催眠から転移
メスメルの時代から意識されていたこと
感情や情緒のエネルギーが流れており、そ
れが人と人との間に性愛的な関係を生みだ
す。
 恋愛は病に近い=そのエネルギーに翻弄さ
れるもの。
 フロイトのメタ心理学:人間の性愛を説明し
て、倒錯的なものと神経症的なものとが葛
藤している⇒人の恋愛はある種の倒錯的な
方向に向かう。

メスメル
Mesmer, Franz Anton
(1734-1815)
1734年5月23日、コンスタンス湖畔
の小さな村にて出生。
1766年ウィーン大学医学部卒業。学
位論文「惑星が人体に与える影響」を選
択。古来より占星術が唱えてきた「インフ
ルエンス」説に磁石と磁気を援用した。
天体同様に、人体に磁力が存在すると
主張。当初は磁鉄鉱による治療をしてい
たが、後に手から発する動物磁気
animal magnetism を主な治療手段
とする施術法を展開した。
1778年、ウィーンでの事件を機会にしてパリ
に移住。パリ社交界で注目され、この頃には「
磁気サロン」を開業。一種の暗示療法で、「バ
ケツ」と称される金盥状の生体磁気活性化装
置を考案した。その雰囲気は治療というより
も見世物。フランス医学界で問題視され、王
立医学アカデミーから否定的な見解が出され
る。1781年、温泉地スパに移動。同地にて
有志により生体磁気治療の普及を目的とす
る治療士養成機関「調和協会」 la Societes
de Harmonie が設立される。
晩年は故郷オーストリアに戻り、隠居。
Freud:ヒステリー患者との出会い
 催眠療法の実践
ブロイアーのアンナ・Oという
患者
talking cure
chimney sweeping
→自由連想法
ヨゼフ・ブロイエル
(ブオイアー)
Joseph Breuer
(1842-1925)
ウィーンの内科医
ブロイエルの浄化(カタルシス)
催眠療法を実践する内科医であったブロ
イエルと出会い、その会話を記憶しつつ、
フランスに留学したフロイトは、シャルコー
の臨床講義と出会う
 ブロイエルのカタルシス法の症例に着想を
得て、人が催眠状態で記憶を想起すること
で治癒する実例に出会う。
→共著1895『ヒステリー研究』

ベルタ・パッペンハイム
Berta Pappenheim
(1859・936)
ユダヤ人婦人連
盟をはじめ、社
会福祉運動の
祖として、戦後
において伝説化
された人物。
アンナ・O
1880年7月から12ヶ月
父親の看病によって身体不調
 1880年12ヶ月から1881年4月
精神病状態:運動麻痺、四肢屈曲、眼球障害、
言語解体、人格の二重化、蛇の幻覚→催眠によ
るtalking cure
 1881年4月から12ヶ月
4月7日父死亡、ブロイアー以外認知できない。
私立診療所に入所。往診。幻覚を話す。
 1881年から1882年6月
オレンジに人格の転換;病気は一年前を生きて
いる。父親の看病の出来事を思い出し、入院時
の日付に退院。

シャルコー
Jean-Martin Charcot
1825-1893
神経学者
ヒステリーの外傷仮説
を神経学的に想定した。
催眠はそれら意識下の
現象を露呈させるとした。
1885年フロイト留学
アウラ・ヒステリカ
メスメルが体験した盲
目のピアニスト問題
 シャルコーがもってい
た共謀的なヒステリー
女性患者
 ブオイエルのアンナ・O
についての問題
すべては恋愛に関連して
いる。

