浜離宮
1
江戸幕府の海軍基地
2009-04-19
横浜市歴史博物館
公開用
中世城郭研究会 西村 和夫
大手門桝形
内堀
中門桝形
N
国土画像情報 国土交通省
概要
•
•
•
•
•
将軍の私的な 庭園 だった(接待も).
江戸城 外郭 の機能ももっていた.
幕末に将軍の 大型船乗り場 だった.
幕末に名目上の 海軍基地 になった.
大手門の 桝形 と 櫓台 が現存している。
外郭
千代田区
中央区
N
浜離宮
[百選] 『日本名城百選』
もくじ
 名称の変遷
 機能の変遷
 遺構
 年表
 警備(格式)
 立地
 城郭らしい 現存遺構
桝形,櫓台
 かつての 建物
渡櫓(古写真)
 海軍所
 延遼館
 訪れた外国人
参考文献
名称の変遷
甲府宰相(松平綱重)浜屋敷
 浜御殿 ……………… 一般名詞
 浜離宮 (明治時代)
 浜離宮恩賜庭園 (昭和21年)
◆ 旧浜離宮庭園
(史蹟名称)
機能の変遷
邸宅
 庭園 (兼 江戸城外郭にあった 出城)
 海軍基地 (幕末「幕府海軍 伝習屯所」)
 接待所 (明治時代「延遼館」)
 公園・史跡 (昭和23年 名勝・史跡)
(昭和27年 特別名勝・特別史跡).
遺構
大手門跡
櫓台に
白い石
遺構
やぐらだい
• 大手門 櫓台
ますがた
• 大手門 桝形
• 中門 桝形(かなり破壊)
• 外周の 総石垣
•
•
•
•
将軍上がり場(現状は最末期)
内堀と雁木(籾の運搬用)
潮入の池
鴨場
浜御殿 年表
承応三 1654 松平綱重が将軍家綱から 1.5 万坪の土
地を賜り,海を埋め立てて邸地とする。
寛文四 1664 3 万坪弱が加えられる。
宝永一 1704 綱重の子綱豊(家宣)が将軍綱吉の養
子となり,将軍家の浜御殿と称される。
宝永六 1709 家宣が将軍になる。浜御殿奉行を置く。
享保九 1724 浜御殿 (建物) が大火によって類焼。
嘉永六 1853 沿岸砲 5 門を設置。
慶応二 1866 将軍家茂の棺 が海路帰還。海軍所と称す。
明治一 1868 徳川慶喜が大坂から海路帰還。
明治三 1870 宮内省所管。離宮となる(延遼館 を除く)。
警備 (格式)
浜大手門
[見附] ←参考文献
• 「一万石以下五千石以上 寄合衆 三ヵ年謹仕、
番士三人羽織袴着」
旗本
•
鉄砲五・弓三・長柄十・持筒二・持弓一
•
虎ノ門 と同格
濱御殿奉行
永井伊豆守 → 木村摂津守.
立地
• 元は 江戸前島 先端の浅瀬 [江戸]
• 現在は 汐留 の海岸 (汐留駅から 5 分).
立地
隅田川
中世の 江戸城
日比谷入江
江戸前島
浜離宮
[江戸] 玉井哲雄『江戸 ― 失われた都市空間を読む』
立地
• 外洋から隅田川(大川)への唯一の
大型船航路 に面す.[築港] [湾図]
立地
浜離宮
隅田川
航路 (ここだけ深い)
東京湾
[築港] 東京市役所編纂「東京
築港計画平面図」 『東京市史稿』,
1927(昭和 2 年).
立地
浜離宮
延遼館
航路
[築港] 東京市役所編纂「東京
築港計画平面図」 『東京市史稿』,
1927(昭和 2 年).
立地
台場
お台場
航路
[築港] 東京市役所編纂「東京
築港計画平面図」 『東京市史稿』,
1927(昭和 2 年).
立地
浜離宮
明治 5 年
航路
[湾図] 「明治五年 武蔵国東京海湾図」
『中央区沿革図集』 京橋図書館, 1994.
城郭らしい現存遺構
• 全体の形状が 四角
しかし,付近の埋立地はみな四角 [復元]
• 桝形 2 箇所(「浜 大手門」という呼称)
• 周囲が 水堀.
