の見直しを行います。
6.脳 卒 中 対 策
☆生活習慣病予防対策の推進を図るとともに発症後の急性期から維持期までの患者情報を共有し、病期に応じた 医療
や介護が受けられる体制づくりを目指します。
項
目
現
状
課
題
発症の予防
・特定健診は、40代・50代の受診率が低い。
・服薬治療中にもかかわらず収縮期血圧が160mmHg以上の人が、特定健診受診者
のうち40~59歳で8.5%、60~74歳で7.9%存在している。
・禁煙希望者のうち禁煙外来を受診する人が少ない。
・多くの人が受診できる仕組みづくりと、健診受診の周知啓発が必要である
・高血圧治療ガイドラインに沿った治療や服薬指導、保健指導等の一貫した指導
体制の構築が必要である。
・禁煙希望者と禁煙治療をつなぐ仕組みづくりが必要である。
病院前救護
・発症から医療機関受診までに要した時間は、福祉保健所・保健所別では、幡多が
最も多くかかっており、県平均と比べ18.1分多い。
・我慢して受診が遅れていることも考えられるため、脳卒中の知識の普及が必要で
ある。
・発症から受診までに要する時間の短縮が必要である。
急性期・回復
期・維持期
・T-PA製剤による脳血栓溶解療法が常時実施可能な医療機関は、1医療機関で、脳
外科手術が常時実施可能な医療機関は、2医療機関となっている。
・発症時に直ちに急性期病院を受診出来る必要がある。
・再発防止のために家族の協力による体調管理が必要である。
医療連携体制
・脳卒中地域連携パス「しまんとネット」の運用は 44施設となっている。
・後遺症で手足が不自由な人が多く歯みがき不足等のため、虫歯や歯周病が発症
することが多い。
・脳卒中地域連携パス「しまんとネット」を医療機関の他介護事業所等に拡大する
必要がある。
・ケアマネジャー及び施設の連携、ネットワークの確立が必要。
・自宅や施設で口腔ケアに取り組める体制を構築する必要がある。
対
H25
H26
策
H27
H28
H29
受診勧奨:先進地活動のノウハウの取りこみ・既存団体の再編による活動拡大と推進員間の交流の促進
さまざまな機会を活用した生活習慣病予防・改善の普及啓発
発症予防(高
血圧対策、禁
煙・分煙対策、
予防啓発)
禁煙支援・治療の指導者養成
医療機関との連携:家庭血圧の普及啓発・健診での指導の強化と服薬による降圧治療の強化、
禁煙治療の推進、とさ禁煙サポーターズ養成
実施主体
市町村、健康づくり
婦人会、健康づくり
推進員
県、市町村、医療機
関
県、市町村、医療機
関
県、市町村、医療機
関
県、禁煙サポーター
空気もおいしい認定事業認定店・ノンスモーキー応援施設の拡充
県、市町村、消防
病院前救護
脳卒中発症時の受診行動に関する普及啓発、救急隊員の病院前救護研修の支援
急性期・回復
期・維持期
多職種連携に
よる在宅療養
医療機関、介護施
設等
脳卒中地域連携パス「しまんとネット」の接続・運用拡大、入退院・入退所連絡票の普及
口腔ケアの取組み(施設内実技研修、居宅療養管理の取組み)
栄養士ネットワークと連携した嚥下食の推進
県、介護施設等
歯科医師会、訪問
看護ステーション、
介護事業所
県、栄養士、介護施
設等
数値目標
(特定健診受診率)
33.5%→60%
(収縮期血圧)
130mmHg以上の割合
男性49.8%→39%
女性44.8%→34%
(禁煙外来受診者数)
229名→458名
(認定店)21店→100店
(応援施設) 0件→1,000件
(公共施設での分煙)
学校:95%→100%
(喫煙率)
男性:24.7%→15%
女性:4.7%→3%
時間制限のため、T-PA製剤が
使用できなかった割合
65.4%→50%
発症から医療機関受診までに
要した時間 177.7分→157分
「しまんとネット」接続施設数
44件→60件
口腔ケア取組施設
11.5%→100%
7.認 知 症 対 策