フロイト開業の年:1886年の学会発表


男性ヒステリーに関するフロイトの伝説
当然の前提であったが、シャルコー説からの
離脱
歴史的経緯
1.
医学会のなかでのヒステリー論
2.
外傷-スティグマ説(シャルコー)批判
3.
ヒステリーの消滅
1885年9月、ウィーン大学医学部神経病理学の
私講師に任命さる。秋、パリに公費留学し、シャ
ルコーに師事した。
1886年4月、ウィーンで開業。9月、結婚した年
に、学会発表 「男性のヒステリーについて」
1887年
長女マティルデ誕生。ブロイアーを
介してフリースとの交際始まる。催眠暗示法を
治療に採用しはじめる。
1889 年
ナンシーに旅行、ベルネイムの催
眠術を見学。夢に関心を持つ。長男マルティン
誕生 した。
ベルネームとリエボー
Hippolyte Bernheim
1837-1919
Auguste Liebeault
1823-1904
催眠療法を言語的な教示に
近い暗示効果と見なした。
ヒステリー研究(1895)
催眠から自由連想法
 ヒステリーにおける抑圧のメカニズム
外傷と忘却→抑圧

外傷だけではない
抑圧
ヒステリーモデル
催眠療法
↓
フリースとの書翰
↓
精神分析の発見
1894年
「防衛精神神経症」
1895年
「ヒステリー研究」
抑圧と性と神経症:力動(エネルギー
論)→診断への示唆

神経症は倒錯の陰画である
性愛の発散、抑圧の推進、昇華、
←(偶発的事件、早熟、時間的契機
固執性、固着)
二人のヒステリー患者
催眠療法の実践
ブロイアーのアンナ・Oという患者
talking cure
chimney sweeping→自由連想法
=フロイトのドラという患者
自由連想法、夢、そして転移

ヒステリー研究での悪戦苦闘
抵抗の克服法を苦慮する
 ベルネイムの「それを知っているのだ」
前額法で思い出す
→抑圧=逃避理論
欲動と抵抗

なぜ自由連想法か:方法論
マッサージや催眠療法からの離脱
「うるさいので、静かにして,触らないで」
抵抗、性的な原因論
 特定の主題を強制することの苦労から
自由に語ってもらうことから生じる抵抗の
二種
 基本原則の明確化

精神病理と療法における新しいモデルの構築:
力動的な定式化の基礎
鑑別診断よりも力動的診断:関係性
 「類心理的な現象」の生物学的な基盤を解
明する:流動的=力動的
 治療することのなかにはつねに分析するこ
とが含まれている:力動の解明=分析
 方法論として催眠よりも精神分析の投与

ドラの生育歴
生育歴・活発な男の子のような女の子.
4,5歳まで指しゃぶりをしていた.7歳 父の結核のために
Bに移住
7歳からしばらくの間,ひどい夜尿があった.8歳 慢性的で
発作的な呼吸困難,喘息に苦しんでいた.(登山の後出
現したので,過労が原因だと考えられていた).喘息にか
かった後は物静かで行儀がよい女の子になった
10歳 父親の網膜剥離.12歳 父親の梅毒による錯乱発
作(このとき父親は治療をきっかけにフロイトと知り合う)
12歳から,偏頭痛と咳が始まる.
14歳 K氏の店での出来事,いきなり接吻され,嘔吐反射
出現

思春期のドラ
15歳 6月の終わりに湖畔でK氏からプロポーズを受ける.
16歳になると,偏頭痛は全快したが,咳の発作が続い
ていた。初夏にフロイトを訪ねるが,発作が治癒したため,
治療を拒否。冬に叔母が死亡.
その後しばらくして,高熱のため盲腸炎と診断された.
18歳 父親の健康が回復し,小都市Bからウィーンに永住
する。知的で魅力的な顔立ちの女性に成長したが,不機
嫌と性格変化が主要な症状となり,両親とも疎遠で,人と
の交際を避け,勉学に打ち込んでいた.
ある日父親が部屋から自殺をほのめかすような手紙を見付
け,父親とのやりとりの後,失神発作を起こしたため,父
親が彼女の反対を押し切ってフロイトのもとを訪れた
夢とヒステリー

