授業がうるさくなったら
翌週から指定席制にします。
周りに迷惑をかけないように!
履修上の注意
• 大人数の講義なので、細かく個人の都合に
応えることは不可能です。
• そこで、本授業では公式なルールに従います。
• 履修要覧(p.10)
– 『履修した科目の単位を修得するためには、その
授業科目の授業に3分の2以上出席し、所定の
試験に合格しなければなりません。』
– ①3分の2の出席、②試験の合格
• 本科目では、本日からの三分の二が単位習
得の必要条件①になります。
『世界経済の謎』の二つのプロ
ローグ
第三回
2005年4月25日
久松佳彰
プロローグ 日本の開国
• 1852年~53年、ロシア
のプチャーチン提督の
日本を目指す航海
• 目的は、日本との北方
の領土の確定と、日露
間の通商条約の締結。
• 随行していたのは作家
のゴンチャロフ。『日本
渡航記―フレガート「パ
ルラダ」号より』岩波文
庫
プチャーチン提督の航海
プチャーチン提督 vs. 川路聖謨公使
• プチャーチン:
– 日本人が通商を怖れるのは杞憂であり、通商は人民の
福祉を潤すが、通商によって凋落した国民はなく、かえっ
て富強になった。
– そして、外国人が日本人と取り引きをする品物の例を挙
げて説明した。
– 『窓に紙が貼ってあるから(障子)寒い。ガラスにすればよ
い。』
– <日本・塩⇔ロシア・魚>の取り引きはどうか?
– 全人民で米を作る必要はなく輸入して、その代わりに人
民の一部を採鉱に使えば、富は増える。
プチャーチン提督 vs. 川路聖謨公使
• 川路聖謨(その1)
– 魚・ガラス・米などの必需品の輸入は結構である。
– しかし、見事な時計(立派な卓上天文時計)を運
んで来たら、日本人は何もかも手放して素っ裸に
なってしまうだろう。
– 時計は気に入ったが、本日の話は笑ったまま打
ち切りにするのが上分別だと思う。
プチャーチン提督 vs. 川路聖謨公使
• 川路聖謨(その2)
– 交易は日本では、まだ新たな未熟の業である。
– どのように、どこで、何を交易するべきかを考える
必要がある。
– 娘は嫁に出すが、それは娘が成人をした後でで
あって、成人にならないと出さない。
– 交易も日本が成人にならないとできない。
プチャーチン提督 vs. 川路聖謨公使
• プチャーチンが述べた
のは、理路整然とした
自由貿易論
• 川路聖謨が述べたの
は幼稚産業保護論と呼
ばれる代表的な保護貿
易思想
自由貿易の恩恵
• 鎖国政策により、約300年にわたって「自給自
足」を行なってきた日本が、いっきに「自由貿
易」に転換した。
• 経済学にとっては、日本はほぼ実験室のよう
な条件で自由貿易の経済効果を試した。
自由貿易の恩恵
• ヒューバー(1971)の研究
– “Effect on Prices of Japan’s Entry into World
Commerce after 1858” JPE 79 (3)
• 1846~55年の商品価格体系と、1871~79
年の商品価格体系を比較
• 主要輸入品(綿花・綿糸・綿織物・金属・砂
糖)の平均価格は55%も下落
• 主要輸出品(生糸・茶)の平均価格は33%も
上昇
自由貿易になると…
• (国際価格>国内価格)である商品は輸出さ
れ、(国際価格<国内価格)である商品は輸
入される。
• 貿易によって自国の価格にも変化が起きる。
– 輸出商品の国内価格は上昇し始める(理由:輸
入の需要が増大するから)
– 輸入商品の国内価格は低下し始める(理由:海
外から安価な商品が入ってくるから)
• 調整が終わると、国内価格≒国際価格に。
自由貿易になると…
• 輸出品を生産する生産者の収入を増加させ、
輸入品を消費する消費者の生活費を低下さ
せるので、わが国全体としては貿易から利益
を受けることになる。
• 輸入品価格が55%も低下、そして輸出品価
格が33%も上昇
– 物凄い変化
– 鎖国下の日本経済が世界経済の実勢と離れて
いた
開国の利益の推計
• ヒューバーは、実質賃金を推計して、日本が
開国から受けた利益の大きさを測ろうとした。
– 実質賃金とは、労働者が受ける名目額の賃金を
消費財の名目価格(物価)で割った値
– 労働者の購買力(実質所得)を測る
• その賃金で消費財(例:食べ物)がどれだけ買えるか
• 1846~55年→1871~79年
– 名目賃金は20%上昇、生活必需品の価格は
30%低下、つまり実質賃金は67%の上昇!