☆身近な地域で認知症の早期診断と日常治療が継続できるよう医療と介護の連携体制を構築
して、認知症の人と家族が安心して生活できる地域づくりを目指します。
項
目
現
状
課
題
予防・
アクセス
・おかしいと思ってから医療につながるまでに時間がかかる。
・認知症に対する偏見がある。
・地域住民に対して、認知症の発症予防や悪化予防に関する情報
の発信が少ない。
・研修会を開催しても参加が少なく、認知症に関する正しい理解が必要である。
・予防の情報発信について、行政・介護・医療・保健・福祉の関係者の連携が必要で
ある。
医療提供体制
・地域の各医療機関で治療が行われているが、特にBPSDがあって
介護が困難な人の治療が、精神科医療と結びついていない。
・認知症患者は身体症状が重症化している人が多く、ADLの回復が
充分でない場合長期入院になってしまう。
・今まで以上に、かかりつけ医と精神科医療機関との連携を図る必要がある。
・医療スタッフ(医師も含めた)の認知症に対する知識の平準化が必要である。
・各医療機関の連携体制構築のため、地域連携パスの導入が必要である。
・身体合併症をもった認知症患者を専門医療につなぐ仕組みづくりが必要である。
地域での見守り・介護
家族の支援
・介護家族の介護負担や精神的負担・不安が大きい。
・介護家族の悩み相談や負担軽減のための交流の場づくりへの参
加者が一部にとどまっている。
・介護家族の認知症に対する理解が不十分であり、相談窓口や交流の場に繋げ
ていく事が必要である。
・介護家族への支援を継続的に行うため、関係者が定期的に話し合う場が必要
である。
対
H25
(予防・アクセス)
知識の普及と医療・介
護に繋げる人材育成
H26
策
H27
H28
H29
キャラバン・メイト養成研修・フォローアップ研修の開催
認知症サポーター養成講座・認知症啓発研修の開催
(医療提供体制)
認知症疾患医療の充
実
地域型認知症疾患医療センターの充実
(専門医療相談・鑑別診断と初期対応・介護分野との連携・関係者等への研修会)
オレンジドクター登録制度の普及と連携の強化
医療と介護の連携の
仕組みづくり
(地域での見守り・介護
家族の支援)
介護家族の負担軽減
の支援
地域での支え合いや
見守り活動の活性化
(H25年度~H26年度試行)
実施主体
県、市町村・地域包括支
援センター、幡多家族の
会
数値目標
(キャラバン・メイト)
133人→200人
(認知症サポーター)
1,892人→5,000人
相談件数 40人/月
県、地域包括支援セン
ター、認知症疾患医療セ
ンター、オレンジドクター、
訪問看護ステーション、介
護事業所
かかりつけ医からの
紹介件数 20件/月
オレンジドクター登録
数 23人→50人
認知症地域連携クリティカルパスの活用
幡多家族の会の活動支援
管内市町村での家族会交流会の支援
地域の見守りネットワークの構築
県、地域包括支援セン
ター、認知症疾患医療セ
ンター、認知症幡多家族
の会、各市町村家族の会
家族会の活動機会を
増やし、取組を強化
する
県、市町村、社会福祉協
議会、民生・児童委員協
議会
市町村、社会福祉協議
会の地域福祉(活動)計
画の目標
8.在 宅 医 療
☆患者や家族が在宅での生活を希望する場合に、在宅での療養を選択できるしくみをつくります。
項目
退院支援
日常の療養
支援
急変時の対
応・看とり
現
状
課
題
・入退院・入退所連絡票の活用が十分でない。特に、在宅での患者の生活を支援するた
めの連絡票を、病院職員が見ていない。(アンケート調査で、半数が知らなかったと回
答)
・居宅介護支援事業所の中には、医療機関との情報共有やカンファレンスの機会に恵ま
れないケースがある。
・医療機関内で、患者の在宅に向けての目標を共有するための情報共有のツールの活用
が必要である。
・退院時の多職種カンファレンスに時間がかかり、継続が難しく、効率的に進める等の工夫
