今日のポイント
7章
がん
1 がんの特徴
2 がん化のしくみ
3 発がんの要因
4 がんの診断と病理
5 がんの悪性化と転移
6 まとめ
今日のまとめ・7章
1.がんの特徴
・ 死亡原因の第一位、3割ががんで亡くなっている
・ 高齢化とライフスタイルの欧米化が原因?
・ がんとは:制御からの逸脱、自立的な増殖、浸潤、転移を特徴とする疾患
・ 1個の細胞のがん化からはじまる
2.がん化のしくみ
・ 細胞の増殖は制御されている、皮膚や肝臓など、どの組織の細胞も無制限には増殖
しない
・ Rbタンパク質は、細胞周期の進行を抑制することにより増殖を制御する
→ Rbタンパク質が機能しないとがんになる → がん抑制遺伝子
・ 上皮増殖因子(EGF)がその受容体(EGFR)に結合すると、活性化のシグナルが
Rasから次々と下流に伝達されていく。このような、増殖を進める遺伝子が異常に活性
化されるとがんになる → がん遺伝子
・ 実際にはいくつもの変化が積み重なり(多段階発がん)、また異常な細胞を排除する
監視機構を潜り抜けたものだけががん化する
3.発がんの要因
・ がん遺伝子やがん抑制遺伝子になぜ異常が生じるか?
→ 発がん物質(化学発がん)、放射線(放射線発がん)、ウイルス(ウイルス発
がん)
→ いずれも遺伝子(DNA)に傷をつけたり、発現を亢進したりする
4.がんの診断と病理
・ まずは細胞や核のかたち、染色のようすなど、組織形態により診断
・ がんは結合組織、血管などとともにがん組織をかたち作る
・ がんは1個の細胞の変化から始まったにしては、とても不均一である
5.がんの悪性化と転移
・ がんの進行、悪性化とは:転移、再発を起こしやすい、臓器に機能障害を起こしや
すい、高い増殖性、治療抵抗性、免疫抑制状態を引き起こす
・ がんによる死因の多くは原発巣ではなく転移によるものである
・ がんは非自己として認識されるので、ワクチンを治療に用いる戦略がありうる
ダウンロード

matome7 へのリンク