シミュレーション論 Ⅱ
第1回
今回の内容

ガイダンス(内容・出席確認・成績評価等)

シミュレーションの応用例の紹介
講義の概要と方針

シミュレーション論Ⅰで学んだ基礎的なシミュレーション手
法をもとに、実際に現実社会の問題をモデル化し、シミュ
レーションを構築するための手順と実施方法、評価手法
などを学ぶ。
また、機械学習法、マルチエージェントシミュレーション、
人工社会モデルなどのシミュレーション研究の例、実証研
究や実験経済学などの実験研究も紹介する。なお、必要
に応じて演習をおこなうことがある。
講義計画
第 1回
第 2回
第 3回
第 4回
第 5回
第 6回
第 7回
第 8回
第 9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
ガイダンス
モデル化の手法
モデルの基礎数理
動的モデルの作成
シミュレーションの構築
シミュレーションの実施
データの分類と数値処理1
データの分類と数値処理2
ランダムウォーク
マルチエージェント・シミュレーション
強化学習
カオスとフラクタル
経済実験とシミュレーション
まとめ
試験
出席調査について



シミュレーション論Ⅰでは「学生証(ICカード)による出席
確認」と「出席カードによる小レポート」を併用します。
講義開始時までに学生証をカードリーダにかざして出席
チェックをおこなってください。
出席カードは講義中に配布します。配布時に不在の場合
には(後で入室しても)仮カードになりますので注意してく
ださい。
成績評価について

出席点・演習レポート・期末試験により総合的に判定します。
履修人数や講義の進捗によって演習(必携パソコンまたは
情報演習室を使用した講義)をおこなうことがあります。
※演習の際は事前に告知します。普段は必携PCは不要です。


遅刻・欠席が多い場合には単位認定ができませんので、講
義にはきちんと出席するようにしてください。
シミュレーションの応用

経営モデルのシミュレーション
– 損益分岐点のシミュレーション
– 線形計画法、整数計画法
– 在庫管理シミュレーション

経済モデルのシミュレーション
– 市場メカニズム
– 産業連関論・投入産出分析
– 計量経済学(計量モデルの推定)

社会モデルのシミュレーション
– 人工社会,マルチエージェントシミュレーション
線形計画法


制約条件と目的関数がともに線形(一次式)であらわされる最適化問
題
例)定められた予算・数量の中で利益が最大になるような生産量を決
定する
在庫管理のシミュレーション例

大型書店での書籍発注と在庫の管理
 販売量:1日平均100冊、標準偏差30冊の正規分布
 発注量:10日ごとに1000冊
結果を分析して発注の時期や量を決める
1400
1200
1000
800
600
出庫量
在庫量
400
発注量
200
-200
-400
40
38
36
34
32
30
28
26
24
22
20
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
0

計量モデル


経済理論や過去のデータなどを用いてモデルを作り、将来どうなるか
を予測する。
例:ある国のGDPの伸び率をシミュレーションする
シミュレーションの応用例:ランダムウォーク

物体(人・粒子など)の移動する方向(および距離)が確率
的に与えられており、時間とともにその動きを追うような問
題
ブラウン運動のシミュレーション
(Wikipediaより引用)
ランダムウォークにより生成された株価チャート
社会モデルのシミュレーション



数値的な予測ではなく、「なぜそうなるのか」「こういう場合はどうなる
のか」といった、システムの振る舞いや性質を対象とする
→新たなモデル化や理論の発展を目指す
人間の行動分析シミュレーション、人工社会シミュレーションなど
例:人工社会シミュレーション
応用例:簡単な交通シミュレーション(1)

簡単な交通シミュレーションの例
–
–
–
–
–
–
–
一直線の道路を車が等間隔で走っている
車は通常1秒間に3マス進む
車は車間距離が2マス以下だと減速する
道路の途中で花火が上がっており、その横を通るとき車は減速する
車は減速すると1秒間に1マス進む
車はいったん減速すると最低2秒間はその速度のままである
減速してから2秒以上経過し、車間距離が3マス以上開いていれば通
常の速度に戻ることができる
応用例:簡単な交通シミュレーション(2)
車は花火が見えたとき および 車間距離が短いときに減速する
第1回のレポート

シミュレーション論Ⅰで学んだ内容などを参考にして、こ
れからやってみたいシミュレーションの内容を自由に記述
してください
ダウンロード

PPTファイル