や医療と介護等の現場を密接に繋ぐ関係づくりの場が必要である。
・在宅医療について、住民や関係職種、医療機関の理解・認識を深める必要がある。
・郡部では、アクセスが悪いのでヘルパーも多くは訪問できない。介護保険以外の資源
の洗い出しが必要である。
・医師の高齢化、スタッフ不足により、訪問診療や訪問看護ができる医療機関が限られ
ている。
・フォーマルな資源の不足を補うための地域の支え合い、サロン、ボランティア活動等拠り
所となる場所の整備と機能の強化が求められている。
・医療・看護・介護等が連携し、夜間も対応できる体制づくりが必要(グループ化)である。資
源の少ない地域では、市町村間でカバーできるしくみを創り、地域格差をなくす事が必要
である。
・診療所から往診している在宅の介護者から、夜間や土日は医師が不在の為、様態が
急変した時のことを考えると不安になると言われる。
・在宅が可能かどうかは、患者を看護するキー・パーソンの覚悟しだいである。
・診療所では、患者が急変した場合に入院させる事が出来ない。バックアップしてくれる病
院があれば在宅は可能となるため、普段から病院と診療所の顔の見える関係(情報共
有)が必要である。
・本人・家族の在宅への意識を高めるためには、キーパーソン(家族)の参加したカンファレ
ンスが求められている。(多職種によるチーム支援)
対
H25
在宅での療養を選
択できるしくみづく
り(退院支援、日常
の療養支援、急変
時の対応含む)
H26
策
H27
H28
H29
土佐清水市在宅医療連携体制整備
事業
24時間の在宅医療の体制づくり、退院支援の強化、地
域包括ケアシステムの構築
宿毛市医療介護福祉ネットワークづく
り事業
医療・介護・福祉ネットワークの強化、地域包括ケアシ
ステムの構築
四万十市、黒潮町での仕組みづくりを検討する場を
設定する(地域ケア会議、フローチャート作成)
多職種協働による
在宅チーム医療を
担う人材育成
在宅医療に対する啓
発
地域リーダー研
修会
多職種協働による患者・家族のサポート、地域包括ケアの推進
出前講座、フォーラム、広報資材等によるPR
実施主体
数値目標
・土佐清水市、土佐清水市在宅
医療多職種連携協議会、渭南
病院、訪問看護ステーション、訪
問介護事業所、訪問看護連絡
協議会、地域包括支援センター、
居宅介護支援事業所、県
・宿毛市医療機関・居宅介護支
援事業所等連携協議会、訪問
看護ステーション、訪問介護事
業所、訪問看護連絡協議会、宿
毛市、地域包括支援センター、
居宅介護支援事業所、県
・医師会、歯科医師会、薬剤師
会、訪問看護ステーション、訪問
介護事業所、ケアマネ協議会、
四万十市、黒潮町、県
医療圏域(3ブロック)
ごとのしくみができる
・県医師会、訪問看護連絡協議
会、訪問看護ステーション、訪問
介護事業所、地域包括支援セン
ター、居宅介護支援事業所、県
・訪問診療を実施してい
る医療機関27所⇒対応
力を強化する
市町村、医師会、歯科医師会、
薬剤師会、訪問看護連絡協議
会、訪問看護ステーション、訪問
介護事業所、ケアマネ連絡協議
会、地域包括支援センター、県
フローチャートの作
成・活用
・24時間対応できる訪問
介護事業所の体制を強
化する
・24時間訪問看護ス
テーションの体制強化・
効率化のしくみができる
・訪問診療を受けている
患者数564人⇒増やす
8.参考データ
③平成24年度 特定健診受診者の喫煙率
(1)脳卒中に関するデータ
平成24年度 特定健診受診者の喫煙率
①特定健診受診率の推移
30.0
25.0
特定健診受診率の推移
40.0
38.0
35.0
30.0
25.0
20.0
32.0
31.7
29.3
29.4
27.7
27.2
26.0
23.5
21.9
28.2
25.8
34.7
33.5
33.2
28.6
28.5
27.0
幡多管内
宿毛市
