化 学 災 害 の 医療情報統制
NBC連携モデルについて
九州厚生年金病院救急部
(災害医療)
部長 郡山一明
化学災害の種類と日常性
私たちは正しく視点を定めているか
化学災害の種類
○ 化学テロ
○
○
○
○
地下鉄サリン
非日常的な危険
環境災害 ナホトカ号原油流出
産業災害・化学工場災害
危険物輸送中の事故
食品災害 和歌山カレー事件
水面下の対応こそ重要課題
日常的な危険
氷山
化学災害の特徴
○ 災害の本質が分かりにくい
・ 化学物質の反応性
化学反応
無害物質 + 熱
・ 社会に馴染が薄い
・ 曝露物質が眼に見えない
○ 災害初期対応の重要性
有害物質
大災害(事故)対応の特徴
「それぞれが自己の最善を尽くす」
「当事者は驚くほどの
情報不足の中にある」
キングスクロス地下鉄火災、日航機墜落、セベソ、
ボパール、スリーマイル、チェルノブイリ・・・・・・
地下鉄サリン事件
•
•
•
•
•
•
被災者 5500 名以上
1995 年 3月20日
午前 8時ごろ
重 体
53 名
死 者
12 名
搬送医療機関 267
災害発生時の問題点
○ 集団災害
・ 多数の被災者
5千数百名
・ 多数の搬送医療機関 250あまり
○ 未知の劇毒物
○ 化学災害の認識は誰が?
症状からの原因物質推察の有効性
聖ルカ国際病院(Dr.奥村)の経験から
・ 8 時 30分頃 咽頭痛、目の痛みの患者
・ 8 時 40分最初の救急車搬送
結膜の充血 ⇒ 刺激性ガスの曝露
縮 瞳
⇒ 有機リン系中毒
・ 9 時15分
硫酸アトロピン投与開始
・ 10 時 50分 検査結果 Ch-E低下
化学剤の認識 = 臨床現場
情 報 統 制 (1)
混乱した情報依頼
1 病院内の情報統制
・ 大量の患者が自力受診 ⇒ 処理能力の限界
⇒ パニック ⇔ 情報統制の破綻
2 日本中毒情報センターへの問い合わせ
・ 複数の医療機関から問い合わせ集中
⇒ 情報伝達機能の障害
情報依頼の問題点
○ 複数の医療機関からの問い合わせ
・ 電話回線の限界
・ マンパワーの限界
○ 問合せ先を知らない医療機関
情 報 統 制 (2)
統一されなかった医療機関への情報提供
○ 東京消防庁
・ 9 時08分
毒物より
アセトニトリル検出
・ 9 時12分
主な医療機関へ連絡
○ 警視庁
・ 9 時35分
サリン検出
・ 11時00分
定例記者会見で公表
情報提供の問題点
○
○
○
・
・
・
○
・
分析を行う機関はどこ?
分析結果と臨床症状はあうのか?
提供すべき情報
原因化学物質 ⇒ 除染方法
毒性情報 ⇒ 防護方法
治療方法(解毒剤、拮抗剤)
情報提供システム
関係機関の連携
和歌山毒劇物カレー事件
ヒ素による非特定殺人事件
•
•
•
•
•
地域祭りの食品への毒物混入
被災者 67 名(入院38名)
搬送医療機関 13
死 亡 4名
1998年 7月 25日
事件の時間経過(1)
・ 1998年 7月25日 夕方
・ 18時30分頃 カレー配布
・ 19時08分
救急要請第1報(事件発生)
嘔吐、下痢の患者多数
・ 19時45分
消防司令から保健所
担当者に情報提供
事件の時間経過(2)
伝わらなかった患者死亡、
伝えられなかった分析結果
7月26日
・ 3時
患者 A 死亡(保健所無人)
・ 5 時30分 警 察(科学捜査研究所)
青酸検出
⇒ 保健所は10時のテレビ報道で知る
・
7時35分 他の医療機関で患者 B 死亡
その後 2名死亡
原因物質の同定
「原因物質同定には時間がかかる」
・
・
・
・
事件発生 7月 25日
青酸検出 7月 26日
セレウス菌、黄色ブドウ球菌が否定 27日
ヒ素検出 8月 2日
⇒ 症状とあうのはどれであったのか?
