第6讲 拟声拟态词
1
拟声拟态词
•
拟声词是描写外界声音的词,声音既
有无生命的物体发出的声音,也有动物和
人发出的声音。
•
拟态词是把不发声的东西通过声音象
征性地表现出来的词。拟态词既能描写无
生命的事物的状态,也能描写人和动物的
动作的状态,还能描写人的心理状态。
• 简洁、形象、生动、活泼
拟声拟态词的元音特征---a
• 元音“a”大而明快的声音样态,具有扩散性
和延伸性。
• あひるが池でがあがあ鳴いている。
鸭子在池塘里嘎嘎地叫。
• 暑くて、じっとしていても額から汗がた
らたら流れる。
天热,即使一动不动额头都会滴滴答答地
流汗。
拟声拟态词的元音特征---i
• “i”小或尖的声音,小的事情,直快的状态
。
• 歯をきりきりといわせて悔しがる。
后悔得把牙咬得嘎吱嘎吱作响。
• ナイロンの洋服にたばこの火を落としたりした
らすぐじりじりっと焦げてがあいて穴しまう。
香烟的火星如果落到尼龙衣服上,就会吱
吱直响,立刻烧出一个洞。
拟声拟态词的元音特征---u
• “u”有低沉暗涩的特征。
• 夕方になって急に気温が下がったので、薄着
ででかけた私はぶるぶる震えてしまった。
到了黄昏气温骤降,穿着单薄衣服出门
的我冷得直打哆嗦。
• 一人でくよくよ悩んでいた。
一个人闷闷地发愁。
拟声拟态词的元音特征---e
“e”往往带有消极意义给人不快的感觉,以元音“e”开头
的拟声拟态词较少。
• あいつは女性を見るとすぐでれでれする。
他一见女人就像丢了魂一样。
• 人目をはばからずげらげらと笑う。
毫不顾忌地哈哈大笑。
• 彼はその知らせを聞いてもけろけろしている。
他听到那个消息后一点也不在乎。
• 彼はでぶでぶしたおなかを揺らせながらやって来た。
他晃着他那胖胖的肚子走过来。
• べろべろと皿を舐めまわす。
转着舔盘子。
• この小説はストーリーがめちゃめちゃだ。
这小说的故事情节乱七八糟。
拟声拟态词的元音特征---o
• “o”具有内包性意义,回响音,表笨重、沉
重、迟缓等意思。
• 交通が混雑していたので、のろのろ運転をし
なければならなかった。
由于交通混乱,不得不慢吞吞地开车。
• イチゴを煮て、とろとろのジャムにする
。
把草莓熬成黏糊糊的果酱。
拟声拟态词的子音特征1
---清音和浊音
• 清音给人的感觉是:正面而积极,尖锐、
轻盈、细小、美丽。
• 浊音给人的感觉是:迟钝的、厚重的、庞
大的、臃肿的,并且往往带有一种压抑的
负面色彩。
• まりがころころと転がる。
球滴溜溜地滚动。
• 岩がごろごろと転がり落ちる。
岩石咕噜咕噜滚落下来。
• リンスをすると長い髪がさらさらに乾いてさっぱりする
。涂完护发素的长发干爽飘逸。
• 砂ぼこりで畳がざらざらしている。
榻榻米上满是沙尘,摸着直磨手。
• 校旗がはたはたと風になびく。
校旗迎风招展。
• 強風で戸がばたばたと鳴る。
门让大风刮得吧嗒吧嗒响。
拟声拟态词的子音特征2
• 1.通常子音“k(g)”表现敲击、触碰、损坏时
发出的坚硬声音。
• 地震の時、棚のものがかたかたしていた
。
地震的时候,架子上的东西咔哒咔哒响。
• 拍子木をかちかちと打ち鳴らす。
梆梆敲木梆。
拟声拟态词的子音特征3
• 子音“ny f w”表现柔软的事物。
• 生まれたばかりの赤ちゃんはふにゃふにゃした感じ
がする。
刚生下来的婴儿使人感到软乎乎的。
• この椅子はふかふかして気持ちがいい。
这个椅子软和,坐着很舒服。
