情報技術演習Ⅰ
人文学研究のための情報技術入門
2015/04/16
担当:林晋
TA: 橋本雄太
最初にお詫び
• 昨日朝起きたら、咽喉が腫れあがり、殆ど声
を出せない状況になっていました。
• 薬を処方してもらい改善していますが、それ
でもまともに声がでません。
• そのため説明ができませんが、説明を聞かな
くても、この資料を読めば十分わかるはずで
すので、各自演習を進めてください。
• 質問への回答も今回は橋本君が行います。
今回のテーマ:電子メディアになれる
• まずは人文学に役立つ「電子メディア」になれる.
• 電子メディア:電子アーカイブ,電子ライブラリ,電子
ジャーナル,電子ブック,...
– 同じことだが,デジタル・アーカイブ,デジタル・ライブラリ,デジ
タル・ジャーナル,デジタル・ブック,...
• これらは何だろう?
• 実際に使って,これらの「デジタル・メディア」を理解する.
• まずは,アーカイブ,ライブラリ(ライブラリー)から始め
よう.
困ったときは,まず Google+ Wikipedia
• 素人が編集するWikipedia にだけ頼って調べ物をするのは危険.
– 編集しているのが,皆が皆,素人ではないにしても.
• 例えば林も自分の専門分野の項目を編集している: 論理学史,日本思想史
• しかし,「まず Wikipedia」という調べ方は正解.
• 実は専門家が書く,辞書・辞典・教科書・参考書・書籍にも間違い
が Wikipedia に負けない位,沢山ある.(そういう調査がある.)
• 何事も簡単には信じず,できるだけ多数の情報源に当たって,あ
れこれ調べる.間違いを防ぐにはそれしかない.
• そして,そうやっても「間違い」は決して100%は防げない.また,そ
もそも「間違い」とは何なのか?絶対的な「正解」などあるのか?そ
ういう問いかけも重要.
語源から
1.
2.
3.
4.
•
アーカイブ:日本語では「公文書館」と訳すのが正式.しかし,この訳は
“archive” の意味と離れ過ぎている.そのため片仮名で『アーカイブ』と
書くことも多い.http://en.wikipedia.org/wiki/archive
ライブラリ:図書館
そして,(今は関係ないが)ミュージアムの三つが組になっている.
Archive は一つしかない文書のオリジナルを,library は同じ文書のコ
ピーが多数ある書籍を,museum は文書ではなく「物」を,それぞれ集
めて保管する場所.
しかし,archive と library は明確に区別するのは難しいし,特に,電子
的メディアの場合,伝統的な意味での使い分けは,あまりなされず,ラ
イブリー的なものもアーカイブという傾向がある.
電子アーカイブの実例
• 下のリストは電子アーカイブの実例集です:
1.
2.
3.
4.
http://www.digital.archives.go.jp/ 国立公文書館
http://www.jacar.go.jp/ 国立公文書館アジ歴
現代政治史研究必須のサイト
http://www.afc.ryukoku.ac.jp/Komon/kurosawa/index.html
黒沢明アーカイブ、以前非常勤講師だった岡田至弘先生作成
http://www.kyoto-gakuha.info
林と藤田正勝先生(現思修館教授)作成
• 課題:全部閲覧して「アーカイブ」の感じをつかんで
ください.
–
参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/デジタルアーカイブ
電子ライブラリ,電子ジャーナル,
電子ブック, 電子レポジトリ, Google Books (1)
• http://www.ndl.go.jp/ 日本最大の図書館.国会図書館(NDL)
• http://kindai.ndl.go.jp/ そのNDLの中でも特に有名な電子ライブラリ
• http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/search/index.php?content_id=1
京大図書館のサイトだが,中には「アーカイブ」も多い.
– 例えば,KURENAI(京都大学学術情報リポジトリ) 説明では,「京都大学の教育・研究
成果(学術雑誌、論文、報告書)を発信する京大論文アーカイブ.
•
上のページから,京大内から閲覧できる数多くの「電子ジャーナル」「電子ブック」
へのリンクがある.実際に使ってみよう.これは大学内でないと使えない.(京大
が契約をして料金を支払っている.)色々読んでみよう.(登録が必要な場合もあ
るので注意.)