嘔吐、下痢、不整脈、血圧低下、死亡
ヒ素中毒の疑い
サリン事件の問題点の復習
○ 集団災害
○ 化学災害の認識
○ 未知の毒劇物
ター
○ 情報依頼
○ 情報提供体制
○ 関係機関の連携
複数の搬送医療機関
症状からの推定
日本中毒情報セン
個別依頼 輻 輳
まだらな提供
分析結果と症状
和歌山毒劇物カレー事件の問題点
○ 事件発生時刻
○ 集団災害
○ 化学災害の認識
・ 初期症状の一般性
・ 症状の推移
○ 未知の毒劇物
ター
○ 情報依頼
○ 情報提供体制
○ 関係機関の連携
夕方から深夜
67名(入院38名)
症状集約
下痢、嘔吐、腹痛
不整脈、血圧低下
日本中毒情報セン
個別依頼
まだらな提供
分析結果と症状
どのようなシステムが必要か(1)
化学災害発生時に危機管理に関係する機関
○ 消 防
災害発生時から運用
搬送先医療機関を把握
○ 医療機関
被災者の診療
症状から化学災害の認識
○ 警 察
極めて優れた分析能力
○ 日本中毒情報センター
化学(中毒)災害の専門組織
○ 保健所
地域健康危機管理全般
どのようなシステムが必要か(2)
最初のスイッチを入れる
○ 絶対必要!
・ 症 状
・ 分 析
熊本は偉い!
同時進行!
医療機関
うまくやればはやい
分析機関の特徴毎に
細菌?
細菌分析
化学物質?
化学分析
嘔吐・下痢
どのようなシステムが必要か(3)
化学災害の勝負は最初の1~2時間!
症状から化学災害の認識を最速で行う条件
○
○
○
・
・
どのような時間帯にも対応、
搬送された複数の医療機関を把握でき
事件発生時から稼動する
患者症状を経時的に集約し、
一括して専門家に相談できる
どのようなシステムが必要か(4)
化学災害対応には絶え間ない連携が重要
危機管理機関が相互に連携を持つシステム
○ 分析結果、臨床症状等の情報を
専門的に判断
○ 関係情報を互いに提供
・ 搬送医療機関 ( 医療機関同士も )
・ 警 察 ・ 自衛隊
・ 消 防 ・ 自治体 ・ 保健所 ・ 分析機関
NBC連携システム
2001 11・22 NBCテロ対策会議幹事会
○
・
・
・
○
○
・
・
現地消防を中心とした情報統制システム
24時間対応
搬送医療機関を全て把握
患者症状を集約
日本中毒情報センターの関与
危機管理機関との相互連携
医療情報
分析結果
保健所
警 察
日本中毒情報センター
分析機関
専門家・情報ファイル
毒物の想定
集約された
患者情報
発災地消防本部
毒性情報
治療情報
HP公開
患者症状
下痢・嘔吐
医療機関
下痢
不整脈
医療機関
災害現場
嘔 吐 ・ 異常陰影
医療機関
現在の状況と今後の課題
○ 化学災害危機管理組織への普及
・ 全国保健所長危機管理研修
・ 全国災害拠点病院研修
・ 毒劇物テロ対策セミナー研修
○ 地域危機管理機関の調整
○ 地域医師会との協力体性構築
○ 地域防災計画と医療のすり合わせ
平成12年 A市
ポリウレタン工場の「よくある例」を振り返る
ホスゲン流出事故
作業員 200人 51人が受診
のどの痛み 息苦しさ 7人入院
A 市民病院
B 中央病院
「工場、消防に連絡怠る」
「県消防防災課は
工場へ厳重指導の方針」
その後、事故を振り返り、問題点を
同様の事故が起きても、もう大丈夫ですか?
会議、訓練をしたら「紙」にフィードバックを
抽出する作業は行われたのでしょう
か?
○
○
○
○
医療機関と行政機関の連携は?
保健担当部局の役割は?
行政機関どうしの連携は?
事件対応の記録はどこに残りますか?
「あの頃の未来」に私たちは立っているでしょうか?
○ 地域の危機管理機関の連携はできて
NBC連携システムは医療、消防、警察に
いますか?
通知され、同じ土俵で話ができるように
してあります。皆で集まって下さい。
○ NBC連携システムの概念はあります
か?
これがなされない限り災害医療は
○ 地域防災計画と地域医療計画(救急)の
進みません
整合性や如何
地域の災害拠点病院長に正しく役割の
○ 災害拠点病院はその使命を果たして
認識を!
行政しかできません
いますか?
ダウンロード

化学災害の医療情報統制NBC連携モデル