• ナマコはぐにゃぐにゃしているから、きらいだ。
海参软塌塌的,我不喜欢。
• パンがふわふわに焼けた。
面包烤得暖腾腾的。
拟声拟态词的子音特征4
• “k s p”这些子音,经常用来描述清脆的声
响。
• 落ち葉がかさかさと音を立てる。
落叶在脚下沙沙作响。
• 紙片が机からさらさらと落ちた。
纸片唰唰地从桌上落下。
• せんべいをぱりぱりと食べる。
咯嘣咯嘣地吃仙贝。
拟声拟态词的其他发音特征
• 促音描写音态的短暂停顿,突然停止,以
及动作的瞬间性,一次性;
• 拨音表外界共鸣音,余韵的强弱,动作样
态节律,强弱效果;
• 长音表音态的延展,持续;
• “り”放在结尾处常表示某种程度上的柔
软、光滑、略慢的感觉,多被用于表示顺
利或缓慢,此外表示突然的动作和声音节
奏比促音的节奏要稍快。
例文
• ぱっと跳び起きて、「火事だ」と叫んだ。
猛地跳起来,大声呼喊“起火了’。
• 夕べはぐでんぐでんに酔って払ってしまって?何も覚え
てないんですよ。
昨天醉得不省人事,什么都不记得了。
• あけ方、からすが一声かーと鳴いた。
黎明时分乌鸦哇得叫了一声。
• ポケットがほころびていたのでコインがするりと落ちてし
まった。
因为口袋脱了线,一枚硬币滴溜一下掉了。
注意点1
• 日语拟声词---汉语象声词 有时不一一对应
• ①羊はメエメエと鳴く
• ②猫はニャーニャーと鳴く
• ③きつねはコンコンと鳴く
叫
• ④おんどりはコケコッコウと鳴く
叫
羊咩咩地叫
猫喵喵地叫
狐狸嗷嗷地
公鸡喔喔地
注意点2---零位转换
•
并非所有的日语拟声词、拟态词都可以
找到汉语相应的象声词或摹状词。日语许
多使用拟声、拟态词的场合,汉语常常不
用,像这种情况,只需将其翻译为汉语的
普通词、成语等等,只需意思译明即可。
例文
• 何も怖いことなんかなくて、二人で毎日いろんなことしゃ
べったり、徹夜したり、ぐでんぐでんに酔っぱらったりね。
没什么担惊受怕的事,两个人每天海阔天空地聊天
,有时彻夜不眠,还把自己灌得烂醉。
• それから男はじろりと沖の方を睨んだのだ。視線を追うと
、さっきの黄色いスクーターの上に、じっと瞳が止まって
いる。
然后,他目光锐利地紧盯着海面。我顺着他的视线
望去,他正目不转睛地凝视着方才说过的那艘带有黄
色桅杆的机帆船。
• すぐ水のじくじく涌いてる谷に来た。
一会儿来到一个有涌泉的山谷。
注意点3----一词两用 一词多义
• ①風で木の葉がかさかさと鳴った。
(拟声词)/由于刮风,树叶沙沙作响。
• ②寒さで、肌がかさかさになった。
(拟态词)/由于寒冷,皮肤变得皱巴巴的。
• ③時覚まし時計がじりじりと時刻を知らせ
る。
(拟声词)/闹钟嘀铃铃地报时间了。
• ④超一流寒気団がじりじり南下。
(拟态词)/超级寒流气层紧逼南下。
• 桜の花がぼつぼつ咲き始めた。(副词)
樱花渐渐地开花了。
• 顔にぼつぼつしたものができた。(连体修饰
语)
脸上起了小疙瘩.
• 皮膚にぼつぼつができた。(名词)
皮肤上起了小疙瘩。
注意点4---近义词
•
•
•
•
笑う
泣く
雨声
人
注意点5
• 一部分拟声词,拟态词只能作为连用修辞语(副词)来使
用。ぐっと、さっと、ぱんと、ぼったり
あの写真を見たら、彼の顔はさっと変わった。
看了那张照片,他的脸色一下子变了
• 表示程度的拟态语加在数量、时间名词之前或之后,修
辞该名词,汉译时要注意灵活处理。
予定通り、3時ぴったりに開会する。
三点整准时开会.