夢1
家のなかが燃えています.父が私のベッドの前に立ち,私
を起こします.私は手早く衣服を身につけます.ママはま
だ自分の宝石箱を持ちだそうとしていますが,パパは『お
前の宝石箱のために私と2人の子供が焼死するのはご
めんだ.』といいます.私たちは急いで階下に降り,家の
外へ出たとたんに目が覚めました.
→性的な興奮の夢
今日的視点は母親との同一化の問題

夢2: 私は見知らぬ町を散歩し,見慣れぬ街路や広場を眺めています.
それから私は自分の住む家に帰り,自分の部屋に戻るとそこにママの手
紙が置かれているのに気がつきます.その手紙にはつぎのように書かれ
ています.
「私たち両親に無断でお前が家を出たのでパパが病気になったことを,
私は手紙で知らせたくなかったのです.でもパパが死んだ今,お前が家に
帰りたければ帰ってきてもかまいません」
そこで私は駅のほうへいき,駅がどこにあるのか百回ほどもたずねます
が,私のえた答えはいつも決まって5分ぐらいというものでした.つぎに私
の前にはうっそうとした森が現れてきます.私はそのなかに入っていきます.
そこで出会ったひとりの男にまた道をたずねます.彼はまだあと2時間半も
かかると答えます.その男は道案内を申しでるのですが,私はそれを断り
ひとりで歩きつづけます.駅が私の前に見えてきますがどうしてもそこにた
どりつけないのです.
そのとき私は夢のなかで先に進めなくなったときによく起こるようなある
不安に襲われます.つぎに私は自分の家にいます.この間私は汽車に乗
っていたに違いないのですが,私にはなんの覚えもありません.私は門番
小屋のなかに入り,私たちの住まいについて門番にたずねます.女中がド
アを開けていうのには,ママも他の方々ももう墓地にいってます.
ドラの治療における転移の発見

K家
家庭教師
ドラ家
ドラの問題
夢とヒステリーという題名で出される予定
であったこと。
 中断によってフロイトは多くを学んだ
1. この物語のなかで転移という障害物が
発見されたこと
2. 外傷よりも内的な成熟、あるいはコンプ
レックスが重要であること

ヒステリーの症例から学ぶ
催眠から自由連想法「うるさい」
 ヒステリーにおける抑圧のメカニズム
外傷と忘却→抑圧
人はおしなべて同じ主題を語る
外傷だけではない=解除だけではない
抑圧=エディプスと去勢→分析の必要性
 転移、障害物として(抵抗)

夢分析=精神分析
1.
2.
3.
4.
5.
詳しく話を聞く
そこでの連想をできる限り広げる
反復する主題:XがYを好きである、
でもYはXを裏切る。だからXはYを
殺す(など)
それを最近の記憶と照合する
潜在内容を発見する。
夢の中の転移現象

置き換え=転移
→日常残存物という素材を通して
「無意識的表象はそれ自体では前意識に入るこ
とはまったく不可能であり、それはすでに前意識
に属している無害な表象と結びついて、その表
象に自己の激しさを転移し、その表象によって覆
い隠される場合に初めて、効果を及ぼすことが
できる。これが神経症者の精神生活に見られる
多くの際立った現象を説明する転移の事実であ
る。」(1900)
偽りの結合(misalliance)
「欲望の内容はまず患者の意識のうちに表れた
ものであるが、その欲望を過去に位置づけるよ
うな周囲の状況の思い出を全く伴っていなかっ
た。そのあらわれた欲望は、意識を支配してい
る連想強迫によって患者の心を合法的に占め
ている人物と結びついた。私が偽りの同盟と呼
び子の誤った結合によって、この禁じられた欲
望をかつて患者に捨てさせたのと同じ情動が
目覚めたのである。」(1895)
転移(ドラの場合)