大手門桝形
水堀
中門桝形
[復元] 『復元江戸情報地図』
安政
4 年頃
築地卸売市場
御舟蔵
御上り段
海手御門
[復元] 『復元江戸情報地図』
城郭らしい現存遺構
• 大手門
宝永四 (1707) 年建設
• 桝形
• 櫓台.
.
.
大
手
門
提供:
東京都東部公
園緑地事務所
大
手
門
桝形
高麗門
櫓門
提供:
東京都東部公
園緑地事務所
櫓台
桝形
内のり 43m × 27m
= 24 間×15 間
江戸城のすべての桝形中で最大
櫓台
奥行き 8m = 4 間.
長さ 33m = 18 間
馬場先門13間,半蔵門16間 [大熊] より長い
わたりやぐら
渡櫓
長さ 9 間.
渡櫓は
当初から狭い
かつての 建物
• 大手門 渡櫓
• 浜御殿 (早期に焼失)
• 茶屋
中島茶屋,海手茶屋,清水茶屋+汐見茶屋
→ 中島茶屋,鷹の茶屋,松の茶屋,燕の茶屋
• 籾倉
• 浜御殿奉行役宅,浜御殿添奉行役宅
• 船見番所,船蔵,船手組屋敷.
建物
焼失した
御殿
籾倉
家斉時代
御上り場
[図解] 深井雅海 『図解・江戸城をよむ』
橋の変遷
• 2 箇所 → 4 箇所(宝永)→ 2 箇所 [府内]
• 元禄時代から 大手門 の位置は不変.
海軍所
• 幕末(慶応2年)に 海軍所 となる.
• 軍艦操練所 が鉄砲州から移転してくる。
(軍艦操練所は,後に海軍兵学校となる。 )
延遼館
• 幕府海軍 伝習屯所 として建設開始
• 日本初の石造洋館 (石室)
• 鹿鳴館が完成するまでの迎賓館.
鹿鳴館
銀座
新橋
浜離宮
延遼館
海軍港
[幕末] 『現状比較 地図と写真で見る幕末明治の江戸城』
訪れた外国人
幕末 (慶応3年) [維新]
• イギリス 特派全権公使(パークス)
• フランス 全権公使(ロッシュ)
• イタリヤ 特派全権公使(ラ・ツール夫妻)
• イギリス の写真家(ベアト)
明治維新後
• 前 アメリカ 大統領 グラント将軍 (明治12)
• オーストリア 皇太子 (明治26)
慶
応
三
年
こ
ろ
[ベアト] 『幕末日本の風景と人びと』
参考文献
現状写真:
国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省.
[百選] 「江戸城」『日本名城百選』小学館, 2008.
[大系] 「江戸城」平井聖ほか編『日本城郭大系』第5巻, 1979.
[見附] 日本城郭協会編『江戸城三十六見附繪圖集成』新人物往来社, 1985.
[江戸] 玉井哲雄『江戸 ― 失われた都市空間を読む』平凡社, 1986.
[築港] 東京市役所編纂「東京築港計画平面図」『東京市史稿』港湾編第五, 1927.
[湾図] 「明治五年 武蔵国東京海湾図」『中央区沿革図集』月島篇, 京橋図書館, 1994.
[大熊] 大熊喜邦『江戸建築叢話』東亜出版, 1947.
[復元] 吉原健一郎, 俵元昭, 中川恵司 編集・制作『復元江戸情報地図』朝日新聞社, 1994.
[図解] 深井雅海『図解・江戸城をよむ』原書房, 1997.
[将庭] 水谷三公『将軍の庭 ― 浜離宮と幕末政治の風景』中公叢書, 2002.
[府内] 幕府普請奉行編「御府内沿革圖書」『江戸城下変遷絵図集』9, 原書房, 1985.
[幕末] 平井聖, 浅野伸子『現状比較 地図と写真で見る幕末明治の江戸城』2003.
[維新] 『維新史料綱要』東京大学出版会, 1966.
[ベアト] 横浜開港資料館編 『F. ベアト写真集 1 ― 幕末日本の風景と人びと』 明石書店, 2006.
謝辞 中央区立 京橋図書館司書の 菅原 健二 氏 と
東京都 東部公園緑地事務所の 根来 千秋 氏 に感謝いたします.
おしまい
ダウンロード

画像入りスライド