開国の利益の推計
名目賃金(1871 79)
1  0.2

 1.71
生活必需品の価格(1871 79) 1  0.3
• 1846~55年の、名目賃金および生活必需品の価
格を1としたときには1846~55年の実質賃金は1÷
1=1になる。1871~79年については教科書に従う
と上記のような計算になり、約70%の実質賃金の上
昇ということになる。
わが国をめぐる貿易関係
• 1997年において、日本の貿易額は、輸出・輸
入ともに世界第三位であった。
• 貿易相手地域では、アジアの貿易シェアが近
年高まっている。
• 貿易の品目構成では、輸出も輸入も機械類
が第一位である。
第Ⅰ部: 国際取引の5つの動機
•
•
•
•
(a) 異なった財の交換
(b) 異なった時点に行われる支出の交換
(c) リスクの分散
(d) 価格差からのもうけをねらった行動(裁
定)
• (e) 投機
• これらが第Ⅰ部の内容です
第Ⅱ部 プロローグ(p.168~)
• 経済組織における「ねずみ講」的な仕組み
– 「ねずみ講」ってなに?
• 『会員を鼠算(ねずみざん)式に拡大させることを条件
として、加入者に対して加入金額以上の金銭その他の
経済上の利益を与える一種の金融組織。投機性が強
いので法律で禁止。連鎖配当組織。無限連鎖講。→
マルチ商法』(広辞苑)
• 鼠算:『和算で、「正月には雄雌2匹の鼠が12匹の子
を生み、2月には親子いずれも12匹の子を生み、毎
月かくして12月に至れば、鼠の数は2×712の算式に
より276億8257万4402匹の数になる』という問題
ねずみ講とバブルの理論
• ねずみ講は欧米でも別の名称で存在する
• 「チェイン・レターズ」、「ポンジーのゲーム」、
「ピラミッド方式」など。
• アメリカでは「ポンジーのゲーム」と呼ばれる
が、これは1920年代のボストンで、ねずみ
講を始めた人物、チャールズ・ポンジーの名
前からきている。
アルバニアのねずみ講
アルバニア
アルバニアの貧しさは人災
• アルバニアはアフリカの諸国と肩を並べるくら
い貧しい。ギリシャの一人当たりGNP(所得
の尺度)はアルバニアの20倍!
• 海外に移住したアルバニア人の送金が頼り。
• アルバニアの貧しさは、1946年のアルバニ
ア人民共和国の建国以来、40年も独裁を続
けたホッジャ労働党第一書記の政策に原因
がある。⇒人災
エ
ン
ベ
ル
・
ホ
ッ
ジ
ャ
アルバニアの孤立化への道
• スターリンの共産主義
– つまり、米国とは貿易せず
• スターリン⇒フルシチョフの穏健路線
– アルバニアはソ連と断絶
• アルバニアは自由主義社会と共産主義社会
と断交
• でも、中国がいたが、中国・米国関係の改善
と共に、アルバニアは中国と断絶。
• 鎖国の開始!自給自足⇒貧しさへの道
ホッジャ死後のアルバニア
• 1992年サリ・ベリシャの大統領当選
– 市場経済システムの積極的導入
– 欧米からの経済援助
• 市場経済は上手くいったのか?
「ねずみ講」事件
• 共産主義時代: 銀行なし⇒タンス預金
• 銀行設立は1992年以降
• ところが、預金の大部分は、政府の監督下に
ある銀行ではなく、監督下にない「投資会社」
に向かった。
• 理由: 金利の差にあまりに違いがあった
• 年利19% vs. 月当たり8%(年利152%)
最大の投資会社ヴェファ
• 高い金利で預金を集め、預金者に対して月
利で6~10%の金利を払っていた。
• その金利支払の元は?
• ヴェファの説明では「鉱山、スーパーマーケッ
ト、旅行業、食品産業、材木加工、、、世界1
8カ国との取り引き」
• 事実は、スーパーや小さなソーセージ工場に
投資は限られていた
つまり、、、
• 投資会社は「ねずみ講」だったのである。
• ここでの「ねずみ講」とは、
– 高い金利で預金を引き付け、その元本と金利の
支払には次の預金を回し、その元本と金利の支
払にはさらにその次のよきんを回すという商法
• 預金の流入が止まれば破綻⇒実際、破綻
• 怒った国民が暴動化(1997年)
• 無政府状態へ
政府の釈明
• ベリシャ大統領:『ねずみ講を規制しなかった
過ちは認めるが、政府が被害を弁済する義
務はない』=まぁ正論
• しかし、投資会社の献金が政府の政治資金
源だったのである!
• それが暴動から無政府状態になる原因だっ
た
• 多国籍軍の介入
「マネー・ゲーム」の危険な誘惑
• アルバニア国民も「うさん臭いビジネスである
ことは分かっていた」らしい。でも、ブラック・マ
ネーのマネー・ロンダリングだと思っていたと
いうのである。
• たしかに隣国セルビアとの密輸があり、資金
洗浄需要=資金流入はあったのである。
• そこで、アルバニア人たちもマネー・ゲームの
スリルに麻薬のように引きつけられてしまった
に違いない。
でも、、、
• アルバニア国民はたった300万人。
• ねずみ講はいつまでも続くはずがない。
• では、「ねずみ講」的なものはアルバニア特
有のものだろうか?
• 実は毎日の生活と切り離せないものもあるの
だ。
来週からは
• 世の中の「ねずみ講」
的なものを見ることにし
ます。
• 次回は、第10章「ねず
み講とバブルの理論」
をやります。
今日は終わり。
お疲れ様
Have a nice Golden Week!
ダウンロード

『世界経済の謎』の二つのプロローグ