転移は障害物である
「転移現象Übertragungとは何か。それ
は分析が進むにつれて目覚める意識的な
ものにならねばならない幻想や衝動の再
版であり、コピーである。転移にみられる
特徴は、以前に知っていた人物に医者と
いう人間が置き換えられることである」(
1905)
源泉、対象、目標の関係
源泉:性的興奮の座となる身体器官
 目標:部分欲動によって変化する、つまり身体的
である。
ドラの場合:性器から口に
例えば、口唇性では他器官への移動、関係の逆
転や昇華が起きる。
 対象:満足を得るために移動する、そして特殊化
される。

初期の防衛Abwehrという考え方
苦痛な記憶痕跡をかわすという発想
the unconscious
contact barrier
stimulas
ego
lognterm
防衛-神経精神病
ヒステリー同様、病を記憶との力動として捉える
→源泉、目標、対象
ideas
妄想
projection
恐怖症
強迫症
displacement
ヒステリー
soma
鼠男
1878年,1月22日 に鼠男(本名エルンスト・ランツァ)誕生.
父親が53才のときの子供.母親は父親より19歳年下.
3歳,姉カミーラ死亡 (患者の記憶によれば,この姉は
患者に対し,「お前が死んだら私は自殺するわ」といって
いる)
4~5歳,家庭教師のスカートにもぐりこんで彼女の体に触
る.それ以来,女性の体を見たいという瞠視欲にとらわ
れる.
6~7歳,手淫に関係のあるなんらかの悪戯をやって父親
から激しく折檻される. 勃起に悩み,母親にそれを訴え
る. 気に入った娘の裸を見たいと思うたびに何か悪いこ
と(父の死)がおこるので はないかと考えるようになる.
12歳,友人の妹である幼い少女を愛する. ギゼラに初
めて愛を打ち明ける(父の死の2年前). 同時期,彼に愛
を迫る女性が自殺している.
1898年,恋人との結婚が物質的困難という理由で阻まれ
る.(20歳)
父は貧しい恋人との交際を反対していた.「父が死
ねば,彼女と結婚できるく
らいの財産が手に入るかもしれない」という考えが浮
かぶ.
1902年,父,肺気腫で死亡.
1907年,10月1日にフロイトを訪ねる.(29歳).
1908年,仕事に就く(フロイトにあって7ヶ月後).
1909年,ギゼラと婚約.
1910年,ギゼラと結婚.
1914年,11月25日に第一次世界大戦で死亡(40歳).
鼠男
He was clearly struggling
against phantasies of
being tempted to marry
my daughter instead of
his cousin, and against
insults to my wife and
daughter. . . . Another
time he saw my
daughter with two
patches of dung in the
place of eyes. This
means that he has not
fallen in love with her
eyes, but with her
money.
Sigmund Freud, 1909
フロイトの臨床的な態度

本文中:
1.夢の取り扱い:夢解釈の技法論文(1912)
2.罪悪感について:「いや、その感情はもっともで
ある。罪悪感そのものはあれこれと批判するべ
きものではない。ただそれはもう一つの内容、つ
まりまだ未知の(意識されない無意識の)内容、
これから探求されなければならないところの内容
に属するのだ」
3.解説:六回目の面接でエディプス的願望につい
て構成的に解釈する
現実の臨床記録からの情報





母親や恋人についての関係が言及されている
最初の7面接で抵抗他、知的な講義を行ってい
る。解釈は発生論的なものが多い。
父親に対する罪悪感を取り扱う
恋人の写真を要求する。患者の主題にあう本を
与える。食事を与える。暑中見舞いのカードを出
す。患者が父親に折檻された経緯を母親に問い
合わせる。
フロイトの診療所に癲癇患者の介護にやってくる。
蛇足:エディプス・コンプレックス
の構成的側面
鼠男の話のなかに登場する大尉たちと父
親、そしてフロイト
→転移の構成的側面
 お金の貸し借りに関する母親と郵便局員
の女性、そして婚約者
→母親から性愛対象の問題
アンナ・Oからドラ、そして鼠男