10.0
5.0
4.9
5.5
4.7
5.4
4.5
3.2
女性
4.4
1.0
0.0
土佐清水市
四万十市
三原村
20.9
20.1
黒潮町
H23
H24
②幡多管内特定健診受診者の内収縮期血圧が130mm以
上の人の割合の推移
幡多管内特定健診受診者収縮期血圧130mmHg以上の
割合の推移
53.4
高知県
高知市
159.6
148.0
安芸
171.1
中央東
中央西
171.3
146.7
須崎
幡多
175.6
177.7
(出典:平成23年11月~平成24年9月高知県脳卒中調査)
※幡多圏域が一番時間を要しているが、我慢して受診が遅れていることも
考えられる。
52.3
52.0
49.8
50.0
47.0
男性
45.0
46.0
平成24年度の特定健診受診者の喫煙率は、県平均より高い市町村は男性
が宿毛市、四万十市、大月町、黒潮町、三原村で、女性は宿毛市、四万十市
。
④発症から医療機関受診までに要した時間(分)
平成24年度の特定健診受診率は、県(33.2%)と幡多管内(33.5%)が、ほぼ同じ。
宿毛市(28.6%)、土佐清水市(28.5%)、大月町(27.0%)が県平均以下。
48.0
19.8
大月町
H22
54.0
24.9
24.6
男性
高知県国保
15.0
56.0
24.9
15.0
38.7
33.9
25.2
20.0
39.0
38.0
27.8
24.7
24.0
44.8
44.0
⑤T-PA製剤の適応があったが時間制限のため使用できなかっ
た件数とその割合
高知県
女性
高知市
安芸
中央東
中央西
須崎
幡多
件数
85
35
6
8
10
9
17
割合
61.6
61.4
60.0
61.5
58.8
60.0
65.4
42.0
40.0
22年度
23年度
24年度
(出典:平成23年11月~平成24年9月高知県脳卒中患者調査)
(2)認知症に関するデータ
①高齢者の一人暮らしや高齢者世帯の割合が幡多は県の平均より多い
市町村別世帯数と世帯人員(各項目共通データ)
一般世帯
総世帯数
世帯数
施設等の世帯
一世帯当た
世帯人員
り人員
世帯数
65歳以上世帯員がいる世帯
高齢夫婦
高齢単身世帯
一般世帯
世帯人員
世帯
割合
世帯
割合
世帯
割合
計
321,909
321,004
737,568
2.3
905
26,888
142,421
44.37%
38,704
12.06%
44,773
13.95%
幡 多 合 計
宿
毛
市
土 佐 清水市
四 万 十 市
大
月
町
三
原
村
黒
潮
町
39,673
9,213
7,216
14,874
2,573
745
5,052
39,530
9,171
7,201
14,814
2,569
743
5,032
90,990
21,700
15,583
34,405
5,706
1,624
11,972
2.3
2.4
2.2
2.3
2.2
2.2
2.4
143
42
15
60
4
2
20
3,412
910
446
1,528
77
57
394
20,213
4,294
4,223
6,777
1,574
446
2,899
51.13%
46.02%
58.64%
45.75%
61.27%
60.03%
57.61%
5,743
1,204
1,250
1,836
449
148
856
14.53%
13.13%
17.36%
12.39%
17.48%
19.92%
17.01%
6,337
1,291
1,503
2,008
548
144
843
16.03%
14.00%
20.87%
13.55%
21.33%
19.38%
16.75%
県
②認知症高齢者の推計人数
③認知症対応型共同生活介護施設(グループホーム)は幡多
管内、県全体とも増加している
平成18年10月:17事業者(県全体:111)
