大阪大学法学部・法学研
究科の情報教育改革
大阪大学
法学研究科
田中規久雄
改定のモメント


日本初の非アカデミック・プロフェッショナルス
クール(法科大学院、卒業すれば専門職「博
士」号)の誕生(情報教育は不要→それはパ
ラリーガル(法律事務員)の仕事。)旧法学部
→新・法科大学院+小・総合政策学部+小・
旧法学部の3機能に分化。
学部教育:法科大学院との役割分担→情報
教育の重要性の向上。
学部旧カリキュラム
以下すべて自由選択科目であることに留意
・法学部1年生
一般教育:
基礎セミナー(情報社会の諸問題)
情報社会の法と倫理
専門教育:
法情報学1(マテリアルを法学教材にした一般リテラシー
教育)
法情報学2(法律事務処理のための情報処理、4大学によ
る遠隔協調講義)
・法学部上級生
情報社会法(個人情報法、知財法、不正アクセス法、電子商
取引法など)
大学院旧カリキュラム
博士前期課程
・法政情報処理:マテリアルを法学政治学専攻
の大学院生レベルにしたリテラシー教育
博士後期課程
・法情報学特殊講義:博士号授与のためのレベ
ル(法律AI、法律表現、法律プログラミング、
エキスパートシステム、ODRシステムなど)
学部新カリキュラム
・法学部1年生
一般教育:情報活用基礎(法学政治学を意識しないまったく
の一般教育としてのリテラシー教育)、コンピュータの仕組み、
情報科学入門、情報社会と倫理、計算機シミュレーション入
門、情報探索入門、基礎セミナー(情報社会の諸問題)
専門教育:
法政情報処理:オフィス系ソフトによる法律事務処理
・法学部2年生
法情報学:旧・法情報学2
・法学部3,4年生
法政計量論I/II(法学政治学研究のための社会科学計量
理論、選択理論、ゲーム理論、カオス理論、複雑系など)
情報法(旧・情報社会法と類似)
大学院新カリキュラム
博士前期課程
法政情報処理:旧と同
博士後期課程
法政情報学(旧法情報学+法政計量分析研
究)
特徴
・法学政治学系では「知識工学系」以外に、情
報学の中に「数理理論系」、「統計・計量系」も
含まないと専門教育にならない。
・旧来は情報教育に価値なし(目が利けばい
い。) →法科大学院による変質。
・情報倫理より、情報法学の重視(まあ、法学部
ですから(~_~;)。
ダウンロード

プレゼン資料