立教大学大橋ゼミナール A班
Concept
-CSR時代の到来-
新時代の企業のあるべき姿について検討する
企業評価の過去
企業評価の現在
ケーススタディー
セブンイレブンと任天堂
企業評価の将来
長期成長が望める企業とは
CSR(社会的責任)とは何か
CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略で、企業の
「ビジネスの発展」と「社会・環境への配慮」を両立する事
を目的とした、先進型ビジネス概念。
環境
トリプル
ボトムライン
経済
社会
この3つの側面のバランスによって企業を評価する
企業評価の変化
Past
Present
Future
-Change-
財務による評価
CSR+財務の評価
CSR評価のさらなる重視
なぜ重視され始めているのか
 近年の多発する不祥事から、コーポレートガバ
ナンスと経営の透明性が問われるようになっ
た
 これからの投資はSRIの視点を取り入れたもの
になっていくと考えられる
SRIとは・・・Socially Responsible Investment=社会的責任投資
企業の社会的責任を評価する投資手法のこと
財務力評価
-Past-
財務力評価
収益性
安全性
成長性
Ex.10年前の1994年の1位は任天堂
過去における問題点
・会社の持っている非財務情報・知的財産が、評価されていない
・企業が利益追求のみにはしり、社会的に悪影響を及ぼす
企業の社会へもたらす影響が大きくなっているため
CSR総合評価
-Present-
CSR総合評価
財務力評価
収益性
安全性
成長性
CSR
CSR取り組度
CSR報告書充実度
外部の見方
投資家
消費者
CSRランキング
ランク外
1
・・・
6
03年度
5
-Present-
CSR総合評価
4
3
ファーストリテ
武田薬品工業
イリング
任天堂
2
2
セブンイレブン
エーザイ
富士フィルム
3
財務成績
4
1
キャノン
花王
三共
ファミリーマート
デンソー
5
6
ユニチャーム
ホンダ
イトーヨーカ堂
・・・ ランク外
松下電器
出所:日経ビジネス 2004年7月26日号
財務ではともに1位のセブンイレブンと任天堂だがCSR総合評価には大
きな差があることがわかる
※ランキング1-5位を1、2-10位を2、・・・と位置づけた
ケーススタディー
CSRが良い会社の財務とは
 ステイクホルダーへの還元
株主(配当金)
消費者(研究開発)
利益
 株主への還元
任天堂
(単位 百万円)
2000.3
2001.3
2002.3
2003.3
2004.3
当期純利益
85817
56061
106444
67267
33194
配当金
18416
16999
17000
21737
18932
配当性向
21.5%
30.3%
16.0%
32.3%
57.0%
セブンイレブン
(単位百万円)
2000.3
2001.3
2002.3
2003.3
2004.3
当期純利益
71831
80192
81716
82825
93135
配当金
20821
23320
26235
27546
30387
配当性向
29.0%
29.1%
32.1%
33.3%
32.6%
 消費者への還元
任天堂
研究開発費
売上高研究開発費比率
投資CF
(単位百万円)
2000.3
2001.3
2002.3
2003.3
2004.3
16495
16591
16791
14598
15825
3.1%
3.6%
3.0%
2.9%
3.1%
△ 64,476
12,776
△ 5,117
36,088
△ 67,025
セブンイレブン
設備投資
売上高設備投資比率
投資CF
(単位百万円)
2000.3
2001.3
2002.3
2003.3
2004.3
45,172
44,951
54,731
62,039
60,223
13.4%
12.5%
14.2%
14.6%
12.7%
△ 54,389
△ 74,551
△ 58,442
△ 75,690
△ 102,225
キャノン
研究開発費
売上高研究開発費比率
投資CF
(単位百万円)
1999.12
2000.12
2001.12
2002.12
2003.12
18,559
200,254
218,068
232,270
259,044
7.0%
7.2%
7.5%
7.9%
8.1%
△ 200981
△ 212803
△ 192591
△ 230219
△ 199947
※セブンイレブンは研究開発費という項目がないので設備投資費を比較対象とした。
また、より比較しやすくするためキャノンも参考として出す
その結果は・・
任天堂
(単位百万円)
2000.3
2001.3
2002.3
2003.3
2004.3
株主資本比率
81.2%
78.1%
80.8%
82.0%
88.1%
内部留保率(実質)
81.7%
84.7%
82.2%
82.1%
91.3%
売上高当期純利益率
16.2%
12.1%
19.2%
13.3%
6.4%
株主資本当期純利益率
11.3%
6.7%
11.4%
7.6%
3.7%
セブンイレブン
(単位百万円)
2000.3
2001.3
2002.3
2003.3
2004.3
株主資本比率
74.4%
75.9%
75.0%
75.0%
71.8%
内部留保率(実質)
75.0%
76.8%
75.9%
78.0%
81.3%
売上高当期純利益率
21.3%
22.4%
21.3%
19.5%
19.6%
株主資本当期純利益率
13.8%
13.8%
13.7%
13.0%
14.6%
任天堂のCSR評価が良くない理由は、稼いだ利益を新規投資にまわすか、還元するかはっ
きりしないままにためこんできたことがひびいている。
利益をきちんと還元する透明な企業が求められている
CSR評価のこれから
-future-
 現状での限界と問題点
企業評価の変化に対応して、CSR報告書なるも
の提出・公開する企業は、近年増加している
しかし・・
目標を掲げるだけで実績が伴っていない企業
も多く、粉飾まがいの報告書も存在するという
のが実態である
長期的成長が可能な企業とは
CSR
会計
目標
CSR報告書
付加価値分配
その
行政
他
6%
10%
株主
6%
社員
78%
出所:大和證券持続可能性報告書
実績
第三者に
よる評価
まとめ
■
過去
問題点
非財務情報・知的財産が評価されない
企業が利益追求のみに走る
■
現在
ケーススタディ
問題点
■
利益をきちんと還元する透明な企業が
求められている
目標だけで実績が伴っていない企業もある
これから
課題
目標・実績の開示、CSR会計の導入、
第3者による評価
ダウンロード

企業評価の進化 CSRと財務にみる企業のあり方