→平成23年10月:26事業者(県全体:140)
◆平成22年度認知症高齢者自立度Ⅱ以上の推計
(要介護認定申請している人数)
Ⅱ以上割合
宿
毛
市
土佐清水市
四 万 十 市
大 月 町
三 原 村
黒 潮 町
幡 多 管 内
高 知 県
全
国
56.2
62.6
56.2
56.4
56.4
70.4
59.8
58
52
要介護認定者
1,071
1,097
1,864
453
106
878
5,469
40,535
認知症推計
602
687
1,048
255
60
618
3,270
23,492
⑤認知症キャラバン・メイト、認知症サポーター養成人数
④認知症高齢者を支援する医師
オレンジドクター:23名(県全体:200名 平成25年10月現在)
(サポート医:3人、かかりつけ医修了者:20人)
(平成25年3月31日現在:人)
宿毛市
土佐清水市
四万十市
大月町
三原村
黒潮町
合 計
キャラバン・メイト数
22
17
52
10
4
28
133
認知症サポーター数
37
230
925
367
37
296
1,892
(3)在宅医療に関するデータ
①訪問診療受診患者数(医療機関所在地別)
(出典:平成24年高知県在宅医療実態調査)
保健医療圏
安芸
中央東
高知市
中央西
高幡
幡多
県計
割合
自宅
180
168
528
162
81
254
1,373
46%
施設等
177
259
410
298
172
310
1,626
54%
計
357
427
938
460
253
564
2,999
100%
②24時間対応可能加算届出訪問看護ステーション数
(出典:平成24年高知県訪問看護ステーション連絡協議会調査、平成24年11月高知県介護保険サービス提供者事業者一覧)
保健医療圏
安芸
中央東
高知市
中央西
高幡
幡多
県計
訪問看護ステーション
3
5
22
4
2
8
44
24時間対応訪問看護
ステーション
0
3
17
4
2
6
32
③訪問診療実施医療機関数(出典:平成24年高知県在宅医療実態調査)
保健医療圏
病院
診療所
安芸
中央東
高知市
中央西
高幡
幡多
県計
訪問診療
44
107
18
22
48
24
12
27
151
・訪問診療は、幡多地域は17.9%で高知市(31.8%)に次いで多く実施されている。
④ショートステイ整備状況(平成25年5月現在、幡多圏域):101床(県計:645床)
⑤緊急ショートステイ利用状況(幡多圏域)
・ 平成24年度: 2床(千寿園、四万十の郷)、延べ33日(県:12床、延べ148日)
・平成22年8月~25年3月:利用状況は62人(320日)。介護者の急病・事故等により利用するケースが過半数を占めている。
⑥平成23年県民世論調査結果
・県民の意識が療養が必要になっても居宅において生活していきたいというニーズが、県平均より高い(県24.4%、幡多31.9%)。
・安心して暮らしていくために、家族や親類以外に周りで頼りに思う人は、近隣住民(友人、親友を含む)の69.5%となっている。
・在宅療養を選択する条件(2項目選択)として、経済的負担が少ない36.7%、家族の介護負担が少ない32.4%、病状悪化時入
院できる26.7%、病状悪化時、医師や看護師が往診してくれる26.7%となっている。
9 用語集・数値目標説明
<用語集>
(脳卒中)
・訪問看護ステーションとは、自宅で療養する高齢者等に訪問看護サービスを提供する機関。高齢
在宅ケアを支えるために、1992 年老人保健法を改正して、制度化された看護師や保健師の開業制
・特定健診とは、40 歳以上 75 歳未満の被保険者および被扶養者を対象として、メタボリックシ ・訪問介護事業所とは、身体上又は精神上の障害のため、日常生活を営むのに支障がある方に対
ンドロームの予防・解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための健康診査。
