第3回簡単なデータの入出力
教科書5章
電子1
2005/04/28(Thu.)
1
入出力のあるプログラム例
(教科書p.36参照)
/*
作成日:2005/04/28(thu.)
作成者:本荘 太郎
学籍番号:b06b0xx
ソースファイル:echoage.c
実行ファイル:echoage
説明:入力された年齢を表示するプログラム
入力:標準入力から年齢を入力する。
出力:標準出力に年齢を出力する。
*/
/*
プログラム本体は次のページ
*/
2
/*
前ページのプログラムの続き
#include <stdio.h>
int main()
{
/*
変数宣言
*/
int
age; /*年齢*/
/*
変数の初期化
age=0;
*/
*/
/*
入力 処理 */
printf("年齢は?\n");
scanf("%d",&age);
}
/*
出力処理 */
printf("年齢は %d 歳です。\n",age);
return 0;
3
実行結果
~/T03$make
gcc echoage -o echoage
$ ./echoage
キーボードから
年齢は?
打ち込む
20
年齢は 20 歳です。
~/T03$
4
変数
変数:データを入れる入れ物。
変数名:変数の名前。
規則にのっとった文字列で命名する。
イメージ
データ
変数
age
変数名
5
数学とC言語の変数の違い
数学
データ
主に数で、
整数、実数
の区別をしない。
慣用的に決まっており、
変数名 x,y,t等の1文字
が多い。
C言語
主に数、文字で、
種類毎に区別する。
特に、整数と実数も区別する。
長い名前を自分で命名
できる。
6
命名規則
[規則] 名前(変数名、関数名等)は英字、数字あるいは
_(アンダースコア)だけからなり先頭は数字以外の文字である。
(スタイル規則B参照)
変数例
age
i
j
x_coordinate
y_coordinate
k
なるべく意味のある文字列にする事。
x1
y1
(スタイル規則B-1参照)
main内で宣言する変数は英小文字と数字
_(アンダースコア)だけを用い英大文字は用いない事。
(スタイル規則B-2参照)
7
予約語(キーワード)
予約語
auto
continue
else
int
short
switch
void
break
default
for
long
sizeof
typedef
while
case
do
goto
register
static
union
char
double
if
return
struct
unsigned
C言語の予約語は以上である。
なお、printfとかscanfとかは、ライブラリ中で定義されている。
変数名や関数名に予約語を用いてはいけない。
(予約語以外で、命名する。)
8
C言語の代表的なデータ型
char
int
float
double
char
1バイトの整数型(1つの文字を表す型)
整数型
単精度浮動小数点型
倍精度浮動小数点型
int
double
9
C言語のデータ型が扱える範囲
型
char
int
short int
unsigned int
float
double
バイト長
1
4
2
4
4
8
表現範囲
0~255
-214748648~21483647
-32768~32767
0~4294967295
38
-37
 1.0*10
~  1.0*10
-307
308

1.0*10
~
1.0*10

10
数学の概念とC言語の型
自然数
unsigned int
整数
int
実数
float
double
1文字
char
文字列
char
int
char *
11
double
数学とC言語の型の違い
整数

