糖尿病の病態
中石医院(大阪市)
中石滋雄
糖尿病における糖代謝状態
インスリン赤字と抵抗性矢印
やせ型2型糖尿病の発症経過
肥満型(メタボリックシンドローム型)
2型糖尿病の発症経過
発症経過の比較
多くの糖尿病はインスリン分泌不全と
インスリン抵抗性があいまっておこる
SU剤の効果
インスリン抵抗性改善剤の効果
インスリンの効果(やせ型)
インスリンの効果(肥満型)
インスリン量を用いた糖尿病の病態
説明法の特徴
• インスリン抵抗性とインスリン分泌不全を同じ
ベクトルで表現することができる。
• 両方の影響を同時に考えることができる。
• 糖尿病の病態を視覚化することができる。
インスリン作用の不足
• 糖尿病は、インスリン作用の不足による慢性高
血糖を主徴とし、種々の特徴的な代謝異常を伴
う疾患群である。その発症には遺伝因子と環境
因子がともに関与する。代謝異常の長期間にわ
たる持続は特有の合併症を来しやすく、動脈硬
化症をも促進する。代謝異常の程度によって、
無症状からケトアシドーシスや昏睡に至る幅広
い病態を示す。
(1999年 日本糖尿病学会 糖尿病の分類と診断
基準に関する委員会報告)
糖尿病における糖代謝状態
インスリン量からみた食後高血糖の病態
糖尿病ではインスリン初期分泌は
かならず低下している。
糖尿病における食後のインスリン赤字
このインスリン赤字
こそが、食後高血糖
をもたらす
糖尿病において食後のインスリン赤字が
増大する理由
インスリン抵抗性の増大
多量の食事摂取
急速な食事摂取
インスリン追加分泌の低下・消失
α-グルコシダーゼ阻害薬の効果
減少したインスリン必要量
速効型インスリン分泌促進薬の効果
増加したインスリン分泌量
“はさみうち”療法
α-グルコシダーゼ阻害剤と
速効型インスリン分泌促進剤の併用効果
超速効型インスリン
“はさみうち”療法
α-グルコシダーゼ阻害薬と
超速効型インスリンの併用効果
減少したインスリン必要量
αグルコシダーゼ阻害薬の併用は
注射で補うインスリンを減量する
ことができる。
糖尿病薬の分類
インスリンを増やす・補う薬
(追加分泌のみ)
• 速効型インスリン分泌刺激薬
(グリニド)
• (超)速効型インスリン
(基礎分泌・追加分泌とも)
• SU剤
• 混合型インスリン
(基礎分泌のみ)
• 持効型インスリン
インスリン必要量を減らす薬
(追加分泌のみ)
• α‐グルコシダーゼ阻害薬
(基礎分泌・追加分泌とも)
• インスリン抵抗性改善薬
– ビグアナイド薬
– チアゾリジン薬
ご静聴ありがとうございました。
関空特急はるかを京都駅0番ホーム
に停車させよう!
ダウンロード

糖尿病の病態解説スライド