介護福祉士やホームヘルパパ―が入浴や排せつ、食事などのサービスを提供(介護保険を利用され
・空気もおいしい認定事業とは、受動喫煙防止の周知と環境整備を進めることを目的に、受動喫 る方が対象)
煙防止対策を実施している飲食店を認定し公表する事業。
・医療・介護・福祉ネットワークづくり事業とは、認知症高齢者の医療、介護に関わる専門
・ノンスモーキー応援施設事業とは、受動喫煙防止に取り組む施設又は店舗(飲食店、公共施設 職による現状、課題について協議や研修会を実施する事業。
を除く)を「ノンスモーキー応援施設をして登録し、最も身近である地域や職場において、禁煙・ ・在宅チームを担う人材育成事業とは、医療福祉従事者が、お互いの専門的な知識を活かし
受動喫煙防止への関心を高める事業。
ながらチームとなって患者・家族をサポートしていく体制を構築する研修事業。
・T-PA 製剤とは、脳梗塞の発症 3 時間以内の使用で、後遺症の程度を大幅に軽減することが可能 <数値目標説明>
な血栓溶解薬の名称。
(脳卒中)
・しまんとネットとは、地域連携パスをインターネット運用する事で、これまでの連携パス活動 ・特定健診受診率は、管内の国保加入者のうち、平成 24 年度に特定健診を受診した者の割合。
を、さらに充実させるとともに、医療・福祉分野の連携までネットワークを拡大するシステム。
・収縮期血圧 130mmHg 以上の割合は、平成 24 年度の特定健診受診者のうち、収縮期血圧が 130m
(認知症)
以上であった者の割合。
・認知症サポーターとは、認知症の人とその家族が地域で安心して暮らして行けるために、認知 ・禁煙外来受診者数は、平成23年度に管内の医療機関の禁煙外来を受診した者の数
症に対する偏見や誤解を無くし、地域の中で見守り支援をしていく「応援者」。
・空気もおいしい認定事業認定店(平成 25 年 9 月末現在)
・キャラバンメイトとは、
「認知症サポーター」養成講座をより身近な地域で受けていただけるよ ・ノンスモーキー応援施設(平成 25 年 9 月から実施)
う、講座の講師となる人。
・分煙を実施している学校の割合は、管内の小・中・高等学校等(特殊学校を含む)のうち分煙又
・地域型認知症疾患医療センターとは、保健医療、介護機関等と連携しながら認知症に対す
煙を実施している学校の割合(平成 23 年 12 月調査)
る専門医遼相談や初期診断、鑑別診断を実施するとともに、地域保健医療、介護関係者への
・喫煙率は、平成 24 年度の特定健診受診者のうち現在喫煙している者の割合。
研修等を行なうことにより、地域の認知症疾患に関する保健医療の向上図る目的で指定され
・時間制限のため、T-PA 製剤が使用できなかった割合(出典:平成 23 年 11 月~平成 24 年 9 月高
た病院。
脳卒中患者調査)
・オレンジドクター登録制度とは、
「認知症対応力向上研修」を修了した医師を「こうちオレンジ ・発症から医療機関受診までに要した時間(出典:平成 23 年 11 月~平成 24 年 9 月高知県脳卒中
ドクター」として登録し、認知症について相談し易い体制をつくるもの。
調査)
・認知症地域連携クリティカルパスとは、医療と介護の関係機関が連携し切れ目なく支援を行う (認知症)
ために連携パスを作成し、認知症のご本人及び家族への関係者の連携支援体制を拡げていくため ・
「キャラバン・メイト」は、全国キャラバン・メイト連絡協議会の支援を受けて、県や市町村が実
のバインダー式手帳。
る養成研修(研修時間:6 時間)を受講し登録した者。
・ADLとは、日常生活動作の事で、食事や排泄、移動や入浴等の基本的な動作で、高齢者や障 ・相談件数は平成 25 年 10 月に指定した高知県認知症疾患医療センター 渡川病院に設置する専門
害者の身体能力や障害の程度をはかる重要な指標となっている。