時刻表通り、ぴったり12時に到着した。
按时刻表,正好12点到达。
注意点6---转义
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ワンワン 转指狗
ニャーニャー
转指猫
コロッケ 油炸丸子
パチンコ
弹子球
ぴかとん 原子弹(俗)しゃぶしゃぶ 涮羊肉
かんかん 吊钟
とんかち 汽锤、液压锤
のんびり屋 慢性子的人しっかり屋
靠得住的人
うっかり屋 马大哈
かちかち
死板,顽固
あっぷあっぷ 窘迫、困难异常
ぴんぴん 活泼、活跃、身体健壮
とんちんかん 前后矛盾
『吾輩は猫である』--例文
• 何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた
事だけは記憶している。
// 只恍惚记得好像在一个阴湿的地方咪咪叫。
• そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く。
//还不时地从一对黑窟窿里咕嘟嘟地喷出烟来。
• どさりと音がして眼から火が出た。
//又咕咚一声,咱家被摔得两眼直冒金花。
• そのうち池の上をさらさらと風が渡って日が暮れかかる
。
//转眼间,寒风呼呼地掠过池面,眼看日落西山。
• ハハハハもうたいてい逆かになっていい時分だと思った
ら。//哈哈哈,我还以为这时候差不多都颠颠倒倒的呢。
『吾輩は猫である』--例文
• この老人が病家を見舞うときには必ずかごに乗って
そろりそろりと参られたそうだ。
//这位老人出诊时一定要坐轿,慢腾腾的。
• 身内の筋肉はむずむずする。
//全身筋肉胀乎乎的。
• 静かなる小春の風が、杉垣の上から出たる梧桐の枝
を軽く誘ってばらばらと二三枚の葉が枯菊の茂みに
落ちた。
//十月静悄悄的风,将从杉树篱笆探出头来的梧桐枝
轻轻摇动,两三片叶儿纷纷飘落在枯菊的花丛上。
• そうして鼻の根を中心にして眼や額や眉を一度にこ
の中心に向ってくしゃくしゃとあつめた。
//将眼睛、前额和眉毛一下子向鼻根乱糟糟地皱去
。
『吾輩は猫である』--例文
• 何でもよいからのある所まであるこうと決心をして
そろりそろりと池を左りに廻り始めた。
//没办法,只要能吃,什么都行,咱家决心到有食物的
地方走走。咱家神不知鬼不晓地绕到池塘的右侧。
• のそのそ椽側から書斎の入口まで来て室内の動静を
偵察に及んだ。
//咱家慢条斯理地从檐廊来到书房门口去侦察室内
的动向。
• 何を考え出したか、ぷうっと頬っぺたを膨らました
。
//不知又是打的什么主意,将两腮鼓得高高的。
• 白と黒が盤から、こぼれ落ちるまでに押し合って、
御互にギューギュー云っている。
//白棋子儿和黑棋子儿密密麻麻,几乎要从棋盘上摔
下去,互相喊叫着:“挤死啦!”、“挤死啦!”
練 習
僕はいつもはいているぼろぼろのジーンズを脱いで、スーツに
着替えた。ひげをそって、顔もつるつるだ。どきどきしながら、僕
はお見合いに行った。
彼女はにこにこしながら、僕にあいさつした。「きれいな人だ」。
僕は彼女を見て、ぼうーっとしてしまった。でも、食事のとき、彼
女は「のどがからからなの」と言いながら、ワインを何杯もごくごく
飲み、「おなかもぺこぺこよ」と言って、大きい口をあけてぱくぱく
食べてばかりいた。食べるものがなくなると、つまらないことを一
人でぺらぺら話し続けた。だんだんぼくはいらいらしてきて、彼女
の顔に水をかけてしまった。彼女はカットして、びしょびしょの顔を
ぼくに向けると、ぼくのほっぺたを思い切りたたいた。お見合いは
もうめちゃくちゃだ。
うちに帰ったときは、くたくただった。でもほっとした。人はやっ
ぱり顔じゃない。そう思いながらぐうぐう寝てしまった。あしたは
101回目のお見合いだ。
ダウンロード

第6讲拟声拟态词