–
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/2009gakusei-sien/researchinfo/ 文学部の「学生支援プロジェクト」に
も電子ジャーナルの説明がある.
電子ライブラリ,電子ジャーナル,
電子ブック, 電子レポジトリ, Google Books (2)
•
•
http://gdz.sub.uni-goettingen.de/gdz/ 独ゲッチンゲン大学のデジタル化センター
のページ.書籍,雑誌の電子画像が主だが,手紙などの画像もある.
最も大規模で最も有名なのが,Google Books .
– アクセスの仕方:Google にアクセスし,左上の「その他」というメニューから「書籍」を選
ぶ.(英語だと more -> Books)
– The Life and Strange Surprising Adventures of Robinson Crusoe
•
電子ブック: Kindle など
•
課題(提出不要):これら2ページのリンクも全部閲覧して感
じをつかんでください.
電子ライブラリーのデジタル画像の作り方1
•
•
マイクロフィルから作る.例: NDL近代デジタルライブラリー
Book scanner, ScanRobot というもので撮影する.YouTube でこれらのキーワードで探してみ
ると・・・
– ScanRobt (Treventus, 独)
•
•
http://www.youtube.com/watch?v=6ZI2IlTvXms
http://www.youtube.com/watch?v=8jw5FOjx37k&NR=1&feature=endscreen
– Kirtas APT 2400 Book Scanner (Kirtas, 米)
•
http://www.youtube.com/watch?v=WPiguz3yuKQ
•
手動もある.
– http://www.youtube.com/watch?v=BfVyfRARuts
– http://blogoscoped.com/archive/2006-06-28-n66.html 手動でやって指が写ったケー
ス (Google Book Search )
•
•
Google 以外では、カメラあるいはスキャナが2台(ページに1台)使われている.
これらのものは大変高価. Kirtas の scanner は数千万円.手動のものでも,数十万円以上する.お金の
無い歴史家はどうするか?第一,こんな重いものは持ち歩けない!→ デジカメ
–
あるいは,ドキュメントスキャナー ScanSnap SV600 .
電子ライブラリーのデジタル画像の作り方2
• 今まで説明した意味でのライブラリーではないが,個人で自分専用の電
子ライブラーをつくことを「自炊」という.
• http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%82%8A_(%E9%9B%BB%E5
%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D) Wikipedia自炊 (電子書籍)
• 自炊代行業というものもある.
– http://jisuiranking.web.fc2.com/
• 日本での最大の問題は法律問題と文書などの作品の「公共性」に関する
思想が薄い日本社会の意識の問題.
–
–
–
–
図書館さえ攻撃する日本の文筆家たち.
その様にしか生きられない,生き方を知らない,という問題が大きい?
年寄りが多いらしいので…
社会を変えたくない人たちが沢山いる社会ではイノベーションは起こりにくい.
課題(提出要)
•
課題1
– 提出期限:04月16日(本日)18:00
– 提出方法:[email protected].
• 件名(subject)は必ず,“情報技術演習 課題1”にする.
• 氏名、学籍番号、所属をメールの本文の冒頭、および解答中に明記してください。(メール本
文に解答を書く場合は一つでよい。)
– 問題:アーカイブ(公文書館)とライブラリー(図書館)の最大の違いはなにか?なるべく
簡潔に述べよ.
•
•
「電子」がついていない「アーカイブ」と「ライブラリー」のこと.電子アーカイブ,電子ライブラリーについての質
問ではないので注意!
課題2
– 提出期限:04月20日(月)18:00
– 提出方法:[email protected].
• 件名(subject)は必ず,“情報技術演習 課題2”にする.氏名等については、課題1と同じ。
– 問題:先に「実は専門家が書く,辞書・辞典・教科書・参考書・書籍にも間違いが
Wikipedia に負けない位,沢山ある.(そういう調査がある.)」と書いた.この「調査」に
ついて,調査して簡潔に報告せよ.
ダウンロード

2015.04.16