相談窓口で、ご本人、家族等からの認知症に関する様々な相談に応じた件数。
・BPSDとは、認知症の症状の基盤となる「中核症状」の記憶障害・見当識障害・理解の低下 ・かかりつけ医からの紹介件数とは、認知症疾患医療センターが事業内容のうち「鑑別診断とそれ
等から二次的に起こる症状(徘徊、妄想、不潔行為等)
づく初期対応」を行うために、かかりつけ医からの紹介のあった件数
(在宅医療)
・オレンジドクターとは、認知症対応力向上研修修了者と認知症サポート医のうち、
「物忘れ・認知
・地域包括ケアシステムとは、医療・看護、介護・リハビリ、保健・予防、生活支援、住ま
談医」として在登録している者(平成 25 年 10 月現在:23 人)。
いの 5 つの要素が互いに関係、連携しながら在宅の生活を支えるシステム。
(在宅医療
・地域ケア会議とは、個別ケースの支援検討を通して、多職種連携、地域のニーズや社会資
・訪問診療受診患者 564 人は、1 ヶ月間で訪問診療を受けている実患者数で、受診場所では自宅
源の把握、地域課題への取組みを推進し、高齢者が地域で生活しやすい環境を実現するため
(45%)、施設等 310 人(55%)となっている。(出典:平成 24 年高知県在宅医療実態調査)
の会議。
・訪問診療実施医療機関は、27 か所(17.9%)で、圏域では高知市 48 ヶ所(31.8%)についで多
・在宅医療連携体制整備事業とは、在宅医療を地域全体で支えていく仕組みづくりや、医療
っている。(出典:平成 24 年高知県在宅医療実態調査)
と介護の連携を強化する事業。(協働の場の開催、24 時間対応の構築 等)
・幡多地域保健医療計画(アクションプラン)策定委員
区
分
保健・医
療関係者
所
福祉・介
護関係者
役職(職種)
氏名
医療法人慈恵会
中村病院
院長(医師)
陣内 陽介
医療法人一条会
渡川病院
院長(医師)
吉本 啓一郎
幡多けんみん病院
脳神経外科部長
(医師)
西村 裕之
黒潮町国保
所長(医師)
小野 歩
医療法人真仁会 和泉歯科医院
(幡多歯科医師会)
理事長(歯科医師)
山本 泉
ときわ薬局(薬剤師会幡多支部)
(管理薬剤師)
西本 節子
拳ノ川診療所
開催回数
(開催日程)
第1回
(8月7日(水))
検
討
会
内
容
○アクションプラン策定趣旨説明と現状・
課題の抽出
・県計画の方針、幡多圏域の現状・取組み状況
・各項目の現状、課題の洗い出し
・策定検討委員会の今後のスケジュールについて
○各項目の現状、課題、取組みの整理
第2回
(9月6日(金))
・各項目毎の現状、課題、目指すべき姿の整理
・対策、数値目標の項目出し
○アクションプラン(線表 案)策定
医療法人聖真会
在宅医療連携室
住民
属
・策定経過
渭南病院
(看護師)
第3回
(10月2日(水))
・個別対策の検討
・数値目標の検討
中野 知美
医療法人互生会 筒井病院
(看護協会幡多支部)
(看護師)
四万十市保健介護課
保健衛生係長
(保健師)
竹本 美佳
認知症の人と家族の会
(幡多家族の会)
(事務局
松岡 時規子
社会福祉法人梼の木福祉会
居宅介護支援事業所虹の丘
(介護支援専門員)
黒潮町地域包括支援センター
係長
(主任介護支援専門員
保健師)
三浦 節
○アクションプラン報告(案)策定
(推進会議への報告案)
第4回
(11月6日(水)) ・対策、数値目標の整理
・全体レイアウトの整理
世話人)
池本 幸子
野村 敬子
○アクションプラン最終報告(案)の検討・承認
第1回
日本一の健康長寿
県構想幡多地域推
進会議
(11月14日(木))
予
備
(11月20日(水))
・策定検討委員会で検討概要の説明
・対策、数値目標の承認
※必要に応じて
○推進会議での検討事項の修正等
・最終調整
→最終案を「推進会議委員へ文書報告」
ダウンロード

第6期幡多地域保健医療計画(アクションプラン)(案)