-
int
約2千万
約-2千万
-1 0 1
実数

-
float
粗い
double
細かい
0
12
本演習で用いる変数の型
(スタイル規則E参照)
整数(離散量)
int
実数(連続量)
double (スタイル規則E-3)
(スタイル規則E-2)
13
文字と文字列
char
char
char *
char型には、半角文字1文字だけ
を保存できる。
char
char
C言語では、文字列は
終端文字\0
で終わる。
14
変数宣言(1)
[規則] Cでは使用する変数をすべて宣言しなければならない。
変数宣言書式
データ型1
データ型2
変数名1;
変数名2;
変数宣言例1
int
age;
/*
年齢
*/
変数宣言は、プログラム内で用いるデータ
を入れる入れ物(変数)を用意して、
その入れ物に名前をつけると考えればよい。
宣言の際には、必ずコメントを付けること。
(スタイル書式A-3)
15
変数宣言(2)(同型複数の変数宣
言)
x_pos
y_pos
変数宣言例2
double
double
x_pos;
y_pos;
/*
/*
x座標
y座標
*/
*/
変数宣言例3
double
x_pos,y_pos; /*x座標、y座標*/
(スタイル規則違反、G5参照)
16
変数宣言(3)(異なる型の変数宣言)
変数宣言例4
int age;
/*
double x_pos; /*
double y_pos; /*
年齢
x座標
y座標
*/
*/
*/
17
宣言場所(1)
[規則]変数宣言は、関数の最初でまとめて行う。
典型的なmain関数
int
{
main()
/*変数宣言*/
int
age;
double
x_pos;
double
y_pos;
/*
/*
/*
年齢 */
x座標 */
y座標 */
/*変数初期化*/
・・・・・・
}
18
宣言場所(2)(不正な宣言)
int
{
main()
/*変数宣言1*/
int age;
/*
年齢
*/
/*演算1*/
f1=0;
・・・・・
}
/*変数宣言2*/
double x_pos;
/* x座標
*/
なお、main関数先頭以外での変数宣言については、
第9回で説明。
19
変数の初期化(1)
初期化の必要性
変数は宣言しただけでは、変数内のデータは不定です。
つまり、プログラムの実行時によって異なります。
バグの原因
[規則]すべての変数は、初期化してから使う事。
(スタイル規則D参照)
20
変数の初期化(2)
典型的なmain関数
int main()
{
/*変数宣言*/
int age;
/*年齢*/
/*変数初期化*/
age=0;
/* ・・・・*/
・・・・・・・
’=’は、ソースコード内で、
変数に値を代入する方法(演算子)。
詳しくは次回。
この段階での状態
age
ごみ
この段階での状態
age
21
変数の初期化(3)
double型の初期化
int main()
{
/*変数宣言*/
double weight; /*体重*/
定数にも型があるので、
注意して下さい。
詳しくは、次回。
(スタイル書式F-3,p.18
参照。)
/*変数初期化*/
weight=0.0;
/* ・・・・*/
・・・・・・・
weight
22
変数の初期化(4)
char型の初期化
int main()
{
/*変数宣言*/
char initial;
/*変数初期化*/
initial='\0';
/*イニシャル*/
1文字をソースコードで表すと
きには、その文字を‘(シング
ルクォーテーション)ではさむ。
/* ・・・・*/
・・・・・・・
initial
23
変数の中身の表示
printf文を用いて、表示できる。
” ”間の文字列に特別な文字列を挿入して、
,(カンマ)を書き、
その後に変数名を書けばよい。
変換仕様=
%+変換文字
典型的な表示書式
printf(“・・・・%変換文字・・・・ ”,変数名);
24
printf文
printf(“You are %d years old\n”,age);
文字列を標準出力(ディスプレイ)に出力するライブラリ関数
%変換文字
printf文の文字列内の%変換文字(変換仕様)は、
後ろの変数に関する出力指示を表わす。
%c 1文字表示
%s 文字列表示
%d 10進数の整数として表示
%6d 10進数として印字、少なくとも6文字幅で表示
%o 8進数の整数として表示
%x 16進数の整数として表示
%f
小数(double)として表示
%6.2f 表示幅として6文字分とり、小数点以下2桁まで表示
%.2f 小数点以下2桁で表示
25
printf文における変換仕様と型の対応
%c
char
%d
%o
%x
int
%f
double
%s
char *
1文字
整数
実数
文字列
26
printf文における複数の変換仕様
int
a1;
int
a2;
int
a3;
a1=1;
a2=2;
a3=3;
printf(“first %d second %d
third %d\n ”,a1,a2,a3);
int
a;
a=25;
printf(“10進数%d 8進数 %o
16進数%x\n ”,a,a,a);
27
printf文に関するよくある間違い
int age;
double
weight;
age=19;
weight=63.5;
カンマ忘れ
printf(“My age is %d \n"age);
printf("The weight is %d\n",weight);
(変換仕様と変数の)
型の不一致
28
変数の中身表示実験
/*print_val.c コメント省略*/
#include<stdio.h>
int main()
{
int
a;
printf("初期化前 a=%d\n",a);
a=0;
printf("初期化後 a=%d\n",a);
a=3;
printf("正しい変換仕様a=%d\n",a);
printf("変換仕様間違いa=%f\n",a);
}
return 0;
29
変数に値を代入する
(プログラム実行後)
演算子’=’によって、
変数に値を代入するには、
ソースコード内に記述しないといけない。
scanf文を用いて、標準入力(キーボード)から
変数に値を代入できる。
典型的な代入書式
scanf("%変換文字",&変数名);
30
scanf文
scanf(“%d ”,&age);
標準入力(キーボード)から変数に値を読み込むライブラリ関数
%変換文字 scanf文の” ”内の%で始まる文字は変換仕様である。
scanfの” ”内には変換仕様しか書かないこと。
&変数
%c
%s
%d
%lf
scanf文の変数名には&をつけること。
(但し、文字列変数には&はつけない。)
&は変数のアドレスを表わす。
詳しくは、第11回ポインタで説明する。
1文字入力
文字列を入力
整数を入力
小数を入力(double型)
printfの変換文字との
相違に注意が必要。
31
scanf文における変換文字と型の対応
%c
%d
1文字
char
int
整数
%lf
double
実数
%s
char *
文字列
32
scanf文における複数の変換文字
char initial;
int
age;
double weight;
scanf(“%c %d %lf”,&initial,&age,&weight);
同じ効果
/*同じ宣言*/
scanf("%c",&initial);
scanf("%d",&age);
scanf("%lf",&weight);
33
scanf文に関するよくある間違い
int age;
double
weight;
scanf("%d",age);
scanf("%lf"&weight);
scanf("%d",&weight);
scanf("%6.2lf",&weight);
scanf("%1f",&weight);
'1'と'l'の間違い
&忘れ
カンマ忘れ
型の不一致
printf文用の
変換仕様の
誤用
34
標準入出力
UNIXのコマンドは、通常、標準入力と標準出力
を用いる。
標準入力:通常はキーボードだが、
リダイレクション’<’を用いて
ファイルに変更可能。
標準出力:通常は画面だが、
リダイレクション’>’を用いて
ファイルに変更可能。
35
標準入出力実験用ソースコード
/*
file_io.c
*/
#include<stdio.h>
int main()
{
int a;
int b;
int c;
a=0;
b=0;
c=0;
scanf("%d%d%d",&a,&b,&c);
printf(“a=%d b=%d c=%d \n",a,b,c);
}
return 0;
36
標準入力の変更
(ファイルから入力する)
実行
$./実行ファイル名 < 入力ファイル名
(データファイル)
データファイル
実行例
$./file_io
135
$
file_io.in
<
file_io.in
1
3
5
37
標準出力の変更
(ファイルへ出力する)
実行
$./実行ファイル名 > 出力ファイル名
(空ファイルでいい。)
実行例
$./file_io > file_io.out
2
4
6
$lv file_io.out
246
38
標準入出力の同時変更
リダイレクションを組み合わせればいい。
$./実行ファイル名 < 入力ファイル > 出力ファイル
$./file_io <
$lv file_io.out
135
file_io.in
> file_io.out
39
ダウンロード

ppt