反復強迫の発見→欲動の運命
臨床的な側面
精神病理学:強迫現象
治療の中での反復:陰性転移
理論的な側面
自己保存本能と性本能の二元論
矛盾した死と生→死の本能の二解釈
発見された反復
 性の欲動のパターン化
 対象との関係を繰り返す
 性と対象の反復
 対象選択
→そうした反復はなぜ起こるかを考える
ようになる:メタ心理学草稿
内的な対象選択の発見

小児の性の対象
「愛情生活の心理学への貢献」(1910、1912)
→両親像が後の対象選択に及ぼす影響
去勢コンプレックス
近親相姦の回避
エディプス・コンプレックス
技法論文(1910年代を中心に)
精神分析療法の今後の可能性(1910)
乱暴な分析について(1910)
精神分析療法中における夢解釈の使用(1912)
転移の力動性について(1912)
分析医に対する分析治療上の注意(1912)
分析治療の開始について(1913)
精神分析治療中における誤った認識(すでに話した)につ
いて(1914)
想起、反復、徹底捜査(1914)
転移性恋愛について(1915)
精神分析療法の道(1918)
想起、反復、徹底操作
:思い出すこと、繰り返すこと、やり遂げること(1914)






強い抵抗=忘却
抑圧抵抗の克服
分離を隠蔽記憶他の連想素材に関連付けて行く
反復強迫:思い出すのではなく行為にあらわす
転移の操作:治療中のさまざまな障害,悪化のな
かで、起源を転移神経症にする
解釈を投与して、抵抗を克服するために徹底的
にやり遂げる
転移の意味に反復が付け加わる
→転移神経症論
夢判断からドラへの転移
リビドーエネルギーの源泉から移動、そし
て対象と目標を発見するという意味での転
移
 反復強迫現象のなかでの転移
古い幼児期の人間関係が現在の人間関
係に反復されるという意味での転移
Loewald(1960)

対象選択

愛の対象として特定の人、特定の人格の
型を選択する行為
小児期と思春期の研究から
「ナルシシズム入門」へ
a)依託的対象選択
b)自己愛的対象選択
転移は治療の道具である
転移は、陽性のものであれ、陰性のものであれ
、抵抗に役立つようになる。しかし医者の手にか
かるとそれはもっとも強力な治療手段になり、回
復過程の力動においてどれほど高く評価しても
ししすぎることのないような役割をはたしている。
」(1923)
 同時に「できる限り転移神経症の領域を制限し、
できるかぎり多くの内容を想起の方向へと推進し
、それを反復に委ねることを最小限にくい止める
」(1920)

葛藤と妥協の産物としての転移
転移の出現は「抵抗の要求と分析作業の要
求の妥協産物」『感情転移の力動性』(1912)
 「治療の操作によって抑圧が緩和されて、強
迫に出会えるようになった後」に出現して、「望
まれていない忠実さで出現し、幼児期の性生
活、したがってエディプス・コンプレックスとそ
の分析の断片を内容として持っている」『快感
原則の彼岸』(1920)

精神分析の体系化と
本能の運命
1914年代のメタ心理学的熟考
本能衝動の運命の研究
1923年 『自我とエス』
1925年 『制止、症状、不安』
不安の新しい理論=不安信号説
自我と超自我、エスのモデル
フロイトの発展:神経症の理論から

夢、失錯行為、機知
→神経症の理論
Fahrleistung 過失達成
願望実現 の理論
性的満足
→治療理論(想起と転移)
→強迫神経症(反復)
→統合失調症とうつ病
転移にとって欲動はどのようなものか
:対象とは表象か、幻想か、能力か
無意識的表象という発想
 言語表象と事物表象という発想
 情動(エネルギー)と記憶-動機の関係:
夢、失錯行為、神経症
 行動、そして関係の中に持ち込まれるとい
う発想
 反復する関係性が治療の中で展開するか
らこそ、それが道具になる。

ダウンロード

「from_mesmer_to_freud」をダウンロード